ブログトップ | ログイン
カテゴリ:イベント・スポット( 251 )

c0060143_17102772.jpg
意外と初心者でも簡単に操縦できるものなんですね。ドローンの操縦体験ができるDJI認定ストア日本橋主催のイベント「DJI New Pilot Experience」に参加してきました。会場は、3331 Arts Chiyodaの体育館。

c0060143_17154280.jpg
まずは、簡単に座学から。ドローンの基礎知識や、飛ばすためのルール、各ドローンの機能や、取り扱いの注意点などについて講習を受けます。

c0060143_17154334.jpg
操作自体は、すごく簡単。コントローラで基本的な指示を出すと、細かい調整はドローンの方でやってくれる感じ。ラジコンを操作してるというよりは、テレビゲームの操作感に近いかも。静止させたいところで、きちんと静止してくれる。しっかり水平を保って、スムーズな移動。

c0060143_17154571.jpg
フライトのデモンストレーション。移動する物体を自動で追尾するアクショントラッキングモードや、手の動きでドローンを操縦するジェスチャーコントロールも見せてもらいました。すごいね。

c0060143_17154743.jpg
コントローラ。こちらの機種は、スマホをモニターとして使用しています。

c0060143_17154940.jpg
さっそくみんなで、操縦体験。僕も生まれて初めての操縦でしたが、意外とスムーズにコントロールできた。これは楽しい。

c0060143_17205897.jpg
DJI Mavic Pro

c0060143_17210071.jpg
すごく安定してます。

c0060143_17210103.jpg
こちらは、DJI Mavic Air。高機能で価格もリーズナブル。コンパクトに折りたたむこともできて、旅にぴったり。

c0060143_17210261.jpg
実際に操縦してみて、「買うならこれかなぁ」って思いました。これは、欲しくなる。

c0060143_17210414.jpg
こちらは、デモンストレーションとして。Phantom 4 Proです。サイズは一回り大きく、プロペラも大きいですね。

c0060143_17252210.jpg
コントローラも、だいぶ大きい。モニターは、スマホではなくコントローラに付属のもの。

というわけで、初めてのドローン体験でしたが、いよいよ家庭用に買っても良いかな、と思いました。僕が欲しいと思ったMavic Airは、本体だけなら10万くらい。アクセサリーなどをひと通り付けたセットが、13万程度。その他に、スマホなども必要ですが。これで、4Kの映像が撮影できる、と。折りたたむのかなりコンパクトに収納できるので、本当に旅先での撮影に最適だと思いました。

これは本気で、お金を貯めて購入を検討しようかな。

DJI認定ストア日本橋では、定期的にこういった操縦体験のイベントを開催してるそうです。次回は5月に開催予定。



by t0maki | 2018-04-15 17:07 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_08472747.jpg
行きの電車の乗り換えで上野駅ですごく気持ちの良い音楽が流れてて、見渡したら弦楽器を持った人が演奏してた。今日開催される音楽祭のリハーサルだそうだ。

その時は時間がなくてすぐに移動してしまったけど、パンフレットをもらったら本日3回公演があるってことで、最後の回を聴きに行きました。
c0060143_08472993.jpg
「東京・春・音楽祭」という名の、誰でも立ち寄れる無料のコンサート。

c0060143_08473201.jpg

c0060143_08473551.jpg

c0060143_08474728.jpg

 弦楽器四重奏で、モーツァルトの「春」など、季節とテーマにあった選曲。最後のシメの曲は、葉加瀬太郎さん作曲の情熱大陸のテーマ。こうしてじっくり聴いてみると、なんだかヒーローアニメのオープニングテーマにも聞こえるね。なんか、歌詞をつけたくなる。

周りの雑踏の音とか、子供のぐずる声とかありつつ、そういう普通の音の中にクラッシックの調和のとれた美しい旋律が流れると、その対比にクラクラしてくる。音楽ってすごい。



by t0maki | 2018-04-09 08:46 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_22392652.jpg

TechShopで開催された高知県主催のものづくりハッカソンイベントに参加したときに、一緒のチームだった方が「モチベーション・メーカー」という子供向けの教育に取り組むNPO法人の方で、「ホームページづくりのキッズ向けワークショップをやるので、協力してくれるWEBデザイナーさんいませんかー?」という呼びかけに「はいはーい」というノリで参加してきましたです。

会場は、Yahoo! Japanのコワーキングスペース、Lodge。
ワークショップの内容は、「インターネット」について学びながら、自分が興味を持っているものを考え、ホームページのアイデアをカタチにしていきます。Yahoo!社員さんのトークがあったり、「好きなもの」を発表していくエクササイズがあったり。
僕の役目は、会場でリアルタイムにホームページをつくってく様子を実演するっていうもの。最近あんまりコーディングとかやらないので、自分のサイトで使っているテンプレートをある程度カスタマイズして準備しておきました。

本来、Webサイトづくりは企画から設計、デザイン、オーサリングなど、ある程度時間がかかるもの。それを、ライブ制作でいっきにつくるっていう。写真撮って、記事書いて、コーディングして。それを全部同時にやって、更新しながら。楽しかったですよ。

c0060143_22392828.jpg
c0060143_22392945.jpg
c0060143_22393217.jpg
c0060143_22393440.jpg
c0060143_22401235.jpg
c0060143_22401429.jpg
c0060143_22401716.jpg
c0060143_22403732.jpg
c0060143_22404090.jpg
ワークショップの雰囲気も良いし、スタッフも参加者もみんなマジメで一生懸命で、すごく良い会だなと思いました。
僕も普段たまにキッズ向けの工作ワークショップなどをしているので、共感できる部分もたくさんあり、お手伝いを続けたいなと思いました。

実はすでに、この後2回ほどワークショップがあって、ボランティアスタッフとして参加済み。その記事は、また後で書きます。

1998年からWeb制作の現場で仕事をしてきて、もう今年で20年。最初はフォトグラファーと、画像編集。その後、デザインやコーディングもひととおりやるようになって、ディレクター、プロデューサ的な仕事も担当しつつ、最近はデジタルマーケティングの代理店で制作管理を担当しています。現場で手を動かすことは減りましたが、今後も趣味の方ではいろいろ自分でつくっていきたいと思っています。

当日つくったサイトはこちら。僕の、旅をテーマにしたミニサイトと同じテンプレートを使っています。
http://mochiage.com/


by t0maki | 2018-03-31 15:42 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_20051346.jpg
昨年、オーストリアのダーヴィド・グロス監督による食品ロスをテーマにしたドキュメンタリー映画『0円キッチン』を観てから、食について興味がわき、自分でもいろいろ調べてみたりなどしつつ、ドイツの子供たちが食べていた虫(ジャイアントミルワーム)を実際に僕も食べてみたりなど、個人的にも気になっていたので、「食品ロス もったいないフェスタ」に行ってみました。

c0060143_20051578.jpg
会場は、国際文化フォーラム。自治体や企業、団体など、いろいろなブースが出展されていました。

c0060143_20051715.jpg
コープデリのとりくみ。見た目は悪くても、味や品質に問題ないものは、捨てずにきちんと食べましょう。

c0060143_20051981.jpg
山崎パンのとりくみ。製造過程で出てくるパンの耳なども、きちんとすべて活用しています。

c0060143_20052042.jpg
トークセッションの様子。

c0060143_20054085.jpg
おうち料理研究家の、みきママ(藤原美樹)さん。

c0060143_20054202.jpg
と、こんなところにゆるキャラ!台東区のキャラクターですね。

午前中には、小池知事もいらっしゃってたらしいですよ。
ぐるっとブースを見て帰っただけなので、僕はなんとなく雰囲気を味わってきただけですが。

食品ロスって、難しい問題ですよね。「もったいない」という気持ちはすごくよくわかる。でも、効率化のなかで利益を生まないものは捨てられてしまったりもして。あるいは、健康被害を防ぐため、とか。あとは単純に、ご飯の量が多すぎて残す人もいるしね。例えば、森の中に果物の木がなってたとして、それが収穫されずにそのまま地面に落ちて土にかえったとしたら、それは食品ロスと言うの?みたいなこととか。

引き続き、食品ロスについてはいろいろ学びつつ、考えてみたりしつつ、ウォッチしていきたいと思います。

あ、ちなみにジャイアント・ミルウォームは普通に食べられますよ。他にも、蟻の幼虫とかコオロギ昆虫系とか、いろいろ食べてみましたけど、普通におつまみ的な感覚でポリポリ食べられます。素揚げすると、えびの尻尾みたいな感じで。昆虫の足とか、歯の間に挟まるので気をつけつつ。

食って、面白い。さすがに最初は「虫を食べるなんて……」と、抵抗があったのですが、実際に調理してみると、「食材」って認識されるようになるんですよね。いきなり虫のまま料理として出されると「うえぇっ」ってなるけど、料理をする過程をきちんと体験すると、それが食べ物として認識できるようになる。なんとも不思議な体験でしたよ。


「食品ロスもったいないフェスタ」
日時: 3月21日(水曜)春分の日 10時00分~16時00分
場所: 東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3丁目5-1)



by t0maki | 2018-03-31 14:43 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_10542345.jpg
2010頃から「ブロガー」としていろんな企画やイベントに参加して記事を書くようになって、中でも一番お世話になっているのが、AMNことアジャイルメディア・ネットーワークの皆さん。今回、東京証券取引所マザーズ市場へ株式を新規上場したってことで、そのお祝いパーティ的な「AMN感謝祭」に参加してきましたよ。

記念すべきお祝いの席ということで、ブロガー界の重鎮的な大御所的な年齢層高めな人たちもいる中、気づけば僕もそういう年代じゃん、みたいな。歴史を刻むってことは、みんな年を取ってくってことで、それはそれでブロガーとしても人としても熟成してくってことで、そもそもブログってレガシーなの?みたいなのも含めて、なにやら節目的な集まりでした。鏡開きの日本酒うまかった。
c0060143_10542419.jpg
めでたい、鏡開き。そこらの記者会見より、みなさん真剣に撮影。してるところを後ろから僕も真剣に撮影。

c0060143_10542602.jpg
会場の真ん中あたりに、イタリアンマフィアの方々専用の席が用意してありました(ウソです)。
スピーチをしているのは、トップの写真にも移ってる、CEOの上田さん。

c0060143_10542725.jpg
祝いの席ということで、スタッフのみなさんはやっぱり正装でした。正装?
いつもパワフルに活動している、増田さん。

c0060143_10542805.jpg
ご自分でも会社を持ってらっしゃる、ワッキーさんこと脇村さん。

c0060143_10553019.jpg
乾杯の音頭は、ブロガーの堀さん。鏡開きでは動画で自撮りしながら、カメラ片手に、木槌を振りかぶってました。

c0060143_10553170.jpg
社長、副社長。そして、なぜかOdaijiさんが店長みたくお酒をふるまってて、樽を囲んでみんなで楽しく飲みました。

c0060143_10553239.jpg
木の香りがする。美味かったですよ。「飲みやすい」っていう表現はダメ?じゃ、すっきりと甘い香りで、水辺にたった和装の貴婦人のようなお味でございました。です。

c0060143_10553484.jpg
徳力さん。一時期AMNの社長も務めつつ、書かないブロガーを自称しつついろんなところに寄稿して、なにやらしがらみを背負ったり火中の栗を拾ってみたり、それを飄々とやってのける不思議な人です。

c0060143_10553519.jpg
というわけで、上場おめでとうございます。そういえば、僕も前職の会社が上場したときに会社にいましたが、なんか淡々と発表があったくらいであまり記憶に残ってない。

ここまで皆さんに愛されて祝福されるってのは、うらやましいなぁ、と。応援してくれるファンがこんなにたくさんいる会社だからこそ、アンバサダー・マーケティングのサービス提供をしっかりと実現できて、業界を牽引できているわけだし、ここを起点にいろんなきっかけや繋がりが生まれているんだな、と感じました。その場に一緒にいることができて、本当に幸せ。

これからも、宜しくお願いします。









by t0maki | 2018-03-31 13:46 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_23024285.jpg
テクノロジーとクリエイティブを合わせた、現代版「できるかな」みたいなワークショップ/勉強会をしようかなと思って、イベントを立ち上げました。定員10人で、まずは知り合いだけに声をかけて。

今回のテーマは、「電子書籍」と「機械翻訳」。

先日、『桃太郎』や『竹取物語』を機械翻訳で自動的に100以上の言語に翻訳して、それをKindle本にして販売するというのを思いつきでやってみました。これが結構楽しかったので、そのやり方をみなさんとシェアしつつ、テーマについて楽しく遊びながら学べればと思っています。

【こんな人におすすめ】
・いつかKindle本をつくってみたい。もしくは既につくろうとしてる
・テクノロジーを活用したものづくりに興味ある
・珍妙な機械翻訳につっこみをいれたい
・一度コピペするだけで100言語に自動翻訳する仕組みに興味ある
・なんかよくわからないけど面白そう

反対に、「Kindle本をゴリゴリつくって儲けたい!」って人には、あまり向かない内容です。あと、「もうすでにがっつりつくってるよ!」って人には物足りないかも。

テクノロジーとクリエイティブを組み合わせて、いろいろみんなで学んだり、なにか一緒に面白いものをつくってみましょう。来場してくれた方には、僕が書籍を作るときに実際に使った、コピペで一気に100言語に翻訳してくれる、自作のGoogle Spreadsheetをプレゼント!(欲しい人がいればね)





※「できるかな」は、80年代にNHK教育テレビで放送されてた子供向けの工作番組。僕らの年代は知ってると思うけど、若い人たちは知らないよなぁ。





by t0maki | 2018-03-28 23:05 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_23250094.jpg

今年も行ってきました!ボートショー。ヤマハさんにお声がけいただいたので、有給使って初日のオープン前からブースの見学。プレス向けの説明会にも参加させていただきました。
c0060143_23253474.jpg
c0060143_23253072.jpg
会場は2ヶ所あって、パシフィコ横浜が屋内展示で、もうひとつの横浜ベイサイドマリーナは水上に浮かんだ状態で展示。

パシフィコ横浜の会場には、「こんなでっかいボート、いったいどうやって搬入したの?」っていう、大迫力のボートが並んでましたよ。あちこち見学してたら、一般参加者たちの入場時間になって、その流れで開会式、と。
c0060143_23255182.jpg
c0060143_23255829.jpg
日本マリン事業協会 会長の柳さんの挨拶と、国土交通省の方のスピーチ。そしてテープカット。ミス日本「海の日」2017の三上さんと、同じく2018の山田さんもいらっしゃってて、そのままみんなで一緒にぐるり会場を見学する様子を、僕も横から見学、と。
c0060143_23261710.jpg
ヤマハさんのブースで、フィッシングボートを覗いたりしつつ、「こんなボートで釣りができたら楽しいだろうなぁ」とか思いつつ。昨年ボートショーに来たときは、まだ海釣りもなにもまったくの未経験だったけど、ご縁があってその後2回ほどボートで釣りを楽しむ機会があって、「よし、またボートをレンタルして釣りしに行こう」って思ったり。

今回のボートショーで発表となる、6月発売予定のごっついプレミアムヨットがもうひとつの会場の横浜ベイサイドマリーナに係留展示されてるって聞いたので、無料のシャトルバスに乗って行ってみました。あいにくの雨だったけど、船内を見学する分にはなにも問題なく。キッチンやテレビ、ベッドやトイレもある豪華な船内に「ここで普通に暮らせるよな」とか思った。めちゃめちゃ豪華。「うっかり自分のお小遣いで買えたりしないかなー」とか、まぁ無理でしょうけど。中を覗けただけでも、いっか。
c0060143_23263621.jpg
c0060143_23273940.jpg
ちなみに、こちらのプレミアムヨットは、「EXULT 43」といいまして、全長14.84m、幅4.44m。VOLVO PENTA IPS500のエンジンを3基積んでいて、ジョイスティックで360度回転できたり、GPSを使って船の位置と方向を自動でコントロールできたりなど、かなりいろいろすごいことになってます。で、気になるお値段、メーカー希望小売価格がなんと「149,364,600円」ということで、まぁ、そのくらいはしますわな。誰か、買わない?買ったら、ちょっと乗せて。

欲しいなぁとは思うんですよ。ボート。

なんとなく妄想してるのは、どっかに無人島かなんかを手に入れて、そこを拠点にしてボートでクルージングや釣りを思う存分楽しみたい。でもまぁ、今すぐボートを買うのはハードル高いので、とりあえずは好きな時にマリーナでボートを予約して、レンタルで操船するだけでも十分楽しいですよ。

2級小型船舶操縦士の免許は、意外と簡単に取れますよ。
で、ヤマハさんのSea-Style(シースタイル)の会員になると、レンタルボートを利用できるようになる、と。去年も、花見とか海釣りとかプチセレブパーティ的な遊びとか、何度かボートを借りて乗りました。ボートの種類によっては、意外とリーズナブルに借りることができますよ。例えば、6人乗りのボートで平日3時間だったら、1万円前後でレンタルできるものも。プラス、ガソリン代。前回僕が借りて乗ったときは、3時間ほぼずっと乗って、ガソリン代は6000円くらいでした。ここらへん、ボートの種類によっても違いますが。Sea-Styleの会費は、月額3,240円。ボートを自分で購入すると、維持費もかかるし、マリーナに預けるだけでも毎月お金がかかることを考えたら、全然レンタルでよいんじゃないかとも思います。まぁでも、さすがに「EXULT 43」みたいな船はレンタルできないですけどね。

「ジャパンインターナショナルボートショー2018」は、パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナにて、3月11日(日)まで開催。







by t0maki | 2018-03-08 23:27 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_09201732.jpg

お茶の飲み比べ、意外と難しい。


浅草にある「まるごとにっぽん」に立ち寄ったら「浜松フェア」というものをやってて、そのイベント企画のひとつである「茶歌舞伎体験」をしてきた。お茶の匂いを嗅いだ後、飲み比べをして当てる遊び。


以前にも、確か綾鷹のイベントでやったことがある。花・鳥・風・月・客というラベルがついた5種類のお茶の葉が良いされていて、まずはその匂いを嗅いで特徴をメモ。で、出されたお茶がどれかを当てるという。今回は、その簡易版なので花・鳥・風の3種類。


c0060143_09201933.jpg

c0060143_09202075.jpg

c0060143_09202266.jpg

惜しいとこまで行ったけど、はずしたー。どのお茶も、美味しいんだもの。

と、途中でゆるキャラの家康くんが来てくれた。もちろん、前にも会ったことがある。あの時は、「大人のスポーツテスト」っていうイベントで、家康くんは他のゆるキャラたちと一緒に本気の反復横跳びをしてた。それは、なかなかにシュールな光景だった。


by t0maki | 2018-02-17 09:19 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_22455970.jpg
幼稚園がお寺だったので、本堂でのお泊り会とかあったりして、小さい頃はお寺が身近な存在だった。でもいつからか、だんだんお寺から離れていってしまい、観光などで外から眺めるだけになってしまってた。

お寺というと、お葬式とか、お墓のイメージ。つまり、「死」に近い場所だと思っていたけど、実はそれだけではなく、地域のコミュニティの中心にあるべきものなのだな、と。いろいろなことを学ぶための場所。

今回、TABICAの撮影で、エキストラのような形で高応寺を訪れて、ご住職の酒井菜法さんからいろいろお話を伺いました。マルシェやヨガなど、さまざまな活動をされていて、お寺のイメージが一気に吹き飛びました。外国人も学びに来るそうです。

ゆっくりと歩きながら、マインドフルネスの実践をしました。座禅の考え方でもある、調身・調息・調心の手法を取り入れつつ、ありのままの自分を見つめる時間。無駄なものをそぎ落としつつ、集中していく。

短い間でしたけど、とても豊かな時間を過ごすことができました。
またぜひ、お伺いしたいと思います。



by t0maki | 2018-02-13 23:22 | イベント・スポット | Comments(0)
c0060143_13343457.jpg

チェコ共和国大使館の映写室で、ドキュメンタリー映画を観てきました。チェコセンター東京のイベント。監督も来日してトークセッションも。チェコ人と日本人を両親に持つ、Haruna Honcoopさんの作品を二本上映。

c0060143_13343603.jpg
c0060143_13343871.jpg
c0060143_13344085.jpg
c0060143_13344257.jpg
なんとも不思議な雰囲気の映像作品だった。いろいろな種類の細かい映像をつなぎ合わせながら、パッチワークのような、スクラップブッキングのような映像にまとめてある。どちらかというと、感覚的なアート作品に近い気がする。すぐ後ろのおじさんのイビキが気になりつつ、共産圏の廃墟建築の映像はかなりリアルで生々しい。

昨年僕が観た映画にも出演してたとの事なので、もう一度Netflixで見返してみる。


by t0maki | 2018-01-20 13:33 | イベント・スポット | Comments(0)

   
Back to Top