ブログトップ | ログイン
c0060143_00534232.jpg
「ある活推進部」のフォトウォークイベントに参加した流れで、会場の「アシックスコネクション東京」がランステーションにもなってるって聞いて、早速そのイベント終わりにシューズとロッカーを借りて、隅田川沿いを走って来ました。

ちょうど良い感じの5キロコースがあるのですよ。隅田川沿いと、橋との組み合わせで、好きな長さで自分通りの距離を走れるってのが、このコースの魅力な気がする。一周何キロ、ではなく、組み合わせで何キロくらいっていう。もちろん、コース通りに5キロ走っても良いですが。

水辺を走るのは文句なく気持ち良いですよね。僕もいつも、もうちょい上流の自宅の近くで、隅田川沿いをのんびり走ってます。

そして、今回レンタルしたこのシューズ、甲高幅広の僕の足にもしっかりフィットするワイドサイズで、すごく走りやすい。買おうかな、これ。型名、聞いてくるの忘れた。あとでまた行った時に聞いてみよう。

走り終わって、着替えを持ってこなかったので近くのユニクロでシャツと下着を買って、ランステーションに戻ってシャワーを浴びました。両側からミストが出るシャワーとかもあって面白い。タオルも借りました。

いいな、このランステーション。また行きます。


# by t0maki | 2018-06-11 00:05 | Comments(0)
c0060143_16465574.jpg
なんだろね。既に疲れた状態で書き始めたから、書いてて疲れたーっていう感覚があまりなくて、いつまでもどこまでも書き続けてられる感じがする。書いたもののクオリティについては、もしかしたら微妙かもしれないけど。いや、確実に微妙かもな。ビアガーデンの記事とか、文章なさすぎ。

固有名詞とか、商品名とか、頭に入ってないものはその場で書けないから、それがハードルになってずっと下書きに突っ込みっぱなしだったり。そのハードルがなくなると、たがが外れたように文章が噴出する。もめどなくどこまでも。

右脳で書くって、たぶんこんな感じ。そこで、左脳によるあるべき論理思考が加われば、文章に奥行きが生まれるんだろうけどな。ま、寄稿記事はしっかり左脳で、ブログはがっつり右脳で良いかな、とか。主観のメディアなので。ブログは。

あれ?何を書こうとしたんだっけ?

そうだ、ボーイング787についてだった。僕が一番好きな飛行機。この機材が日本デビューをした時に、羽田の格納庫でプレスイベントに参加したから。特別な思い入れがあるのですよ。

そう、それを書きたかったんだ。


# by t0maki | 2018-06-10 23:54 | Comments(0)
c0060143_20350008.jpg
まず取材するお店の候補の中からOKをもらった場所を下見。実際にお客さんとしてお店を訪れて、良いなと思ったら取材の交渉。街を歩いてみて、「あ、ここも良さそう」と思ったお店は、追加で提案。

その後、メールと電話で取材の日時を調整して、当日はインタビューと写真撮影。取材の合間にある程度記事の構成をまとめつつ、全部のお店を取材し終わって、ビールでひとり打ち上げ。実は、この乾杯も取材の一部だったりもするけど、普通に美味しく1パイントのビールを飲み干して、家に帰ってから夜中に写真の選定と記事の執筆。翌日には記事が出来上がってたけど、文章を一晩寝かしてから推敲、校正。寝かせると、自分の文章を客観視できるので、直しやすくなる。

で、初校提出。何度か戻しがあって、お店の方からもコメントをいただき、全部に対応したら校了、と。

この先は、寄稿先のウェブメディアの裁量。僕の仕事はここまで。

一応原稿料もらえるけど、経費は込みなので諸々下見やら取材やらに使ったお金を差し引くと、儲けはほとんど出ていない。むしろ時給に換算したら子供のお駄賃くらいにしかならない。

でも楽しいから全然苦にならない。むしろ、タダでもやると思うよ。

ひとりで取材して、写真撮って、記事書いて。いつもブログ書いてるのと変わらない。ただ違うのは、「ライター」という肩書きと、推敲の量と、掲載許諾書へサインをもらうことと、あとはウェブメディアに載って誰かの役に立つかもしれないっていう期待と満足感かな。

もちろん、こうやって自由にブログに書きたいことを書き流すのも好きだけど、たまには真面目にしっかりがっつり記事を書くのも楽しいぞ、と。


# by t0maki | 2018-06-10 23:46 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_00502913.jpg
池袋の東口の方にある西武の屋上にあるビアガーデン。良い雰囲気だったなぁ。クラフトビールも飲み放題ですてき。チェコのビールもあったよ。
c0060143_00503016.jpg

c0060143_00503224.jpg

c0060143_00503300.jpg

c0060143_00503488.jpg

c0060143_00510547.jpg

c0060143_00510601.jpg

c0060143_00510698.jpg

c0060143_00510777.jpg

c0060143_00510840.jpg

c0060143_00513971.jpg

c0060143_00514021.jpg
屋上で、みんなで飲むビールって、なんでこんなに美味しいんだろうかね。



# by t0maki | 2018-06-10 23:45 | Comments(0)
c0060143_20575251.jpg
だいぶ前ですが、カナダ大使館の高円宮記念ギャラリーでコンテンポラリー・アート展「間:ロレイン・プリチャード」を見てきたのでその記事など。

c0060143_20575390.jpg
MAって書くとなんじゃらほいだけど、「間」のことです。この近くに、同じ名前のTOTOのギャラリーもありますが、そことは別です。そっちのギャラリーも会社から近いのでよく行きますがそれはまた別の話で。

さて。
c0060143_20575457.jpg
幾何学的な線の集合体で表現された作品なのですが、ところどころ手描きであるがためのイレギュラーなアノマリー的なものがあって、それをノイズととらえるか、味ととらえるかでこの作品の評価は分かれるのかな、とか思ったりして。コンピュータが描くグラフィックと、アーティストの手による手書きの線とは、やっぱり違うんだよな、と、改めて。
c0060143_20575551.jpg
あ、こんなに前の展示だったのか。今頃記事を書いてるのって……。

実は、ただいまフロリダ州オーランドに来てます。明日から始まるイベントの取材に。とりあえず、空き時間にブログがはかどる、はかどる。

良い感じに寝不足なので、自分が何書いてるかよく分からないけど、あれだね。ライターズハイ的な。


# by t0maki | 2018-06-10 23:39 | Comments(0)
c0060143_22071438.jpg
なんだろね、このおもちゃを目の前にしたわくわく感。大人になっても、あるよね。

チェコのおもちゃをテーマにした展覧会「mini wonders~チェコのおもちゃ 昔と今」がチェコ共和国大使館内のチェコセンター東京展示室にて公開中。オープニングイベントに参加してきましたよ、と。

c0060143_22071733.jpg
オープニングには、キューレーションを担当したテレザ・ブルトハンソヴァー氏と、デザイナーのズザナ・レドニツカー氏も参加してました。

c0060143_22072102.jpg
キュレーションを担当したテレザさん。それぞれのおもちゃについて、歴史やエピソードなども紹介してくれました。

c0060143_22073995.jpg
デザイナーのズザナさん。ご自身の作品も展示されています。トークの後、立ち話する機会があって、「森美術館の展示行ったよー」っておっしゃってて、僕は「いいなー」と。まだ行けてないんだよね、そちら。

c0060143_22074338.jpg

c0060143_22085218.jpg

c0060143_22085771.jpg

c0060143_22090018.jpg

c0060143_22090303.jpg

c0060143_22091205.jpg

c0060143_22101089.jpg

c0060143_22102729.jpg
展覧会は、6月22日まで。会社員の僕は、平日の日中はなかなか行けないのだけど、オープニングでじっくり見られてよかった。入り口は鍵がかかってるので、インターフォンで開けてもらう方式。大使館内の敷地内ですからね。ぜひ、チェコのおもちゃの世界に触れてみてください。


「mini wonders~チェコのおもちゃ 昔と今」
会期:2018年5月23日(水)~6月22日(金)
時間:平日10:00~17:00
会場:チェコセンター東京展示室
〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14 チェコ共和国大使館内

キュレーター:テレザ・ブルトハンソヴァー
展示デザイン:アンナ・コゾヴァー、ジェリー・コザ(Atelier SAD)
グラフィックデザイン:ズザナ・レドニツカー(Studio Najbrt)
プロジェクトマネージャー:サンドラ・カラチョニ
協力:Kazeto 、Etna



# by t0maki | 2018-06-10 23:30 | アート | Comments(0)
c0060143_20560555.jpg
「Shaver series 9000 ウェット&ドライ電気シェーバー」をいただいて、しばらく使ってるんですがね。レビュー記事を書こうとしてなかなか書けず。というのも、すっごいいろんなパーツが付いてきたんだけど全然使いこなせてなくて。普通に快適にヒゲ剃ってるだけだから。
c0060143_20560636.jpg

c0060143_20560708.jpg

c0060143_20560831.jpg

c0060143_20560931.jpg

c0060143_20563054.jpg

c0060143_20563164.jpg

c0060143_20563216.jpg

c0060143_20563346.jpg

c0060143_20563405.jpg
なんかいろいろ付いてきたけど、とりあえずシェーバー本体の機能しか使っておらず。それだけで十分最上位機種の本気は伝わってくるから、これはこれで素晴らしい、と。回転式のシェーバーって今まで使ったことが無かったので、最初どんな感じで動かせば良いのか分からなかったけど、特に動かし方にコツがあるわけでもなく、肌に触れるとスゥイーーーンという感じで剃ってくれる、と。そう、音が静かでツムーズなんですよね。ジョリジョリではなく、スゥイーーーンなんですよ。

バッテリーも十分すぎるほど持ちます。スマホとかウェアラブルウォッチの充電頻度に慣れてると、一回のフル充電でそれこそ何週間も何ヶ月もバッテリーが持つのって、ホントにありがたい。

いろいろ付属のパーツについては、今度改めて使ってみるとして、とにかくこのシェーバーは使ってみる価値あると思います。


# by t0maki | 2018-06-10 23:18 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_23011958.jpg
手元の時計は午前10時を過ぎたところ。日本は夜の23時。ロサンゼルスは、朝の7時。

なんかもう、時差ボケというより、全然寝てないからツライね。ホテルのチェックインまでまだ時間があるから、さっきまで片っ端からひたすらブログを書いてた。なんかこう、リミッターが外れた状態で文章をトコロテンのように自動的に押し出してるような感覚。

なんだか、フワフワとしてる。そろそろ寝ないと限界だな。明日から、オーランドでの取材仕事が本番。頑張るぞ、と。



# by t0maki | 2018-06-10 23:00 | Comments(0)
c0060143_20493989.jpg
このワークショップのブログ記事はもう書いたと思うけど。モチベーションメーカーのキッズ向けワークショップをボランティアスタッフとして何度かお手伝いしてます。

僕も割と、キッズ向けの工作ワークショップをたまにやったりするんだけど、こうやってがっつりと面白そうなワークショップをやってるのを見ると、自分でもまたもっとやりたくなってくる、と。

そんなわけで、僕が最近「大人もできるかな」っていう、大人向けのものづくりワークショップを始めたのも、このワークショップがきっかけのひとつだったりもする。
c0060143_20494065.jpg
この時の会場は、もと居酒屋の古い建物。

c0060143_20494171.jpg
昭和の雰囲気。

c0060143_20494194.jpg
まちづくりをテーマに、みんなでフォトウォークをした後に、未来の町を形にする、と。

c0060143_20494283.jpg
プロのアイデアも観れたりして、さすがだな、と。

勉強会とか、ワークショップなど、いろいろやっていきたいなと思うわけです。やっぱり、知識や情報だけでなく、実際に体験するのって大事。


# by t0maki | 2018-06-10 22:58 | Comments(0)
c0060143_12133282.jpg
とある日の青鬼。

ヨナヨナエールのヤッホーブルーイングの直営バー。

IPAはカレーに合う、という話を熱弁してきました。カレーに負けない、インディアン ペール エールの風味について。

一瞬、目の前の人がビールの格好に見えたんだけど、アレは酔ったせいで幻覚を見たのだろうか。


# by t0maki | 2018-06-10 22:52 | Comments(0)

   
Back to Top