ブログトップ | ログイン
c0060143_10160922.jpg
六本木のフジフイルムスクエアによく立ち寄る。会社から歩いて行ける距離なので。ここは、いつも面白そうな写真展をやってる。この日は、外国人の写真家さんが撮影した「相撲」をテーマにした写真展。

c0060143_10161114.jpg

c0060143_10161345.jpg
相撲を職業にするのって、なんかすごいよなと思う。力自慢がそのまま職業になっちゃうんだよ。力と技のぶつかり合い。それをとことんまで追求していくと?

c0060143_10161625.jpg
版画作品と版木も飾られてた。
この、縄模様ってどうやってつけたのか、かなり不思議だったんだけど。
c0060143_10161856.jpg
版木を見たらガーゼみたいなものが直接貼られてて、それによって紙に模様がつくっていう仕組みだった。
c0060143_10165127.jpg
タネが分かると「なんだ、そういうことか」って思うけど、こんな手法を思いついて実現させるのはすごいなと思う。


# by t0maki | 2018-06-10 12:25 | Comments(0)
c0060143_10280087.jpg
人生について考える時に、「もしもあの時……」っていう問いは意味のない愚問なのかもしれないけど、それでも時々僕は20年前のあの頃のことを時々思い出す。

大学のあったネバダ州リノを飛び出し、アメリカの西海岸を放浪してた頃のこと。職探しの旅って言えば聞こえが良いけど、とにかくとりあえず仕事を求めてさまよい続ける半ホームレス生活。「なんとかしなきゃ」と焦るけど、世界は自分だけを置いてけぼりにして回ってる、みたいな。少なくなってくる所持金と睨めっこしながら、小さな奇跡を祈る日々。

あれから20年、人生って奇跡の連続なんだなと思えるようになった。


# by t0maki | 2018-06-10 12:17 | 乱文・雑文 | Comments(0)
c0060143_10554445.jpg
1998年6月、今からちょうど20年前、僕はロサンゼルスにいた。職探しの旅。コネもツテもアテもなく、とりあえず飛び込んでみた感じ。所持金が無くなっていくとともに、自信や興奮が不安と怖れに変わっていく。あのなんとも言えない、銀紙をギューっと奥歯でかみしめるような、そんな感じで毎日を過ごしてた頃。

c0060143_10554680.jpg
ロスの有閑マダムに絵を教える仕事の面接はあっけなく落とされたけど、その代わりにダウンタウンの宝石デザイン会社の広告部門で働く仕事を紹介してもらった。そっからは、とんとん拍子で話が進み、1年間そこで宝石アクセサリーの写真を撮り続けるのが僕の仕事になった。

今回出張でフロリダへ行く途中、乗り継ぎでロサンゼルスへ。次のフライトまで時間があったので、さっきダウンタウンを歩き回ってきたとこ。今、LAXの空港でこれを書きつつ、あの時からちょうどきっかり20年後にここに来れたのも、何か意味のあることなのだろうな、とか。

c0060143_10554830.jpg
ユニオンステーションから当時泊まってたリトルトーキョーの安ホテルを訪れ、そこから当時の勤務先にも行ってみた。なんだろね、この感じ。単に懐かしいともちょっと違うような。感謝しつつ石を投げつけたくなるような。変な気持ち。



# by t0maki | 2018-06-10 10:55 | Comments(0)
c0060143_09300170.jpg
そもそも、ラクサって何?って状態だったんだけど、シンガポールでラクサにハマった。この、魚介スープの麺類。辛さとマイルドさがあって、独特のスープベースもアジアっぽくてとても美味しい。一度食べるとクセになる。

c0060143_11565609.jpg
シンガポールのユニバーサルスタジオでも、フードコートで食べました。ローカルフードですね。

c0060143_11565796.jpg
お店によって、具材や麺が違うのも魅力。日本のラーメンみたい。

c0060143_22114207.jpg
というわけで、このラクサのカップ麺もお土産に買って帰ってきました。日本でも、カップヌードルは「シンガポールラクサ風」のカップ麺を販売してるので、今度食べ比べしてみる。

c0060143_22141568.jpg
自分でつくってみるなら、この固形スープも簡単便利。お湯を沸かしてスープの素を入れ、具材を煮て、ココナッツミルク(もしくは豆乳など)を入れると、自宅で簡単にラクサが作れるという。

c0060143_22142170.jpg
というわけで、僕がつくったラクサ。麺がマロニーだったり、絹ごし揚げ豆腐が入ってたりで、オリジナル。味は文句なく美味いですよ。

またつくろう。


# by t0maki | 2018-06-08 19:00 | Comments(0)
c0060143_23030015.jpg
なんかまた、カオスなところに突入して行きそうな感じで、周りがなんとなくわさわさしてきたのを感じつつ、明後日から一週間の海外出張。アメリカでイベント取材。

いろんなことが同時多発的に身の回りで連鎖反応を起こしてる感じでなにやら花火の真ん中にいる感じもして楽しくもある。いろいろハチャメチャにならないくらいには、しっかりコントロールしていきたい。とりあえず今夜は、しっかり睡眠を取っとかないと。相変わらず、帰りが遅いけど。

そろそろ家に着く。ブログタイムはこのへんで。また。


# by t0maki | 2018-06-07 23:02 | Comments(0)
c0060143_22454061.jpg
20年まではいってない。
けど、10年は余裕で超えてる。

そんな長い付き合いの人たちと、恵比寿で飲み会。当時のボスと、昔の同僚と。年を重ねて来たけど、中身は意外と変わってなくて、なんとも懐かしい。

c0060143_22454253.jpg

これから10年後、20年後は、僕ら何をしてるのかな、とか。

健康で、元気にそれぞれの道を進むことができれば、幸せだろうね。

で、また時々昔を振り返ってみるもの悪くないよな、とか。


# by t0maki | 2018-06-07 22:43 | Comments(0)
c0060143_22281722.jpg

ヘイトフルエイトを観たんだけど、これぞタランティーノ監督って感じでしたね。オープニングのフォントからして「おー、きたきた!」って感じで。人物の描写の仕方とか、ストーリーの組み立て方とか。良い感じ。しかも、フイルムで撮ってるんですね、これ。いやはや。

タランティーノ監督の作品を観るなら、まず最初に『パルプフィクション』あたりから見始めるのが良いと思います。『フォールームス』とか短編を挟みつつ、『レザボアドッグス』からの、『キル・ビル』とかね。

で、おもむろに前作の『ジャンゴ』を観て、それを忘れた頃に本作を観るのが正しいお作法かと。

いきなり強い酒を飲むと変な風に酔っ払うから、まずはそんな流れでジワジワと監督の世界観を理解してから、『ヘイトフルエイト』にたどり着くのが良い流れだと思いますね。いきなり観ると、「ん?」ってなっちゃう人もいそう。

そんな映画です。僕は、好きでしたよ。





# by t0maki | 2018-06-07 22:28 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_22221438.jpg
図書館で借りて、読み始めたとこ。

なんだか、教科書みたいな本だなー、と思ったら、タイトルにちゃんと「教科書」って書いてあった。なるほど。

自分がこれまでに関わったプロジェクトとかに当てはめながら読んでみると、なかなか面白い。

正解はひとつじゃないんだな、と。いろんな状況や要素に応じて答えが変わる。


# by t0maki | 2018-06-07 22:22 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_10405235.jpg
夢の中。アジアのどこかの国を旅してる。

店先に並べられたカゴがとてもフォトジェニックで、写真を撮りたいと思ったけどそのまま通り過ぎてしまった。

見晴らしの良いところに到着して、目の前に大きな滝と水場が広がってて、「あぁ、望遠レンズを持って来ればよかった」と思った。

古い木造アパートのような建物を登ろうとするのだけど、途中通路がとんでもなく狭くなって身動きが取れなくなり、怖くなって慌てて外へ飛び出した。

目が覚めてしばらくした後も、夢の中に望遠レンズを持ってかなかったことをちょっと後悔。



# by t0maki | 2018-06-07 10:40 | アート>写真 | Comments(0)
c0060143_09290150.jpg
シンガポールへ家族旅行。セントーサ島に泊まって、ユニバーサルスタジオとか、プールとか。観光客って感じで、満喫。

c0060143_09290305.jpg
プールでスライダーに乗ろうとしたら、入り口で体重を測る流れに。「そういうもんか」と思って乗ったら、スタッフの人がその計測値を見て、僕の手首に赤色のゴムバンドを付けた。

周りを見渡すと、ほとんどの人は緑色のバンド。たまーに10人か20人にひとりくらい見かける赤色のバンドの人は、明らかにオーバーウエイト気味の男性。「なんてこったい」、と。肥満認定バンドなのか?でも、体重だけで言ったら僕よりも重そうな人が緑だったりもして。よくわからん。

とにかく、少し痩せようかな、と思ったり。


# by t0maki | 2018-06-06 08:28 | Comments(0)

   
Back to Top