ブログトップ | ログイン
c0060143_09201732.jpg

お茶の飲み比べ、意外と難しい。


浅草にある「まるごとにっぽん」に立ち寄ったら「浜松フェア」というものをやってて、そのイベント企画のひとつである「茶歌舞伎体験」をしてきた。お茶の匂いを嗅いだ後、飲み比べをして当てる遊び。


以前にも、確か綾鷹のイベントでやったことがある。花・鳥・風・月・客というラベルがついた5種類のお茶の葉が良いされていて、まずはその匂いを嗅いで特徴をメモ。で、出されたお茶がどれかを当てるという。今回は、その簡易版なので花・鳥・風の3種類。


c0060143_09201933.jpg

c0060143_09202075.jpg

c0060143_09202266.jpg

惜しいとこまで行ったけど、はずしたー。どのお茶も、美味しいんだもの。

と、途中でゆるキャラの家康くんが来てくれた。もちろん、前にも会ったことがある。あの時は、「大人のスポーツテスト」っていうイベントで、家康くんは他のゆるキャラたちと一緒に本気の反復横跳びをしてた。それは、なかなかにシュールな光景だった。


# by t0maki | 2018-02-17 09:19 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_00222954.jpg
いやー、なんとも不思議な映画だったなー。ジャンル的には、SFになるのかな。科学の力で、夢の世界が現実に飛び出てくる、みたいな。B級はB級だと思う。B級ならではのストーリーのハチャメチャさとか、特撮のチープさとか、美術の甘いとことかも含めて、これは面白い映画だった。もう、エンディングとか「えぇーーー、そうなっちゃうの?」みたいな唐突さで、そういえば、あのキャラどこいった?とか。
c0060143_00283277.jpg

チェコ大使館で、60年代のチェコ映画を見てきました。「チェコ・コミックの100年~歴史の中のコミック・コミックの中の歴史」展の企画として、『ジェシーを狙うのは誰だ』の上映会。作家のジャン・ガスパール・パーレニーチェク氏による作品の時代背景の解説も。 

c0060143_00293501.jpg

c0060143_00293630.jpg
コミックの世界が実写と混じり合った不思議な世界観。アメコミヒーロー風なのに、善悪が混沌としてるのも面白い。

この時代、共産圏だったチェコではアメリカ映画は見られなかったはずとのこと。けれど、アメコミの世界観を映画で再現していて、それはちょっとパロディっぽい描き方でもあるんだけど、政治や社会の体制を超えた文化の交差みたいな感じで、興味深い。

この女優さんのその後も面白そうなので、後で調べてみる。

映画の後、コミック展にも再訪。

c0060143_00563511.jpg

c0060143_00563754.jpg

c0060143_00563806.jpg

c0060143_00564096.jpg

そんな、金曜の夜。


# by t0maki | 2018-02-17 00:21 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_00241586.jpg
日付が変わって2月14日。ということは、もちろんバレンタインデーなんだけど、うちの場合は結婚記念日。14年前の今日、ロンドンの教会で結婚式を挙げました。

14年か。娘も、来年から中学校。

結婚10周年の時に、家族でロンドンを再訪(娘は初めて)したんだけど、この分だと20周年とかもあっという間かもしれないね。




# by t0maki | 2018-02-14 00:23 | Comments(0)
c0060143_22455970.jpg
幼稚園がお寺だったので、本堂でのお泊り会とかあったりして、小さい頃はお寺が身近な存在だった。でもいつからか、だんだんお寺から離れていってしまい、観光などで外から眺めるだけになってしまってた。

お寺というと、お葬式とか、お墓のイメージ。つまり、「死」に近い場所だと思っていたけど、実はそれだけではなく、地域のコミュニティの中心にあるべきものなのだな、と。いろいろなことを学ぶための場所。

今回、TABICAの撮影で、エキストラのような形で高応寺を訪れて、ご住職の酒井菜法さんからいろいろお話を伺いました。マルシェやヨガなど、さまざまな活動をされていて、お寺のイメージが一気に吹き飛びました。外国人も学びに来るそうです。

ゆっくりと歩きながら、マインドフルネスの実践をしました。座禅の考え方でもある、調身・調息・調心の手法を取り入れつつ、ありのままの自分を見つめる時間。無駄なものをそぎ落としつつ、集中していく。

短い間でしたけど、とても豊かな時間を過ごすことができました。
またぜひ、お伺いしたいと思います。



# by t0maki | 2018-02-13 23:22 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_10120060.jpg
ブログを書いてるので「ブロガー」と呼ばれるのは別に構わないけど、やっぱりその肩書きにはちょっと違和感もある。なんだろね、この気持ち。

やや自虐的な「日曜アーティスト」を名乗るようになってしばらく経つけど、これが自分にとっては割としっくりくる肩書きなのかもしれない。本業の肩書きはコミュニケーションデザインとか、プロジェクトマネージャーとか、プログラムマネージャーとかコロコロ変わるけどやってることはあまり変わらず。広告やデジタルマーケティング施策の制作管理。インタビュー取材のとりまとめや、ウェブ制作のプロマネをしつつ、たまに自分でバナーをつくってたりもする。

留学して大学でアートを専攻する前から、割と個人的にいろいろ作ってたし、書いたりもしてた。それはどちらかというと、クセというかヘキというか、意識してやるというよりも、やりたい衝動を抑えられずに勝手にやるというような、どちらかというと食事をしたり呼吸をするのと同じように何かしらノートや紙片に書き殴ってた。それはフリーライティングであり、ラクガキでもあり。

とっちらかった頭を整理するのにちょうど良い。とりあえず、全てを紙に書き出してみる。進むべき道が見えてくるし、その先にある不安が軽減され、自信に繋がる。障壁は低くなり、道筋は最適化される。

割と、「えい、や!」と未知の領域に飛び込んでしまう人生を送ってきた。だから、先の見えない中でもがきつつ、舵を一定に保つために自己分析のような自己催眠のような、安定剤がわりに文字を書きなぐる、と。

呼吸をするように、文章を書き続ける。


# by t0maki | 2018-02-13 23:04 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_21390298.jpg
自宅の近くにある、ミステリー自販機。何が出てくるか分からない、ロシアンルーレット方式。
運試しではないですけど、なんか面白いのでたまに買います。

さて、今回出てきたのは?

c0060143_21390340.jpg
こんなドリンク。なんと、栃木レモンがソーダになっただと!
個人的に、これはアタリです。

たまに、普通にアクエリアスとか出てくると、ぜんぜん珍しくないのでつまらない。

こういう、なにやら良く分からない限定品の売れ残りみたいなのが出てくると、すごく楽しい。




# by t0maki | 2018-02-13 23:02 | Comments(0)
c0060143_22562002.jpg
僕が留学を決意したのは、高3の秋頃。一応高校は進学校だったけど、どちらかというと僕は陸上部で走るのと、図書館で本を読むために学校に通っていた。
そもそも、受験勉強があまり好きになれず、特に英語が嫌いだった。おじいちゃんの先生が教える、間延びしたカタカナ英語の発音を聞いていると、とても憂鬱な気分になった。

当然、英語の成績も良くなかったんだけど、言葉自体には興味があって、英語はしゃべれるようになりたいなーと思ってた。だから、衝動的に留学を決意した。

不思議なもんで、「死ぬ気で英語を勉強するぞ」と決意したら、苦手科目の英語の成績がどんどん上がっていったのは分かるんですけど、それに付随してなぜか他の教科も成績が上がったりして、最後に受けた国公立模試では、5教科総合で校内トップの成績でした。

で、高校卒業後、1年間新宿の学校で実践的な英語をしっかり身につけ、アメリカへ。
実は、その留学のために飛行機に乗ったのが、僕にとっての生まれて始めての海外への旅。つまり、日本から一歩も外に出たことがなく、外国人ともろくに話したこともないのに、なんとなく思いつきと思い切りで、留学してしまった、と。

大学での四年間は、本当に楽しかった。限界ギリギリまで、いろんなことを学び続けましたよ。特に、アートが面白くて、最初はまじめに人類学部みたいなところにいたんですけど、あまりにもたくさんのアートのクラスを受講し続けたので、途中からアート学部に転部することに。陶芸彫刻科に籍をおきつつ、油絵や写真、版画、彫刻など、あちこちのクラスで授業を受けてました。

結局、卒業後はたまたま写真のスキルが仕事に結びつき、そこからWeb制作の道に進む、と。

途中、ホームレスになりかけてヤバイこともあったけど、面白そうなところに飛び込んでいく性格は昔から変わらず、今でもいつも楽しそうなところを見つけると寄っていってしまうという。

今考えると、語学も、運動も、その他もろもろの勉強も、全部「面白そうなところにいつでも飛び込んでいくため」のトレーニングな気がします。本気で遊ぶために、ストイックに自分を磨き続けるのが、理想。

次に飛び込みたいところ、実はもう決めてます。成功するしないはとりあえず置いといて、失敗も楽しみつつ、悔いのない人生を送りたいと思っています。


# by t0maki | 2018-02-13 22:57 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_00182877.jpg
2017年9月28日から10月1日まで、JPタワーKITTEで開催された「チェコフェスティバル2017」について今頃ブログ記事を書いてますけど。なにか?

なんか、下書きに残ったままになってましたよ。

c0060143_00183136.jpg

c0060143_00183451.jpg

c0060143_00183746.jpg

c0060143_00184590.jpg
チェコ共和国大使館、チェコ政府観光局、チェコセンターが主催する、チェコのイベント!日本にある、いろんなチェコ関連のお店や、会社などが出展していて、雑貨や食べ物などいろいろ並んでる中で、僕が気になったのは「ペトロフ」のピアノ。ちょうど、ピアニストの方お二人が連弾で演奏をしていて、会場に響く音色がとても心地よくて、演奏が終わった後にこのピアノを販売している株式会社ピアノプレップの方にお話を伺いました。もともと調律師の方で、このチェコペトロフ製のピアノのみを専門に扱っているそうですよ。

今度、お店にも行ってみようと思っています。



# by t0maki | 2018-02-13 22:40 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_19014059.jpg
チェコのブルノにある劇場のてっぺんに、サムライとアヒルがいるのです。

チェコ共和国の初代大統領の二人目の奥さんは、この劇場で役者として出演していたそうですよ。しかも、この近くの学校には、若い頃のミュシャも通っていたという。

ブルノって、なんとも不思議で魅力がある町です。フランスのカタコンベに次ぐ、巨大な地下納骨堂があったり。個性的なバーがいくつもあったり。

一見とても静かで大人しいようにも見えるのですが、一歩踏み入れるとものすごいエネルギーに満ち溢れていたり。なんというか、そのギャップがすごく面白い町なので、いつかここに住んでみたいなぁなんて、思ったりもしています。



# by t0maki | 2018-02-13 22:22 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_21594420.jpg
書きたいことがいろいろあるので、次々と下書きに突っ込んでいってたら、なにやら結構な量になってきた。どうも、ブログを書くスピードが追いついていっていない気がする。

通勤時間にスマホで書くことが多かったんだけど、エキブロのアプリがHTMLを使えないことになって、隙間時間に書くスピードが遅くなった。と、ここ最近わりと仕事が忙しくて、電車の中で書こうとしても睡魔に勝てなかったりね。

100本ノックくらいの、強烈なブログ合宿とかをやった方がよいかなぁ、とか思ったり。ひたすらどっかにこもってカンヅメになって、ブログを書き続けるの。

何年か前に、連休の間に100本のブログ記事を書くっていう企画をやったけど、そういうのをまたやってみるとよいかもしれないね。

とりあえず、いろいろ書いていきましょうかね。



# by t0maki | 2018-02-13 22:00 | Comments(0)

   
Back to Top