ブログトップ | ログイン

 (勝手に)恒例、簡単うちの晩御飯レシピ集。
 さて、今週の夕飯メニューは?

 
■やきうどん
 焼きうどんセット(うどんと味付けのパックが付いているやつ)で簡単料理。
 豚肉を軽く生姜焼きにして、ニンジン、シイタケ、長ネギ、白菜と一緒にいため、酒、和風だし、塩などで軽く味付け。最後にうどんと添付の味付けを追加。
 唯一の誤算は、しょうゆ味だと思っていた添付の味付けが、ソースだったこと。
 味がちぐはぐになり、微妙な感じで失敗。
 紅生姜、花かつお、青海苔とマヨネーズをかけて食べました。
 
■牛タン
 仙台にある妻の実家から、冷凍の牛タンをいただきました。
 ホットプレートで軽く焼いて、レモン汁とゆずコショウでアツアツのご飯に乗せて。赤だしのなめこ汁も。
 
■トン汁
 材料をひたすら切って、煮込むだけ。まず、肉と根菜類をごま油で炒め、豚肉、大根、ニンジン、里芋、ゴボウ、長ネギ、コンニャク、豆腐の材料全部を煮る。仕上げは、埼玉のうちの実家から送られてきた自家製味噌で味付け。
 白菜の浅漬け、炊きたてご飯と一緒に。
 
■トン汁うどん
 前日のトン汁に、うどんを入れただけ。
 完全無敵の手抜きメニュー!
 
■焼き魚とおひたし
 鮭焼いて、ごはんとみそ汁。日本人っていいなぁ。
 今日もダシからしっかり。ほうれん草も茹でた後、醤油・酒・塩で味付けしただし汁につけました。本格正当まいったかのおひたし。

 今週は、実家から送ってもらった食材を使った料理が多かったです。
 親に感謝、感謝。
 うちの実家から送ってきた自家製味噌、とてもおいしかったんだけど昨日で全部使い切っちゃったんだよねぇ……と、ここでさりげなくまた欲しいことをアピール。
 あ、でもうちの両親はこのブログ読んでない気がする。
 だめじゃん。

# by t0maki | 2005-03-12 12:28 | Comments(0)

 なんだか、急に仕事が忙しくなってきた。前から予定していた愛知万博がらみのキャンペーンサイトは公開日が迫っているのに原稿が届かず、結局いつも通りギリギリ土壇場の突貫工事一直線みたいな感じになりそうだし、なぜか寝耳に水の食品プロダクトプロモーションサイトの話がどこからか舞い込んできて、明日から三日で制作の全工程をこなさなければならないかも。高級外国車のモバイルサイトの更新は明日朝一でこなすとして、全部をこなすにはどうしたって時間が足りない。どうせその合間合間に、「あ、これ。今日中にやっといて」みたいな作業が入ってくるのは目に見えてるし。
 
 忙しいのは別に構わないが、報われない仕事が多すぎる。
 
 と、ここまでは仕事の愚痴。
 ここから、日曜アーティストの創作日誌。
 
 会社帰りに本屋に寄ったら、うちのモバイルサイト情報を載せてくれている掲載紙が3誌あった。その中で、インフォレストさんの「iモードSUPER待ち画BOOK」と、ぶんか社さんの「ケータイ無料待ち画カタログ」を購入。雑誌に載るのは良いんだけど、掲載紙を自分で購入しなければならないのは、なんだかなぁ。
 
 超短編小説のコンテスト応募作品は、ようやく何作品か形になってきた。もう少し推敲を重ねれば、応募できると思う。
 
 ビタミンケータイに待画作品3点投稿
 待受王国に待画作品2点投稿

 とりあえず、今日はそんな感じ。

# by t0maki | 2005-03-11 00:26 | アート>待受画像 | Comments(0)
人気blogランキング
 今日は、ブログのランキングに登録してみました。
 「人気blogランキング」っていうとこで、さっき自分で試しにクリックしたら、10pが加算されて、デザイン・アート部門で330位に。この数字が良いのか悪いのか、さっぱり分かりませんが……。
 ついでに、無料のアクセス解析も試しにつけてみました。「shinobi.jp」ってバナー、左のサイドバー、カレンダーの下あたりに設置してみたんですけど、気づきました?
 
 なんとなく、アクセス解析のバナーだけつけるとそこだけ浮いてしまうので、同じサイズで何個かバナーを作って、並べて表示させてみました。
 
 ランキングも、アクセス解析も、当面はあまり活用する予定もないのですが、とりあえずブログの縁起物ということで。

# by t0maki | 2005-03-10 23:29 | Comments(0)

 「RSS」とは、「Rich Site SummaryまたはRDF Site Summary」の略で、サイトの見出しや要約などのメタデータを構造化し、XMLという形式で記述するフォーマットである。

—これだけ読んでも、なんだかさっぱり分かんね。
 
 RSSリーダーを使うとサイトにアクセスすることなく更新情報やサマリーが閲覧できるので、ニュースサイトやブログでも更新情報をRSSで公開するところが増えています。
 
—ますます、よく分からん。

 現在、RSSの仕様は大きく「0.9-2.0系列」(Really Simple Syndication)と「1.0系列」(Rich Site Summary)の2系統に分かれていて、更新情報をまとめるためのアンテナソフトやティッカーソフトなどが開発されています。
 
—ウキー!なんのこっちゃ!
 
 と、サルに変身したところで、百聞は一見にしかず。実際に使ってみた。
 
 RSSリーダーは何種類か見つかったが、とりあえず「無料」という言葉に導かれるままに「glucose」に決定。glucoseのサイトからダウンロードしてインストール。
 で、「RSSを登録」しなければならないらしい。
 なんのこと?
 
 自分のブログに「XML」というリンクがあったので、とりあえずそのURLを設定してみた。
 http://tomaki.exblog.jp/index.xml
 
 おー。成功だ。
 チャンネルに自分のサイト情報が入ってる。カテゴリーごとに記事が分類されてるし。いいねぇ、これ。
 
 いや、なるほど、なるほど。
 いろんなサイトの要約を一覧で見られるわけか。
 まぎらわしいナビゲーションもなく、さすがに見やすい。
 ここにいろんなブログを登録すれば、わざわざサイトに行かなくてもここで記事のリストが確認でき、見たい記事にひとっ飛び。
 
 活用してみる価値は、ありそうです。

# by t0maki | 2005-03-10 01:18 | Comments(0)
 「コンテストに応募するぞ」みたいな目的があると、とりあえず背筋がピンとするような、なんとなくいつもは怠りがちな「推敲」なんかも必要以上に入念にしてみたり、作品制作に気合が入ります。
 
 というわけで、今回は小説を中心に、超短編・ケータイ小説系のコンテスト情報をまとめてみました。
 
 これから自分も、いくつか応募してみる予定。
 
 
「きらら」携帯メール小説大賞
http://quilala.jp/mail.html
500~1000字。毎月20日締め切り。ケータイメールで応募。
m@quilala.jp

一行小説応募
http://www.bookin.jp/only.html
お題に従い、一行で小説を書く。応募はオンラインフォームから随時。

講談社『小説現代』 ショートショート・コンテスト
http://www.kodansha.co.jp/
原稿用紙7枚以内。一人一編、郵送毎月末締め切り。

第3回あさよむ携帯文学賞
http://www.asayomu.com/pc/prize/index.html
携帯で読む短編小説。20,000字(原稿用紙50枚)以内。テーマは「結婚」「島」「携帯電話」。メール(.txt添付)または郵送で、3月31日(木)当日消印有効。

第22回 小さな童話大賞
http://www.itoyokado.iyg.co.jp/pickup/041024_01.html
イトーヨーカドー主催の「小さな童話」コンテスト。原稿用紙10枚以内。3月31日(木)必着。

恐怖小説募集
http://www.4zigen.co.jp/pokemysg/boshu/kyousho.htm
約1500字以上のオリジナル恐怖小説。メール添付(.doc, .txt)または、メール本文(ケータイも可)にて応募。メール本文に、名前・小説タイトル・連絡先メールアドレスを記載。

第4回ネット短編コンテスト
http://www.l-gulliver.com/netcontest.html
原稿用紙20~50枚。メールで応募。2005年3月31日必着
第5回ほっとする文大賞(6月30日締切)も

第5回文芸社フェニックス大賞
http://www.bungeisha.co.jp/contest/phoenix/
各種公募に落選した作品で「敗者復活」コンテスト
原稿用紙50~500枚。

第18回・『超短編』コンテスト
http://www.soeisya.co.jp/
ハードカバー「400字小説」
http://www.soeisya.co.jp/contest/mobile.html
400字以内の短編小説。メールで応募。審査を通過すると、4000円の手数料を支払う。3月31日締め切り。
ハードカバー「超短編」小説
http://www.soeisya.co.jp/contest/micro.html
400字詰め原稿用紙換算で2枚以内。2005年4月10日当日消印有効。メールでの応募も可。入賞者は、単行本発行のための掲載費用を支払う。

第4回 「恋愛文学」コンテスト
http://www.pub.co.jp/
2005年5月10日当日消印有効。400字詰め原稿用紙5~50枚以内。優秀作品は作品集に収録(有料)。郵送、またはウェブから応募。

「短・中編文学大賞」コンテスト
http://www.aichi-shuppan.com/
毎月5日当日消印有効。短編5~40枚。優秀作品は単行本化(有償)。郵送、またはオンラインフォームから応募。他にも多数コンテスト開催。


 コンテストの情報をリサーチしてみて、なんとなく気になったことがあります。
 「優秀作品は書籍化して出版します」っていうのがあって、それは良いんですけど、その際「掲載料を支払っていただきます」っていうのはどういうこと?原稿料が出るのではなく、作品を書籍化する際の費用を応募者が負担するって……。自費出版?
 受賞するとお金がかかるのは、嫌だなぁ。

 さて、これから作品を執筆したり、昔の書きかけを引っ張り出してみたりして、できるだけたくさん応募する予定。

# by t0maki | 2005-03-09 15:40 | アート>もの書き | Comments(0)


  最近の創作活動のサマリー。というか、覚え書き。

■待画制作
待受フリマ
ダウンロード数:92回
売り上げ:416円(支払いは1,000円から)

画楽
ダウンロード数:14,973回(791人中5位)
ランク「匠」
コミュニティーフォーラム「ガラオハウス」登録

ビタミンケータイ」「待受王国」参加中

 
■モバイル待画サイト制作・運営
公開準備中:「miniArt」「Retro Industrial」「Lomorealism and beyond」
制作中:「SH901iC(仮)」「和風待画(仮)」
昭和待画」に作品追加
検索サイト「待画検索@TOMAKI」、ウェブリング「待受リング」管理・運営

 
■メールマガジン配信
マイクロ小説(パソコン版)
http://tomaki.info/micro/
http://www.mag2.com/m/0000120123.htm
配信予約:3月11日(第84号)、3月18日(第85号)
第86号配信予約待ち

マイクロ小説(ケータイ専用)
http://tmk.jp/micro/
http://merumo.ne.jp/i/00194241.html
配信予約:3月24日まで

待画倶楽部(ケータイ対応)
http://machigaclub.com
http://merumo.ne.jp/i/00135489.html
不定期配信

ヒビオモウコト
http://www.tomaki.info/mag/
http://www.mag2.com/m/0000102098.htm
不定期配信

 
■写真
LOMOGRAPH.netに新規コンテンツ「Symmetrical LOMOgraphy」追加

フォトログ更新
Lomorealism+
都内・近郊都市のシンメトリー写真アップ中(一日最大6点まで)

QVGA作品、シンメトリー作品制作中
LOMO LC-Aで写真撮影(西葛西、恵比寿)

■陶芸彫刻
「顔」の作品を素焼き
「用途に合わせた食器」制作構想中

■ブログ
ブログに関するリサーチ、用語や機能の習得
無料ブログサービス内容比較
TOMAKI.infoLOMOGRAPH.netにバナー追加
ブログを使った新企画準備中

■コンテスト応募
パナソニック P901iCカスタムジャケットデザインコンテスト応募
講談社「ショートショート・コンテスト」応募



  結局、昨日寝たのは3時過ぎ。
  それでもまるで時間が足りない。

# by t0maki | 2005-03-08 00:33 | Comments(0)

 料理好きの人はたいてい「得意料理」を持っていて、それがある人はハンバーグだったり、つみれ鍋だったり、おっきりこみうどんだったり、まぁそれは百者百様あると思いますが、僕は断然麻婆豆腐だったりします。
 材料を適当に鍋に入れてかき混ぜればできあがりの超簡単料理。しかも、かなり適当に作ってもそこそこ美味しく仕上がる。何よりも、スパイシーでご飯に良く合うので、うちの夕飯レパートリーの中で、僕の奥さんにも好評なイチオシ定番メニューです。
 
 というわけで、惜しげもなく秘伝のレシピ大公開。
 
 まず、ショウガ、ニンニク、長ネギをみじん切りにし、鷹の爪とともに油を引いたフライパンに入れる。味と香りが油に行き渡ったところで、挽肉を投入。火が通ったら、タマネギのみじん切りを加え、良く炒める。さらに椎茸のみじん切りを加え、豆板醤、みそ、醤油、砂糖、塩、ウェイパー(中華スープのモト)で味付け。
 豆腐と水を加えて一煮立ちさせ、最後に水で溶いた片栗粉を加えてとろみがついたら完成。
 食べる時に花山椒を加えると、しびれるような辛さが加わり、さらに美味。
 
 今回も、分量は超テキトー。
 
 お試しあれ。

# by t0maki | 2005-03-07 02:49 | Comments(0)

 筆者は以前、パソコンインストラクターをしながら、ローカルプロバイダーのカスタマーサポートをしていたことがあります。
 だから、というわけではないかもしれませんが、PINGと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、サーバーの反応を調べるときに使う、パケットを使ったネットワークの通信テスト・プログラムのこと。
 その次に、PINGは潜水艦が水中で発する深針音(ピコーンみたいな)が由来なんだよー、みたいなトリビアを頭の横っちょで思い出してオシマイみたいな感じでしたが、最近はPINGといえばブログの「PING送信」を指すのが一般的のようです。
 
 PINGには二種類あって、一つはトラックバック・ピング。これは、他人のブログの記事を引用・参照する時に、「あなたの記事を参照していますよー」という感じで連絡する通知機能のこと。これについては、前記のトラックバックの記事を参照してください。
 
 で、もう一つは「PING送信(アップデート・ピングとも)」と言って、こちらはブログサイトや専用の検索エンジンなどにブログの更新通知をするための機能です。ピングを受け付けているブログポータルサイトに行ってみましたけど、すごいですね。更新リストに表示されるのは、PING送信からほんの数分程度。すごい勢いで記事が入れ替わってます。
 
 基本的に、利用方法は似ていますが、トラックバックが特定の記事に向けてなのに対し、PING送信が不特定多数の人にブログ更新情報を送っているという違いだけ頭に入れておけば完璧。
 
 ちなみに、ピンポンの「ピン」も、「PING」です。
 へー、へー。

# by t0maki | 2005-03-06 22:51 | Comments(0)

 初心者のための初心者によるブログ用語集。
 今回は「トラックバック」について。

 トラックバックとは、ブログの代表的な機能の一つで、別のブログの記事を引用・参照する時に使います。ちなみに、2chな人は「虎場」と言うらしい。
 で、この虎場は(ここでさりげなく使ってみたりする)、基本的にはウェブページのリンクと同様に、異なる二つのページをリンクするために用いるが、大きく異なる点があります。
 それは、通常のリンクが自サイトに設置することで他人のページにつなげることを目的としているが、トラックバックはその逆で、記事を参照している相手のブログに自分のブログへのリンクを表示させることができるということ。
 記事執筆時に参照したい記事のトラックバックURLを設定すると、投稿時に相手のブログに通知(トラックバック・ピング)し、リンク元記事のURLやタイトル、記事の要約などが表示されます。
 
 理屈では分かってても、やっぱり実際にトラックバックする時は微妙に緊張しますよね。「他のブログ管理人さんが読んでくれるかも」と思うと、なんとなく文章が硬くなっちゃったり。
 
 とは言っても、僕はまだあんまりこの機能を使いこなせていません。ま、そのうちに、ぼちぼちと、ね。

# by t0maki | 2005-03-06 22:26 | Comments(0)



 東京の都心に、珍しく雪が積もった。
 なんとなく嬉しくなって、ちょっと早起きして出勤前に会社の周りをあちこち歩きながら、LOMOで写真を撮った。
 おかげで靴下までびしょ濡れ。
 
 昨日の夜は、しめ鯖ちらし寿司を作りました。
 簡単でおいしいので、うちの定番メニューです。
 作り方を紹介。
 
 すし飯に、細かく切ったしめ鯖、ガリ、青じそとゴマを混ぜるだけ。最後に刻み海苔をたっぷりと。
 青じその風味とガリの甘みがしめ鯖とよくマッチし、もう、最高。
 ぜひぜひオススメしたい一品です。
 
 その後、また写真を整理しつつ、シンメトリーの作品を大量に追加。
 だんだん増えてきたなぁ。なんでもない普通の写真でも、こうして左右対称にするとなんとなくイイ感じに見えるのは、やっぱり人間の美的センスの中にシンメトリーを好む要素があるからなのかなぁ。どうなんでしょう?
 
 今朝、キリンの夢を見た。
 なんとなく、新しい事を始められそうな予感。

# by t0maki | 2005-03-05 01:01 | アート>写真 | Comments(0)

   
Back to Top