ブログトップ | ログイン
<   2018年 06月 ( 73 )   > この月の画像一覧

c0060143_18325754.jpg
置くだけ充電、便利ですね。ちなみに、私が使っているスマートフォンはワイヤレスチャージャーには対応していないので、別途薄型のアダプターをスマホケースの内側に装着して使っていますが、問題なく充電できています。


c0060143_18333566.jpg
スタンド式のワイヤレス充電器です。

c0060143_18333670.jpg
充電ケーブルは背面に。マイクロUSBです。

c0060143_18333793.jpg
僕のスマホはワイヤレス充電に対応していないので、別途薄型の充電用アダプターを購入しました。

c0060143_18333850.jpg
問題なく充電できていますね。

c0060143_18333954.jpg
本体の下の方にLEDのインジケータが付いており、きちんと充電がされているかどうかを目で見て確認できるので便利です。

スタンド型で端末を立てかけられるので、このまま充電しながら動画を観たりするのにも使えます。

ワイヤレス充電、良い感じ。




by t0maki | 2018-06-30 18:21 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_18041112.jpg
夏の行楽シーズン、外で使える扇風機は持ってるとすごく重宝しますよ。充電式なので、繰り返し使える。モバイルバッテリーを持参すれば、より長く使い続けることもできる、と。


今、ベッド脇にこの扇風機を置いて使ってます。風呂上りとかに、片手で団扇代わりにこの扇風機を持って、顔とか首筋に風を当てたり。
c0060143_18044888.jpg

c0060143_18044975.jpg

c0060143_18045041.jpg

c0060143_18045122.jpg
重量はわずか165g。ちょっと太目のバナナ1本よりも軽いという。なんとなんと。

風量は3段階に調節可能。2500mAhのリチウムバッテリーが内蔵されていて、フル充電すると、(風の強さによって)3時間から13時間の連続使用可能です。電池残量が少なくなってくると、LEDが赤色に点灯してお知らせしてくれるのも何気に良い機能。と、取り外しできる専用のスタンドも付属していて、立たせることもできます。

これからの季節にぴったりのアイテムです。




by t0maki | 2018-06-30 18:06 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_17405800.jpg

耳にスポンとはめ込む感じの、完全ワイヤレスイヤホン。この手のイヤホン、初めて使ってみましたが、邪魔なコードも無く持ち運びにも便利で、想像していた以上に快適ですね。


c0060143_17420273.jpg

c0060143_17420389.jpg

c0060143_17420424.jpg

右耳用と左耳用がセパレートになってて、1セット2個ですが、スマホとペアリングするのは片方だけでOK。どちらか片方だけペアリングして、もう片方のイヤホンをオンにすると、左右両方使えるようになります。

音楽の連続再生は2時間。バッテリーがなくなったら、ケースに入れるとまた充電ができ、外出先でも最大8時間使えます。まぁでも、充電中しながら使うことはできないので、2時間使って、1~2時間充電させて、さらにまた2時間使って、という繰り返しですね。充電中も音楽が聴けるようにするには、もう1セットあると良いのかな?

音質もバッチリ。仕事中に集中したいときに使っています。ただ、動画を観たときにちょっと音の遅延は気になるかな。動画と音声がちょっとズレてるのが気になるので、音楽専用にして使っています。

僕は、耳の形が人と違うのか、普通のイヤホンだとポロポロはずれて落ちたりします。特に、リンゴの製品はダメダメ。新しいタイプのやつとか、手で押さえてないとはずれまくって無理。ところが、この完全ワイヤレスイヤホンは耳の形にスポっと入る感じですごく安定していて良い感じ。デフォルトのシリコンアタッチメントですごくフィットして快適に使えています。

ケースも小型で持ち運びしやすい。もう1セット買っても良いかなー、とか。




by t0maki | 2018-06-30 17:43 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_11510428.jpg

登らない登山家、アーバンアルピニストの園山のぼるです。
勤務先の青山ツインタワービルに登るのを日課のトレーニングとしています。

さて、今回は青山から代官山を目指します。
どちらも、山ではなく単なる地名。すなわち、登らない山登り、と。

なぜ、山でもないエリアに山と付く地名ができたのか。
「山の手」っていう名称が、平地に対して「山の方」っていう表現で、もともと幕臣の偉い人が高台の方に住んでたりもして、山って地名がなんとなく高級住宅地感を醸し出すため、山でもないところにいろいろ山とつく地名ができたっていうことらしいです。で、今でも青山とか、代官山とか、山でもない場所の地名に山が残ってる、と。

という薀蓄を披露しつつ、前回に引き続き今回も、東京都交通局公式Facebookの掲載企画に参加させていただく形で、都内の平らな山を登ります。

今回は、「都営地下鉄」と「都バス」を使って、東京都内の2大登らない山、青山と代官山を目指します。

■まずは都営地下鉄で麻布十番へ
c0060143_11191779.jpg
まず目指すのは、「青山一丁目駅」から都営大江戸線で「麻布十番へ」。乗車時間は2駅で4分くらい。ホームがすごく地下深いところにあったりするので、駅構内を移動する時間の方が長いかも。

c0060143_11200179.jpg
麻布十番駅前のバス停に到着したら、ちょうどバスが到着したところでした。ベストタイミング!都営バス(都06)に乗って、渋谷方面へ。

c0060143_11200349.jpg
15分ほどバスに揺られた後、東三丁目バス停で下車。ここから、代官山までは徒歩で約13分程度。この写真は、渋谷川。「渋谷」という地名の由来は、この川の水が昔、渋色(赤茶色)だったからという説があるようで。関東ローム層の赤土がこの皮の色を赤茶色に染めていたのも昔の話で、こうガッツリとコンクリートで固めたら、もう赤土も混じらないよなぁ、と。まぁでも、渋谷に行くと髪の毛を明るい色に染めた人たちはたくさんいますがね。

c0060143_11200451.jpg
というわけで、今回の目的地、代官山へ到着。ここの公園は、昔職場が近くにあったころ、良く訪れてましたよ。

c0060143_11200525.jpg
そうそう、このタイル絵。懐かしい。昔、この場所に「同潤会代官山アパート」が建ってて、そこの銭湯だった「文化湯」のタイル絵が保存されているのです。もちろん、僕もここにあった同潤会のアパートは知らないですが、このタイル絵は昔からありましたよ。

c0060143_11205724.jpg
青山もそうですが、代官山もなんかこう、おしゃれなイメージがありますよね。江戸時代からの、「山」の高台にある高級な地域というイメージは、今もまだ継承されているようです。

c0060143_11205815.jpg
代官山の蔦谷書店の前を通りつつ、もうちょっと足を伸ばしてみます。

c0060143_11210192.jpg
代官山からさらに徒歩で12分程度歩くと、西郷山公園にたどり着きます。西郷隆盛さんの弟、西郷従道さんの別邸があった場所。現在は、目黒区立の公園になっています。


c0060143_11210325.jpg
というわけで、最後にこの西郷山を登頂して、今回の登らない山登り企画はおしまい、と。山はないけれど、地名に「山」が付いている山の手のエリア。あるいは、富士信仰の名残として都内に残る富士塚など、今後も「アーバンアルピニスト」として登らない山登りの活動は続けていきますよ。

では、また近いうちにお会いしましょう。



by t0maki | 2018-06-30 11:17 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)
c0060143_11005089.jpg

登れない山は登らない、なるべく登らずに登頂することをモットーに、都会の平らな山にアタックし続ける孤高の登山家。どうも、「アーバンアルピニスト」の園山のぼるです。

このふざけた肩書きで活動するようになって約半年。今回は、東京都交通局公式Facebookの掲載企画に参加させていただき、「都営まるごときっぷ」を使って都内の山というほどではない山々を登ります。

さてさて。

今回は、飛鳥山から富士登山を目指します。


■三ノ輪橋から都電で飛鳥山へ
c0060143_10251624.jpg
都電荒川線の始発駅、三ノ輪橋駅から今回の旅は始まります。昨年、「東京さくらトラム」という愛称になったこの都電。約30分の乗車時間で、飛鳥山駅に到着。

c0060143_10251707.jpg
登らない山登りを目指すアーバンアルピニスト。標高がたった25.4メートルの飛鳥山ですが、山頂まではモノレール「アスカルゴ」に乗って登ります。この日は休日だったこともあり、結構行列ができていて、待っている時間に登れちゃったんじゃないかという感じですが、それはそれ。「基本的に登らない」がポリシーの都会の登山家なので。

c0060143_10251878.jpg
乗車時間2分のモノレールで、あっけなく登頂。「山」という名前が付いている飛鳥山ですが、実は地図上は山ではないんです。単なる地名というか、場所の名前。

c0060143_10251950.jpg
公園もあり、親子連れで楽しめます。機関車や都電の車両も展示されていますよ。

c0060143_10252029.jpg
3つある博物館のうち、「紙の博物館」に入ってみました。もともと王子に近く、王子製紙など紙作りが盛んな地域です。

c0060143_10301685.jpg
紙作りのワークショップがあったので、参加してきました。牛乳パックのパルプから、こんなハガキをつくりました。すかし入り!

■飛鳥山から都バスで富士登山へ
c0060143_10314640.jpg
さて、ここからは都バスを利用して、都内にある富士山を目指します。「富士山?都内に?」と思った方、あるんですよ、都内に富士山が。

c0060143_10265753.jpg
王子駅前の停留所を14時41分出発して、新宿駅西口、品川駅高輪口で乗り換えて、東品川一丁目に到着したのが16時56分。そこから徒歩6分で、品川神社に到着。富士登山なのに、神社?

c0060143_10265952.jpg
そう、この品川神社には「富士塚」があり、ここに登ると富士山に登ったのと同じ御利益があるんです。

c0060143_10270072.jpg
都内には数十箇所の富士塚があり、中でもこの品川神社にある富士塚は最大級。とは言え、2分もあれば登れちゃいます。八合目から九合目なんて、5歩くらいですからね。

c0060143_10270162.jpg
というわけで、あっけなく富士塚登頂。

こういった、富士山信仰は江戸時代に盛んになり、都内のいろんな神社やお寺に富士塚がつくられました。今でも、江戸七富士など、都内数十箇所に富士塚が残っているようです。

「アーバンアルピニスト」として、コツコツ登らない山登りをしていこうと思います。

というわけで、次回は「アーバンアルピニスト、青山と代官山に登る」をお届けします。



by t0maki | 2018-06-30 10:23 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)
c0060143_20302592.jpg
うむ。最近、腹回りがどうやら成長期。
しばらく前にダイエット企画をやって、ファスティングだのいろいろやってみて一時期ガツンと体重を落としてみたけど、結果痩せるだけでは健康にはなれないと気づいて、そっからは食べたい時に食べたいだけ食べる生活に。それはそれで良いのだけど、運動できてないんだよなー、最近。

よって、腹回りの成長が止まらない。

というわけで、今回レビューしてみたのはこのアプリ。
c0060143_20483166.jpg

「BeatFit」とというフィットネス音声ガイドアプリです。レビューブログのモニターとして、体験してみました。

アプリを立ち上げると、ダイエットプログラム、ボディメイク、10km完走への道など、様々なコースがあります。その中から自分の目的にあったコースを選び、トレーナーの音声とBGMを聞きながら、エクササイズを行う、と。
c0060143_20491310.jpg
c0060143_20491498.jpg
c0060143_20491560.jpg
c0060143_21034025.jpg

とりあえず僕は、軽いストレッチからやってみました。トレーナーの人が動きを声で指示してくれるので、その通りに動いたり呼吸したり。時々、「動き、これで合ってんのかな?」って思う時もありますが、そこらへんは自分のペースで、やりやすいように。

なかなか面白いアプリですね。乗りの良い音楽と、耳に心地よいトレーナーさんの声と。うん、これは長く続けるとよいと思います。

月額980円。最初の1か月は無料です。



by t0maki | 2018-06-25 20:27 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_06180394.jpg
クロネコヤマトさん主催の「3年後の受け取りを考える」アイデアソンに参加してきました。「クロネコアンバサダー」向けの限定イベントです。

参加するにあたって、一応事前にちょっとアイデアを考えてみたのですよ。ありがちな「ドローンを使って配達」とか、こないだ参加したオーランドの基調講演で未来学者のエイミー・ウェッブさんが紹介してた「車のトランクを宅配ボックスがわりに使う」なんてネタも用意しつつ。宅配の未来に活躍するテクノロジー、みたいなことを。

でも、アイデアソンで実際にいろんな話を聞いてくうちに、テクノロジーやソリューションも大事だけど、一番大事なのは人と人との関わりなんだな、と気づきました。ドライバーさんと、受け取る人との、血の通った人としてのコミュニケーションこそが大事なのだ、と。

c0060143_06253427.jpg

c0060143_06253551.jpg

c0060143_06253656.jpg

結果、近未来的なソリューションをいろいろ事前に考えてったのですが、実際にサービスドライバーさんのエピソードなんかを聞いていると、やっぱり人と人とのつながりを大切にしつつ、その上でテクノロジーによってドライバーさんや受け取りの人をサポートして、より便利に使いやすくするってのがゴールなのだと思いました。そんな視点で、アイデアをいくつか出してきましたよ。実際のアイデアソンの中身は「ヒミツ」なので、書かないですけどね。

面白いイベントでしたよ。新しい発見もあったし。ただ、やっぱり単発のアイデアソンイベントだと、好き勝手言って終わりになっちゃうので、若干消化不良な感じもあったり。もっと、いろいろアイデアを揉んで、フィードバックをもらったりしつつ、実現に向けての具体的な施策に落とし込みたいところだけど、そこまでやっちゃうとイベントというより仕事になっちゃいますかね。このくらいの、カジュアルなアイデアソンが一番楽しいんだろうなぁ。ホント、好き勝手に思いつくままいろいろ喋ってきて、実際 すごく楽しかったですよ。

実現すると面白いよな、いろんなアイデアが。「クロネコヤマトアンバサダー」として、今後の展開など楽しみにしています。


by t0maki | 2018-06-24 06:17 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_13065045.jpg
普段健康なときはそれが当たり前で、病気になってから健康のありがたみを実感する。人間って、何とも自分勝手な生き物だよなー、とか思いつつ。

病気はコワイ。それが、治療法が確立してない難病ならなおのこと。

「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」という、筋肉が弱っていく難病の認知と理解を広げるためのイベント、『Still Life展』のデッサン会に参加してきました。
c0060143_13072889.jpg

ALSと闘う人をモデルとして、みんなで絵を描くということアイデアは、自身もALSと闘っている一般社団法人END ALSの藤田正裕(ヒロ)さん。昨年に続き、僕は二回目のデッサン会への参加です。会場に行ったら、昨年僕が描いた絵も飾ってありました。

この日のモデルは、川口美玲さん。90分間、こんな風にしっかりがっつり絵を描いたのは久しぶり。しかも、モデルさんを目の前に描くのは、本当に去年のデッサン会以来。一応これでも大学ではアートを専攻してたので、延々と紙に向かって手を動かし続けるのはかなり好き。動くことのできないモデルさんを前にして、ひたすらデッサンに没頭し続けました。
c0060143_13082275.jpg

c0060143_13082481.jpg

c0060143_13082506.jpg

c0060143_13082703.jpg

ずっと同じ姿勢で絵を描き続けると身体が疲れてくるので、ペンを置いて大きく伸びをする。こんなシンプルな所作さえ、ALSが進行するとできなくなる。これは本当にツライ病気だなと思いました。

今回僕が描いた作品も含め、今まで描かれた作品が展示されている『Still Life』展は、銀座のGOOD DESIGN Marunouchi
にて6月24日まで。


by t0maki | 2018-06-23 13:05 | アート | Comments(0)
c0060143_01283394.jpg
雨、は降っていない。コンビニで買った氷をひとまず冷蔵庫にいれて、そのまま帰るまで忘れてしまった。捨てる訳にもいかず、鞄に入れて持ち帰ろうとしたら、冷たい氷が空気中の湿気を絡めとって雫を形成し、鞄の中をじっとりと濡らした。そんな時にも安心な防水鞄を、生憎と僕は持ち合わせていない。

という書き出しを試してみましたが皆さんご機嫌いかがでしょうか、日曜アーティストのTOMAKIです。

四月から毎月、「大人もできるかな」っていう、クリエイティブとテクノロジーをくっつけた、勉強会・ワークショップのようなものをやってます。今日はそのスピンオフ的な、特別篇のような、アンバサダーマーケティングをテーマにしたカジュアルな飲み会をやりました。

きっかけは、こちらの記事。
よーし、アンバサダーについて語りながら飲み会やろー!と、ノリと勢いで実現。あっという間に定員10名満席御礼。

軽くライトニングトーク(短いプレゼン)でアンバサダーとしての体験などを話しつつ、気楽に飲みながらのぶっちゃけトーク。「そこまで話して良いの?」っていうエピソードもどんどん出て来て、面白すぎ。こんなん、ここには書けん!

一つ言えるのは、これは僕のプレゼン内容でもあるのだけど、アンバサダーとインフルエンサーは似て非なるものだけど、重なるところはあるよね、と。それはちょうど、広報・PRと広告・ADの関係なんだよな、と個人的に思った。インフルエンサーは広告、アンバサダーはPRに近い。と考えると、いろんなことがすっきりと理解しやすくなる。どう?

スライド、こちら。

というわけで、イベントの帰り道。うっかり終電が無くなってるけど、人気のない夜道をひとり、歩きながらブログ更新、と。

今日はお疲れ様でしたー。今夜はぐっすり眠れそうです。



by t0maki | 2018-06-23 01:28 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_00250388.jpg
タブレット端末に専用のペンが付属してたので、例によっていつものラクガキ。
HUAWEI MediaPad M5 Pro をしばらくお借りしてモニターレビューをしてました。画面が広いから、そのままお絵描き用のツールとして使うのも良いなぁ。

c0060143_08304290.jpg

c0060143_08304823.jpg
タッチ&トライイベントでは、音の良さについていろいろお話を伺いました。確かに、ヘッドセット無しでも迫力のサウンド。ネットで動画や映画を観るのにも良いですね。

タブレット端末って、使い方次第でいろんな活用法がありますよね。もうちょっと長くモニターレビューをしたかったけど、端末は出張前に返却済み。

あ、写真を撮りに近所を歩いたので、その記事はまた今度アップしよう。

そんな感じで。



by t0maki | 2018-06-22 08:32 | モニターレビュー | Comments(0)

   
Back to Top