ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ライフスタイル>旅( 201 )

c0060143_16525433.jpg

よくもわるくも、ロトルアは観光地な訳で。でも、観光からちょっと外れたところにある、剥き出しありのままの自然とか、文化とか、歴史がすごくかっこいいのな。早朝、普通の住宅街に迷い込んだら、地熱と温泉の湯気と朝霧と硫黄と雲とが入り混じって、なんかすごいことになってた。観光ツアーでは味わうことのできない、ホンモノの迫力を独り占め。

▼すごい光景だ。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ
すごい光景だ。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ


▼向こうにうっすら見える教会を目指すことにした。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ
向こうにうっすら見える教会を目指すことにした。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ


▼すぐそこが、教会の建物。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ
すぐそこが、教会の建物。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ


▼St. Faith's Anglican Church. #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ
St. Faith's Anglican Church. #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ


▼この場所が、どうやら旅の終着点のようだ。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ
この場所が、どうやら旅の終着点のようだ。 #airnzjp #link_nz #rotoruaNZ


ただいま、ニュージーランド航空さんより航空券をいただいて、ニュージーランド ロトルアを旅しています。航空券以外は全部自腹です。「節約するけどケチケチしない」をモットーに、なんとか旅費を切り詰めつつ、使うとこではがっつり使って楽しんでますよ。


by t0maki | 2016-07-06 16:48 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_18083959.jpg

さて、ニュージーランド航空さんにエアチケットをいただいてのひとり旅。ニュージーランドのロトルアという街に来ています。

ノボテル ホテルに泊まったのですが、隣接する会場でホテル客向けにマオリの伝統的な歌や踊りが見られるショーがあるというので、観てきました。ちなみに、ディナーブュッフェ付き。70カナダドルです。

▼本日の夕飯はこちらで、ショーを観ながら。 #airnzjp #link_nz #rotorua #matariki
本日の夕飯はこちらで、ショーを観ながら。 #airnzjp #link_nz #rotorua #matariki


▼この人でるの? #airnzjp #link_nz #rotorua #matariki
この人でるの? #airnzjp #link_nz #rotorua #matariki


▼火山地帯名物、スチーム料理。 #airnzjp #link_nz #rotorua #matariki
火山地帯名物、スチーム料理。 #airnzjp #link_nz #rotorua #matariki


▼温泉の熱で調理するHangi料理。 #airnzjp #link_nz #rotorua
温泉の熱で調理するHangi料理。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼マオリの伝統舞踊を観ながら、食事はブュッフェスタイルです。 #airnzjp #link_nz #matariki #rotorua
マオリの伝統舞踊を観ながら、食事はブュッフェスタイルです。 #airnzjp #link_nz #matariki #rotorua


▼サラダ、スープ、肉、デザート。コーヒーも。ワインは別料金。もちろん呑んださー。 #airnzjp #link_nz #matariki #rotorua
サラダ、スープ、肉、デザート。コーヒーも。ワインは別料金。もちろん呑んださー。 #airnzjp #link_nz #matariki #rotorua


▼配膳してくれているのが、クリスタルさん。バーカウンターにお酒を買いに行ったときにちょっとだけ話をしました。仕事をしながら、レストランの勉強もしてるんだって。僕も、18年ぶりか学生やってるので、親近感。 #airnzjp #link_nz #rotorua
配膳してくれているのが、クリスタルさん。バーカウンターにお酒を買いに行ったときにちょっとだけ話をしました。仕事をしながら、レストランの勉強もしてるんだって。僕も、18年ぶりか学生やってるので、親近感。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼あくまで観光客向けのショーなんだけど、これはこれでエンターテインメントのアトラクションとして面白い。 #airnzjp #link_nz #rotorua
あくまで観光客向けのショーなんだけど、これはこれでエンターテインメントのアトラクションとして面白い。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼ズームできるのは良いですな、カメラ。 #airnzjp #link_nz #rotorua
ズームできるのは良いですな、カメラ。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼こんな感じのショーでした #airnzjp #link_nz #rotorua
こんな感じのショーでした #airnzjp #link_nz #rotorua


▼ギター。 #airnzjp #link_nz #rotorua
ギター。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼手に持ってる紐のついた丸い玉は、ポイって言ったかな?踊りながら回したりして使います。 #airnzjp #link_nz #rotorua
手に持ってる紐のついた丸い玉は、ポイって言ったかな?踊りながら回したりして使います。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼時々この人、曙関に見えることがある。ハワイとマウイは、似てるのかもしれないね。アイヌも。 #airnzjp #link_nz #rotorua
時々この人、曙関に見えることがある。ハワイとマウイは、似てるのかもしれないね。アイヌも。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼約50分弱のショー、堪能しました。 #airnzjp #link_nz #rotorua
約50分弱のショー、堪能しました。 #airnzjp #link_nz #rotorua


▼観客参加のコーナーも。男子は、ハカを踊らされたぞ。なんか、楽しかった。 #airnzjp #link_nz #rotorua
観客参加のコーナーも。男子は、ハカを踊らされたぞ。なんか、楽しかった。 #airnzjp #link_nz #rotorua


これはあくまで観光客向けのショーなので、いまはマオリ族でこのような格好をしてる人はいません。そういった意味だと、例えればこれは日本でいうところのちょんまげ姿の大衆演劇であったり、日光江戸村の忍者ショーに近いものがあるかもしれませんね。

観客参加のコーナーもあり、ショーとしてかなり楽しめましたよ。



by t0maki | 2016-07-06 13:16 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_21102661.jpg

最初に、「遅くなってすみませんでした!!!」
ごめんなさい、ごめんなさい。

あのぉ、寝過ごしました。ホテルにこもってルームサービスのハンバーガー食べながらマジメにプレゼン資料の仕上げをして、少し時間が余ったからシャワーを浴びて出てきたら、キングサイズのベッドが「おいでおいで」をしてるので「しょうがないなぁ、じゃぁ、ちょっとだけだよ」と疲れた目を一瞬だけ休めたら、イベント開始30分過ぎ。

なのにオレは、ホテルのガウンを着たまんま前をポロリとはだけさせ「なにそれ、コント?」みたいなカッコだったのであわてて服を着て、ニュージーランドのホテルと東京の会場をハングアウトで繋いで作品発表のイベントに参加。しかもこちらのホテルのインターネット通信速度がなかなか上がらなくて、画面が粗々のまま。冒頭の写真、ぼかし加工とかしてないですからね。こちらからはこんな風に見えてました。「このプレゼン、きちんと届いてるだろうか?」と心配になりながら、ホテルのデスクの壁に向かってひとりしゃべり続ける、と。でも、伝わったようでよかったよかった。

いやホント、イベントにギリギリ参加できてよかったです。前回の北海道旅行と、今回のニュージーランド旅行も巻き込んで、壮大なスケールでお送りする「ちっぽけでおバカな」作品をここ一カ月くらいつくってたので、ようやく発表できてほっと一息。こんなおバカな作品をつくるために、旅記事を4万文字分総動員してますからね。めちゃめちゃ新作も書きましたよ。全部で58本。旅の思い出。
でもどうしてもイベント当日の日程が調整できず、僕だけ旅先からハングアウトでの参加になっちゃいました。旅がテーマの企画なので、これはこれで。

イベントの詳しい内容は、その企画が記事として公開になったら改めて書きます。そんなわけで、他の参加者さんたちの作品も半分くらい見逃しちゃってるので、あとで記事になってからしっかり読みます。

さてさて、今回のニュージーランド旅行の記事も書いていきますよ。とりあえず目的地のロトルアに着いたとこ。明日から観光。

今回のニュージーランドの旅は、ニュージーランド航空から航空券をご提供いただき航空機を乗り継いで空港から空港へ航空便で一人旅しているので、航空券をニュージーランド航空からご提供いただいた旨をしっかりがっつり明記しつつ、さらに現地で便利な移動中のインターネット通信環境は、グローバルWiFiさんから海外向けモバイルWiFiをご提供いただいて、しっかり便利に使わせていただいておりますということも書きつつ。旅企画はこういうスポンサーさんがいたりしてうれしいです。現地の宿泊&食事&観光等は全部自腹&自由ですけどね。それはそれでいろいろできて良いけれで、あまりに何も決めてないので、明日はたぶん「ひとりミステリーツアー」みたいな感じになりそう。

ではでは。

by t0maki | 2016-07-04 21:37 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_11560438.jpg

というわけで、ニュージーランドに着きました!今回の旅は、ニュージーランド航空さんに航空券をご提供いただき、初めての南半球一人旅。ニュージーランド航空のフライトについてのレビューは後ほどしっかり書くとして、まずはオークランド空港に無事着いたよー、のご報告。で、こっから国内線に乗り継いで、ロトルアに向かいます。

空港の外に出たら、息が真っ白。南半球は季節が逆なので、いまこちらは真冬なのです。キリッと冷えた空気が気持ち良いので、空港の周りを少し散策。
c0060143_12161437.jpg

c0060143_12161525.jpg

歩いてたら結構身体があったまってきて、途中でジャケットを脱ぎました。

最終日に泊まる予定のホテルを外から下見したり。空港の椅子に座ってぼんやりしたり。あ、あとブログを書いたり。

あともう少しで乗り換えの搭乗時間かな。そろそろちょっとお腹が空いてきた。ロトルアに着いたら、ホテルにチェックインして、周りを散策しようかな。

目的地までは、まだあと少し旅程が残ってます。

by t0maki | 2016-07-04 11:44 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_11134347.jpg

98年に大学を卒業した後、宝石デザイン会社の広告部門で写真の仕事をするようになった。フォトショップの使い方とウェブサイトの作り方を覚えたその頃から、生活の中心にパソコンとインターネットがいつもあった。

帰国した後、地元の小さなプロバイダーに就職。インターネットユーザーのカスタマーサポートや、地元のショップや企業のウェブ制作をしつつ、併設のパソコンスクールでインストラクターの仕事もした。
「インターネットはこんなにすごいんですよ」っていう説明をすると、みんな目を輝かせて聞いてくれる。

その後、ウェブ制作がフルタイムの本業となり、趣味のサイト作りも続けつつ、フォトログを始めたり、山ほどつくった待受画像がひっきりなしに雑誌に掲載されたりもして、ますますデジタルとネットの世界に入り込んでいく。

ブログを書くようになって、知識や体験をどんどんネット上にアーカイブ化していくことで、自分の脳みそがネット上の「外部脳」と直結しているかのように感じるようになった。プラグアンドプレイの周辺機器としての、電脳化したオレの脳みその一部。
ネットへのアクセスを失うと、自分の一部を失ったかのように感じる。実際それは比喩ではなく現実である。記憶や自分の体験の一部は、最早ネット上にしか存在しない。それは仮想現実ではなく、そこにしか存在しない現実。

成田空港からオークランド空港への9時間のフライト。ネットが閲覧できず、そこに配信もできない状態で、オフラインの不安と不満を持て余しつつ、そんなことを考えていた。

by t0maki | 2016-07-04 11:10 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_08052423.jpg

空港の雰囲気が好きだ。いろんな国の人たちがそれぞれの目的を持って、出発したり到着したり、この場所を通過する。ここが目的で来る人はあまりいない。あくまで、通り過ぎるだけの場所。

空港が好きすぎて、僕は空港に人を見るためだけに訪れたことがある。ちょうど、航空会社のサイト制作の仕事をしてたことがあったので、その打ち合わせの帰りなど、空港に立ち寄って、そこを通り過ぎる人たちを観察する。そして、それぞれの人たちの服装や会話の断片から、どんな国から来たとか、どこに行こうとしてるのかとか、どんなグループの人たちなのかを妄想する。

ただし今日は、ぼくも「旅人」として空港を通り過ぎるために利用している。目的地を持って、これから出発するために。

「ニュージーランド航空90便、オークランド行きにご搭乗の皆様は、ゲート41に……」

お、あれは僕のフライトだ。ちょっと待って。話をそっから2時間前に巻き戻す。

空港でチェックインして、スーツケースを預けたあとは、搭乗時間までフリータイム。この時間を利用して、以下のリストをこなしてく。

1. 現地通貨への両替
2. 旅行ガイドを購入
3. 海外向けのモバイルWiFiの受け取り
4. 展望デッキで飛行機を眺める
5. 日本で最後の食事
6. ラウンジで休憩&充電&ハイボール

では、順番に

1. 現地通貨への両替

c0060143_20493227.jpg

両替に関しては、手際の良い人はきちんと事前にやるんだと思う。でも、僕は旅の準備に関してはどうしようも無いほどズボラなんだ。スーツケースを引っ張り出してようやくモノを詰め出したのが家を出る2時間くらい前。その時に、旅行のお金が無いことに気づき、近所のコンビニのATMでお金を下ろして、その現金をまるっとそのまま空港で両替。通貨を両替してくれる場所は空港にたくさんあるから、そこで必要な額を両替する、と。今回は、空港内の三井住友銀行の窓口で両替。用紙に名前と、便名、電話番号、日本円の金額を記入して、両替を希望する通貨に丸を付けると、あとは窓口の人が手数料込みの当日のレートで両替してくれる。紙幣の枚数に希望があれば、口頭で伝えることもできるけど、なんとなくいつもお任せで。大きい紙幣だけじゃなく、少額の紙幣も混ぜてもらった方が良いよ。

2. 旅行ガイドを購入

c0060143_20493263.jpg

さっきも書いたように、基本的に僕は旅の準備に関してはかなりズボラだ。なので、ここ最近海外旅行に行くときは、いつも空港内にあるTSUTAYAで旅行ガイドを購入する。だいたいいつも、「地球の歩き方」を買うと決めてる。これはなんとなくもう、旅に出る際のジンクスというか、御守り代りに買うような感じ。あると、なんか安心する。もちろん、ホテルで読んだりもするよ。

3. 海外向けのモバイルWiFiの受け取り

c0060143_20493335.jpg

今回の旅は、LINKトラベラーズという旅行をテーマにしたウェブメディアのお声がけで、ニュージーランド航空からエアチケットをいただき旅をすることになりました。そしてさらに、グローバルWiFiさんからもニュージーランドで使うモバイルWiFiも無料で貸し出していただけることになり、空港で受け取り、と。これはホント嬉しい。旅について書き続けてきて、良かったなーと思います。
当日レンタルの申し込みもできますが、事前に予約がオススメです。どの国に行くか、何日間の旅行かなどをネットで申し込んで、当日空港の窓口で受け取り。現地に着いたら、モバイルWiFiでインターネットが使える、と。便利ですよ。

4. 展望デッキで飛行機を眺める

c0060143_20493389.jpg

飛行機が好きなのでね、空港来たらたいてい展望デッキから給油してるとことか、荷物が運び込まれるとこ、離着陸なんかを眺めます。飽きないですよ。ゴッツイレンズを持ち込んで、写真撮影してる人もいました。望遠レンズでも撮影ができるように、ところどころ金網の途中に大きく開いてるとこがあるのは、空港側の心配りがあって良いですね。

5. 日本で最後の食事

c0060143_20493359.jpg

しばらく(と言っても5日くらいですが)日本を離れるので、最後に日本の食事の食べおさめをしようかな、と。日本人のソウルフードと言えば、ラーメンでしょう。フードコートにあるラーメン花月で、680円の醤油ラーメンをいただきました。海外に長く住んでると、日本食が恋しくなる時があります。大抵の日本食なら、現地の食材で自作したり、海外にある日本食レストランでなんとかなるんですが、「おいしいラーメン」ってのはなかなか海外では食べられない。なので、久しぶりに日本に帰ると「何はともあれ、おいしいラーメン」ってことになるわけです。ラーメンは、本当に日本人のソウルフードだと思います。

6. ラウンジで休憩&充電&ハイボール

c0060143_20493321.jpg

で、空港でのアクティビティが一通り終わったら、クレジットカード会社のラウンジで時間になるまで休憩、と。僕がゴールドカードを持ってるのは、空港でこのラウンジが使えるからっていう理由だけ。入場する際に、ゴールドカードを提示して、登場する航空会社を伝えます。その際に、ハイボールかビールを一杯だけ無料で頼むことができるので、希望する人はオーダーすると、席まで届けてもらえます。ラウンジには、ソフトドリンクと、コーヒーマシンもあり、飲み放題。僕は、ハイボールをいただきながら、これまた無料の柿の種をポリポリかじりながら、さっき買った旅行ガイドを眺めつつ、カメラのバッテリーやスマホを充電、と。

搭乗時間まであと30分くらいのところで、余裕を持って出発ゲートへ。飛行機の写真を撮ったり、出発前にブログを書いたりしながら、搭乗開始を待つ、と。

「ニュージーランド航空90便、オークランド行きにご搭乗の皆様は、ゲート41に……」

じゃ、行ってきます。





by t0maki | 2016-07-03 20:22 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_15292957.jpg

ひゃー、あっついね。

というわけで、空港に向かう電車の中。いよいよ、旅路ですよ。真夏の東京からぐるり赤道を越え、真冬のニュージーランドへ向かいます。ニュージーランド航空さんから、エアチケットをご提供いただいたのでね。しっかりブログリポートも書きますよ。

今朝、ドババババと冬服を引っ張り出して、スーツケースに突っ込んでパッキング完了。あとは、パソコンと、スマホと、画材っぽいものと、アート企画用の豆粒彫刻など、機内持ち込みで。

パスポートと航空券、現金があればなんとか旅は成立する。ところが、肝心のお金が無いことに気づいた。とりあえず、銀行に行って、自分の口座を空にする勢いで、なけなしの10万円を下ろしてきました。これが、今回の旅行資金。旅行中のエアチケット以外の交通費や宿泊費、食事やアクティビティ、お土産も全部これで収めたい。けど、ケチケチしすぎる旅もつまらないので、そこは調整しつつ。

ということで、今回の旅は、ニュージーランドの旅を満喫しつつ、節約しつつもケチケチしないで楽しむ、と。そんな旅行にしたいと思います。結構難しいか?

さて、そろそろ空港に着きそう。

まずは旅行記一本目、と。


by t0maki | 2016-07-03 15:16 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_14364941.jpg

明日から南半球に行くんだが、今んとこパッキングはまだしてない。とりあえず、冬服を引っ張り出してみたとこ。寒いんかね?寒いんだろうね。楽しみ。

とりあえず、 パスポートとEチケットは確認した。今、出発ターミナルと、空港への時刻表を調べた。

なんか、いろいろ持ってくものがあるような気もするけど、特になにも無くてもなんとかなるとも思ったり。

旅に携行する、豆粒サイズの陶芸彫刻作品はしっかりつくったよ。アート企画。

とりあえず、明日の朝は別件の製品レビューの仕込みをして、帰国2日後に迫ってる工作ワークショップの準備も目処をつけてから。旅行中に書き物と、作品発表会と、あとなんだ?あ、絵を描く。そう、久しぶりにアート三昧な一人旅にしたくて。描くためのものを持ってく。鉛筆と雑記帳で十分だが。

さてさて。

by t0maki | 2016-07-03 00:19 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_23511572.jpg

本日、7月1日はカナダの日というということでね、カナダの建国記念日らしいですよ。

ということで、新品交換したてのiPhoneの壁紙を、カナダのホワイトホースに行った時に撮影したオーロラの写真にしてみましたよ、と。
c0060143_23511514.jpg

本当は、今日開催しているカナダのイベントにも行きたかったですが、金曜の夜は大学で授業を受けてるので。今日もしっかり、英語で小説を書く講義を受けてきました。

どうでしょう?ブログ執筆の腕も、上がったでしょうか?

でも、授業は英語ですからね。上がってるとしたら、英語の執筆力?

How can I forget. That was the first time I saw the northern light. The temperature just hit below 30℃. It took a tremendous effort to keep my eyes open because not only I was very tired from my 13 hours of flight but also both of my eye lashes were frozen and stuck together. I was looking at the subtle flow of lights on the sky. I wished I had a photographic memory. It was the moment I'd like to remember for the rest of my life.

そんな感じの、オーロラ体験でした。



by t0maki | 2016-07-01 23:32 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_01140612.jpg

北海道を訪れる度に、僕はなんだか良く分からない力によって「人生の岐路」に立たされてしまう。なんだろね、この現象は。北海道に行くことで、自分の原点に立ち返り、人生の軌道修正をする感じ。

僕は、3歳の頃まで北海道に住んでいた。親父が北海道の人間だったから。
すぐに神奈川に引っ越し、その後ずっと埼玉でまるっと10代までを過ごすわけだが、実は本籍地がずっと北海道にあった。僕の最初の記憶も、北海道から始まってる。いわば、自分のルーツがそこにある、と。

留学直前の夏休み、北海道を訪れた。そこで幼馴染みと忘れられない再開を果たす。で、そっから僕はアメリカに行くわけだ。まさに、人生の分かれ道だった瞬間。

c0060143_01140615.jpg

次に訪れたのは、2012年4月。ニッカウヰスキーの余市蒸留所に行って、ウイスキーづくりを体験した。で、樽詰めをした日がたまたま僕の誕生日で、そのウイスキーがその場所で10年間熟成された後に家に届けられるってことで、その先10年間の自分の人生を思い浮かべてたら、あっさり転職を決意。

あれから4年ちょっと経って、再び僕は北海道を訪れた。Esinクリエイティブワークショップに共に参加した仲間と現地で落ち合って、北海道旅行。余市にも再訪した。この4年間、僕は変わっただろうか?

変わったと言えばスゲー変わったし、でも本質的なところは全然変わってない。相変わらず全力で走りながら変わり続けてるって点では以前と全然変わってないんだと思う。ブログを書いている。ブログを書き続けることで、インプットとアウトプットのバランスをとり、かつ自分の世界を押し広げようとしている。オーロラを見て、船舶免許を取って、走るのを再開し、マスターズ陸上でメダルも取った。久しぶりに学生をやり、クリエイティブ・ライティングを英語で学び、次は通訳案内士の資格を目指す。

c0060143_01140676.jpg

そう、Esinだ。あのクリエィテイブワークショップへの参加が、自分の中での大きなマイルストーン。Tomatoの講師によるワークショップ自体も素晴らしかったが、そこに参加できたことが自分にとって大きな自信になった。クリエイティブであることに迷いが無くなった。

その、Esinの仲間と訪れる北海道。再び、自分のルーツに触れた旅。
三人が三人とも、人生の岐路に立っていて、次の動きを模索しているタイミング。僕らはあの旅でたくさん語ったし、語らなかったこともいつの間にか共有できてたし、旅が終わった後もつながっている。

「確認」の旅だったのかな。自分らがどこにいて、どこに行こうとしているのか。見えない未来に不安を抱きつつも、進み続けるしかないこと。

うん。そんな旅だった気がする。

by t0maki | 2016-06-28 01:27 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)

   
Back to Top