ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アート>もの書き( 142 )

c0060143_09480084.jpg
宅配便とか、平日は開ける暇がないのでだいたい週末にまとめて開ける。いわゆる、「開封の儀」を一気に何個もやるのである。

ブログに記事を書くためのモニター品などの他に、普通に通販で買ったものとか、プレゼント企画に当選したものなど、いろいろ。

例えば今回は、ゾゾスーツで身体を計測した時に買ったジーンズと、アマゾンのセールで買ったスマートスピーカー、レビュー用のスマホの防水ケースと、ソーラー充電器。あとは、モニターレビュー用のパソコンと、NETFLIXのプリペイドカード。ドリンクもあったな。飲み比べ用。とりあえずはそんなところ。一気に開封、と。

箱から出しながら、実際に使ってみながら、窓際で写真を撮ったり、大きなものはベランダバルコニーで写真を撮ったり。で、記事を書く。

記事の書き方のお作法とか、テンプレとか、特に決めてはいないので、その時その時に書きたいように書く。だいたい多いのが、製品や使ってる様子などを写真に撮り、スマホに取り込んでインスタにアップ。で、その写真を使いつつ文章を書いてブログ記事にまとめる、という方法。これだと、だいたいスマホで記事執筆ができるから。必要であれば、タグを入れたりリンクを入れたりなんていう作業をパソコンからやったりもするけど、だいたい移動中の隙間時間にスマホでちまちまと書くことが多い。フリック入力がしやすい、iPhone 5 をいまだに使ってて、そろそろ iPhone SE に機種変すべきか検討中。

レビュー系の記事は依頼されて書くものもあるし、自分で気になって買ってみて気に入って書くこともある。あるいは、きっかけは依頼記事であっても、「これいいな」と思ったら、そっから先は自分で買い増ししたりして、追加で書くこともある。

僕はいわゆる「インフルエンサー」ではないし、それを目指しているわけでもない。ただ、いろんなことを体験して、それを記事にまとめていくと、そっから何かあたらしい繋がりとかきっかけができたりして、それが面白いからずっと書き続けてる。

なかなか楽しいよ。


by t0maki | 2018-07-24 09:28 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_13030248.jpg

真っ暗な闇の中。その闇を光が照らした瞬間に、闇は闇ではなくなる。同じように、他人には知られてはいけない秘密が明らかになった瞬間に、その秘密は秘密ではなくなるのだ。

秘密、とは?

「二人だけのヒミツだからね」と、彼女は僕の耳元でささやいた。
すっかり氷の溶けたグレフルハイをストローでかき回しつつ、「なんだろね。こんなこと今まで誰にも話したことなかったのに」
そう言って彼女は少し恥ずかしそうに笑った。

秘密の共有。

「あと少し、あと少しだ」
銃弾は幸いなことに肩を掠めただけ。トレンチコートの袖が血で真っ赤に染まっているが、このまま進むしかない。人気のない裏通りをわざとジグザグに歩く。絶対に尾行を巻かなければならない。
この【マクガフィン】に収められた秘密を守り抜かなければ。なんとしても。

秘密を守る。

「ごめんねー、今月またお金が無くなっちゃってさー」
──どうせまたギャンブルだろ。
と、ワタシは思ったが、口には出さなかった。
「で、いくら欲しいの」
「10万。……いや、5万でいい」
こんな男と、なぜ3年も結婚生活を我慢できたのか不思議でならない。そして、元旦那となった今でもなぜこうして会っているのか。
「うちも苦しいの知ってるでしょ。2万なら渡せるけど」
「てめぇ、あの秘密をチラシにしてばら撒くぞ」
こいつが絶対にそんなことしないのは分かってる。金づるが無くなって困るのはこいつの方だから。
ワタシが黙って3万円を差し出すと、それをひったくるように受け取り、男は家を出て行った。

知られたくない秘密。

いろいろな秘密。

あなたの秘密は?



by t0maki | 2018-07-20 12:52 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_15041041.jpg
Facebook で、「過去の思い出」が見られる機能があるでしょ。何年前のこの日に、何してなのかなー、ってのがわかる機能。10年日記みたいなやつ。

で、今日、その過去の投稿を見てたら2年前に麻布のテンプル大学で2ヶ月間だけ社会人学生をやってた頃のことが出てきた。クリエイティブ ライティングって言って、英語で小説の書き方を学ぶクラスを受講してました。もちろん、授業も全部英語で。

ロサンゼルスに住んでた頃の体験をもとに短い私小説っぽいものを書いていましたが、やっぱり外国語で書くのは難しいなぁと思った次第。それはそれで、楽しいんですけどね。

また、がっつり長めに何か書きたいな、と思うのです。構想はあるので、やってみよう。まずは、しっかり書いて、電子書籍で販売することを目標に。

ちょうど、この小説のストーリーから20年。先月ちょうど、この小説の舞台になったホテルとか、当時働いてた会社のあたりにも行ってみた。そこらへんをからめて、自分の足跡を振り返ってみますかね。



by t0maki | 2018-07-15 15:04 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_08442528.jpg
もともとメルマガは好きでずっと書いてたんですよ。

めちゃめちゃ短い超短編小説を「マイクロ小説」って名づけて、メルマガで配信してました。今でも一応メルマガ自体は残ってます。あんまり配信してないけど……。で、そのメルマガからスピンオフする形で、モバイルサイトに作品をまとめたり、ZIN展に出品したり、POD形式で出版してみたり。楽しいですよね、メルマガ。読むのも、書くのも。

ブロガーさんたちが合同で執筆しているメルマガEdge Rankは、中の人の何人かと顔なじみだったりもして、しばらく前から購読してました。たまに、メルマガに出てくる「今月のお題」で、自分のブログにも記事を書いてみたりもしつつ。

で、なんと今月から僕もEdge Rankで書かせていただくことになりました!
詳しくは編集長の奥野さんにブログで紹介いただいたとおり。

というわけで、ただいまコツコツ執筆中。今回のテーマは「踊る」だそうで、僕は生まれつき踊るのが大の苦手なのですが、なんとも偶然と成り行きで可愛らしいチェコ人の女性と大使館で踊ることになり……、なんてエピソードを今メルマガ用に書いています。

メルマガの登録は、こちらから。

僕が担当する回のメルマガは、7月10日(火)に配信の予定です。
簡単に登録できますので、ぜひー。



by t0maki | 2018-07-06 18:48 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_20371375.jpg
昨日は、和田さん主催の「ミニサイト集中作業日」ということで、会場のYahoo! Lodgeで一日中ひたすらいろいろ書きまくってました。「アーバンアルピニスト」としてと体験記事が2本、釣りの記事5本、と、製品レビューが3本。

体験記事と、製品レビューはすでに書く内容がだいたい頭の中で出来上がってたので形にするだけ。釣りの記事がネタ出しからやらなくちゃだったので、予想以上に時間がかかりましたが。やっぱり、寄稿用の記事は時間がかかる。

というわけで、書いた記事まとめ。


▼アーバンアルピニスト記事2本
【PR】アーバンアルピニスト、飛鳥山から富士登山を目指す!

【PR】アーバンアルピニスト、青山と代官山に登る!


▼釣り記事(寄稿用)5本
・夢の大物!キハダマグロ釣りの魅力について
アマゾンの魚が釣れるタイの釣り堀とは?どんな魚が釣れるの?
魚釣りが上手い人は、金魚すくいも得意なの?
きちんと守っていますか?釣りのマナーについて
コマセを使ったサビキ釣りで気をつけたいこと


▼製品レビュー 3本
完全ワイヤレスイヤホン

充電式USB扇風機

スタンド式ワイヤレス充電器


最近、登らない山登りにハマってて、「アーバンアルピニスト」を名乗ってあちこち行ってます。富士塚とか、山がつく地名とか。いろんなスポットがあって面白いですよ。




by t0maki | 2018-07-01 20:36 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_20350008.jpg
まず取材するお店の候補の中からOKをもらった場所を下見。実際にお客さんとしてお店を訪れて、良いなと思ったら取材の交渉。街を歩いてみて、「あ、ここも良さそう」と思ったお店は、追加で提案。

その後、メールと電話で取材の日時を調整して、当日はインタビューと写真撮影。取材の合間にある程度記事の構成をまとめつつ、全部のお店を取材し終わって、ビールでひとり打ち上げ。実は、この乾杯も取材の一部だったりもするけど、普通に美味しく1パイントのビールを飲み干して、家に帰ってから夜中に写真の選定と記事の執筆。翌日には記事が出来上がってたけど、文章を一晩寝かしてから推敲、校正。寝かせると、自分の文章を客観視できるので、直しやすくなる。

で、初校提出。何度か戻しがあって、お店の方からもコメントをいただき、全部に対応したら校了、と。

この先は、寄稿先のウェブメディアの裁量。僕の仕事はここまで。

一応原稿料もらえるけど、経費は込みなので諸々下見やら取材やらに使ったお金を差し引くと、儲けはほとんど出ていない。むしろ時給に換算したら子供のお駄賃くらいにしかならない。

でも楽しいから全然苦にならない。むしろ、タダでもやると思うよ。

ひとりで取材して、写真撮って、記事書いて。いつもブログ書いてるのと変わらない。ただ違うのは、「ライター」という肩書きと、推敲の量と、掲載許諾書へサインをもらうことと、あとはウェブメディアに載って誰かの役に立つかもしれないっていう期待と満足感かな。

もちろん、こうやって自由にブログに書きたいことを書き流すのも好きだけど、たまには真面目にしっかりがっつり記事を書くのも楽しいぞ、と。


by t0maki | 2018-06-10 23:46 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_18382847.jpg
去年から、うちの会社は「誕生日休暇」っていうのを導入して、誕生日の前後で1日間休暇を取って良い、と。
そんなわけで、今日は有給でのんびり。

できたばかりのTOHOシネマ日比谷に行って、公開したての『レディ・プレイヤー1』を観て、ゆっくり遅めのランチを食べて、今スタバでこれを書いてる、と。

休みの日なんだけど、夜の20時に予定が入ってしまい、急遽カフェで待ち合わせ時間までブログを書こうかな、と。
あと1時間くらい。書きたい記事がたまってるから、どこまで書けるかな。

さてさて。



by t0maki | 2018-04-23 18:43 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_10142867.jpg
銀座で自作の本を出展する「Zine展」に参加したのがちょうど5年前。で、巡り巡って最近は電子書籍の出版が面白くて、何冊かつくって販売しだしたところ。

やってみると結構簡単につくれるので、実際の作り方を実演しながらみんなに伝える勉強会をやります。もちろん、参加無料なので、参加してみたい方はお声がけください。初回分はほぼ満席ですが、やりたい人がいれば2回目以降もやります。


by t0maki | 2018-04-05 10:14 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_21004646.jpg
昔話の「桃太郎」をひたすらいろんな言語で翻訳し続けるっていう遊びをやってみて、それがすごく楽しかったのでその内容をそのまま電子書籍にしてみました。


Kindleで本をつくって売るのって、実は今回が2冊目。前回のやり方とかすっかり忘れてたので、フレッシュな気持ちでつくれましたよ。

最初、Google翻訳の限界ギリギリの100ヶ国語以上でつくったんだけど、さすがにKindleが対応してなくて「言語減らしてね」って言われてしまった。で、両方に対応している27言語でつくってみたのが、今回の本。100ヶ国語の翻訳も、きちんと結果だけは掲載しています。ものすごいシュールな文章になってますよ。

翻訳をするだけならGoogleのツールでサクッとできるんですけど、その後で27ヶ国語それぞれの翻訳の特徴とか、言語の解説なんかを書いてたら、結構時間がかかってたいへんでした。おかげで、いろんな国の言葉の成り立ちやら特徴やらを勉強できて面白かったですよ。

2018年3月9日17:00から、48時間限定で無料キャンペーンやりますんで、よかったらぜひこの期間にゲットしてみてください。書籍を申請するときに、「14日間誰かに貸せる」みたいな設定をしたはずなので、たぶんまわし読みもできるはず。




by t0maki | 2018-03-08 21:03 | アート>もの書き | Comments(0)
c0060143_23095719.jpg
こんな本を買ってみました。記者ハンドブック。新聞記者向けに、ただしい日本語表記をルールブック化したもの。
c0060143_23095820.jpg
記者のバイブルみたいな感じですかね。

紙ってところが良いですね。検索も、コピペもできないけど、なんとなくそこに存在感があるし、暇な時にパラパラとめくっていられる。気も散らないし。言葉を手に載せる感じがまたなんとも。

そんな本です。


by t0maki | 2018-03-04 14:52 | アート>もの書き | Comments(0)

   
Back to Top