ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ブロガーイベント( 445 )

c0060143_13322744.jpg

試し書きをしてみたんですけど、これは良いわー。発売日に即購入しましたよ。

まず前段の話として、ぺんてる社製の「サインペン」は、1963年に発売された水性マーカー。アクリル繊維を用いたペン先で、サインを書くのにぴったり。アメリカの第36代ジョンソン大統領が24ダースを大人買いしたり、宇宙空間でも書けるペンとしてジェミニ計画で宇宙飛行士が使ったりなどの逸話を持つ、50年以上売れ続けているロングセラーのペンです。
c0060143_13322785.jpg

c0060143_13322885.jpg

で、今回発売される「ペンジャケット」は、このサインペンを販売するぺんてるさんと、文具専門店の伊東屋さんがコラボして、ユーザー目線でこだわりぬいてつくったペンのアタッチメント。「ぺんてるサインペン」以外にも、調整リング(別売り300円・税別)を交換することで、ぺんてるの「ボールぺんてる」や「プラマン」にも対応可能。

使い方としては、このペンジャケットの中に、すっぽり「ぺんてるサインペン」を入れると、見た目ががらりと変わってオシャレで高級感あるプレミアムなペンに早変わりする、ということ。つまり、通常のペンをまるっとそのままリフィルがわり使う感じです。考え方としては、鉛筆ホルダーにも似てるかな。サインペンのインクが無くなったら、また新しいサインペンを購入して、このペンジャケットに入れればまたずっと使えます。
c0060143_13322941.jpg

c0060143_13322944.jpg

「ぺんてるサインペン」、「ボールぺんてる」、「プラマン」は、ぺんてるを代表する文具です。これらのペンを昔から愛用している人も多いのではないでしょうか?ただやっぱり、事務用文具なので、安価に手に入れられるのは良いのですが、持った感じがやっぱりちょっと軽いのと、やり手のビジネスマンがパリッとしたスーツの内ポケットから颯爽と取り出すには、やっぱりちと物足りない。そこでこの、ペンジャケットなワケです。
c0060143_13323077.jpg

持った感じのペン軸の適度の太さとか、金属の手触り、そして適度な存在感。このペンジャケットを装着することで、一気にプレミアムな筆記具に返信するわけですよ。
サインペンの良質な書き味そのままに、持ちやすさと適度な重さが加わって、ものすごく書きやすい。めっちゃ感動ですよ。
c0060143_13323168.jpg

c0060143_13323246.jpg

9月12日の夜に、銀座・伊東屋「G.Itoya」にて、この新製品発表会がありました。構造も長さもまるで異なる3本のペン。その全てに合うように、かつ筆記具としてのクオリティを保ちつつ、なおかつデザインにも妥協せずに開発するということ。その苦労のエピソードを伺って、ますますこの製品が気に入りました。キャップの機密性でインクの蒸発を抑制する「エアタイト」についてや、書くときにインクが出やすくする「空気穴」など、文具好きにはたまらない情報がぞくぞく。ペンジャケットの先から覗くプラマンの緑色のこだわりとか、材質や重心へのこだわりなど、懇親会でも開発者さんからいろんなお話を聞けて満足。多分、今の時代にジョンソン大統領がいたら、このペンジャケットを大量買いするんじゃないかな、なんて思いつつ。

イベント翌日、9月13日の発売日にさっそく購入。とりあえず、「プラマン」が入っている状態の「ITOYA110 ペンジャケット for プラマン(プラスチック万年筆)」(5000円税別)を購入し、追加で「ぺんてるサインペン」と「ボールぺんてる」の専用調整リング計2個(各300円税別)も購入しました。このペンジャケットは「ぺんてるサインペン」、「ボールぺんてる」、「プラマン」の三種類のペンに対応しているのですが、ペンの長さや構造がそれぞれ異なるため、違う種類のペンを入れようと思うと、専用の調整リングが必要なのです。つまり、調整リングが合計3つあると、3種類のどのペンにも対応できる、と。もともと、ペンジャケットを購入すると1個は付属しているので、追加で違う種類のを2個買った、というわけ。ちなみに、リフィル用に「ぺんてるサインペン」と「ボールぺんてる」も一本ずつ購入したので、合計金額は税込6,264円となりました。この書き味と、高級感のある見た目で、しかも中身をまるっと入れ替えることもできると考えたら、この金額はお手頃だと思います。

まずは、銀座・伊東屋「G.Itoya」にて9月13日に先行発売し、その後伊東屋全店で販売していく予定とのこと。今すぐ欲しい方は、銀座の伊東屋へ。各店舗での販売のタイミングについては、伊東屋さんに問い合わせてみてください。

この書き味と見た目の変化、感動しますよ。


■製品ラインナップ
ITOYA110 ペンジャケット for サインペン (税別5,000円)
ITOYA110 ペンジャケット for ボールぺんてる (税別5,000円)
ITOYA110 ペンジャケット for プラマン (税別5,000円)
ITOYA110 ペンジャケット 調整リング (全3種類・各税別300円)


▼関連リンク
ぺんてる
http://www.pentel.co.jp/

伊東屋
http://www.ito-ya.co.jp/

by t0maki | 2016-09-13 13:28 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_21170968.jpg

丸亀製麺試食部の部活動(?)として、神保町の丸亀製麺で開催された「秋の新商品試食会」に参加してきましたよ。9月14日発売の期間限定メニューを一足早く食べられるとのことで、期待で胸を膨らませつつ、お腹は空かせつつ、参加してきました。

というわけで、新メニューはこちらの「牛すき釜玉」です!
c0060143_21171085.jpg

並盛りがなんと税込640円。うどんの量250gに対して、すき焼き肉の量が120gも入ってます。卵をほぐして、肉とうどんに絡ませながら口に運ぶ。肉汁とその甘みが口に広がってそりゃあ至福ですわな。間違いない。


▼本日はこちらへ
さて。


▼卵が良い感じ
卵が良い感じ。 #史上最幸肉量 #牛すき釜玉 #丸亀製麺 #丸亀試食部 #stkg


▼お肉はその場で焼いてくれた。手際いいなー。
お肉はその場で焼いてくれた。手際いいなー。 #史上最幸肉量 #牛すき釜玉 #丸亀製麺 #丸亀試食部 #牛すき二度うま


▼ネギは好きな量だけ入れ放題な
ネギは好きな量だけ入れ放題。 #史上最幸肉量 #牛すき釜玉 #丸亀製麺 #丸亀試食部 #牛すき二度うま


▼うどんはもちろんその場で茹でたて
うどん! #史上最幸肉量 #牛すき釜玉 #丸亀製麺 #丸亀試食部 #牛すき二度うま

前回の試食会に参加した時も思ったんだけど、イベントの時に厨房に立つスタッフさんって、発売前のメニューにもかかわらずすごく手際がいい。かつ、写真撮影のポイントでうまく商品を見せてくれたり、すごいなー、と。

今回、ちょっとした裏技として、追加で白ご飯(税込130円)をオーダーして、そこにすき焼きと卵の汁をぶっかけるっていう食べ方を教えてくれました。で、この食べ方にみんなで名前をつけることになり、選ばれたのは「すき焼き二度うま」。わかりやすくて良いと思います。さっそくハッシュタグに使ってみました。僕は、「STKG」を提案したんだけど、ちょいマニアックすぎたっぽい。ちなみに、「すき焼き卵かけご飯」の略な。わかりにくい?

というわけで、特製七味もお土産にいただき、お腹いっぱい胸いっぱいの試食会イベント、お招きいただきありがとうございました。また今度、普通に家族でも行きます!

というわけで、丸亀製麺の期間限定新メニュー「牛すき釜玉」は、9月14日から。



by t0maki | 2016-09-08 21:07 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_13352883.jpg

LINE社が開催した「LINEモバイルブロガーイベント」に参加して、ちゃっかり一足早く「LINEモバイル」に申し込んできちゃいました。イベント会場限定の先行申込です。

▼LINEモバイル株式会社 代表取締役社長 嘉戸彩乃さん。
LINEモバイル株式会社 代表取締役社長 嘉戸彩乃さん。


▼LINEモバイルのイベント会場。 #lineモバイル
LINEモバイルのイベント会場。 #lineモバイル


▼LINEモバイルチームのみなさん。 #lineモバイル
LINEモバイルチームのみなさん。 #lineモバイル


今年の3月に、LINE社が「MVNO(仮想移動体通信事業者)」事業に参入することがプレスリリースで発表されてましたね。MVNOっていうのは、簡単に言うとドコモなどの既存の通信キャリアのインフラを活用して、独自の通信事業会社になるっていうこと。なので、「仮想」通信事業者なわけですね。大手キャリアの通信品質で、料金が安くなるんだったら、それはお得ですよね。

というわけで、LINEで有名なLINE社の、「LINEモバイル」が本日サービス開始、と。
注目されているのは、1ヶ月500円(税別)からという安さと、「LINE」が使い放題になる点。
皆さんはLINE、使ってます?僕は、まぁ、一応は使ってますけど、そんなにヘビーユーザーではない。チャット系のアプリは仕事柄LINEの他にも、SkypeとかFacebookのMessenger、Slack、ChatWorkとひととおりは使ってます。広く浅く使ってる感じ。

そんな僕が「LINEモバイル」に見出したメリットとは?料金プランや特長なども併せてご紹介。


■月額500円(税別)で1GBのデータ通信と「LINE」が使い放題
僕が契約したプランは、この月額500円(税別)のプラン。メインのスマホとして使うには1GBは全然足りないけど、普段ずっとWi-Fi環境で使っていて、たまに外出時にデータ通信を使うレベルならまぁOKだと思う。と、いつでもどこでもLINEを使いたいっていう人だったら、これは非常に便利でしょうね。月間通信量が1GBを超過した後も、LINEが使える、と。プレイベントで申し込んだので、正式サービスイン前にSIMが届きました。で、さっそく手持ちのHUAWEI P9 liteに入れて使い始めてみましたけど、通信速度がめっちゃ早い。まぁ、正式サービスイン前だからってのがあると思いますが。Speedtest.netのアプリで計測したら、びっくりするような速度が出ましたよ。自宅のWi-Fiより速いくらい。さすがに、ユーザーが増えてくるとこの速度は出ないと思いますけどね。
9月5日サービスを開始する時点では、まずは2万人限定でサービス提供をするそうですよ。いわゆる、ソフトローンチってやつ。で、その後どんどん会員を増やしていく、と。しばらく経って、会員が増えたらどうなるかとか、違うエリアで測ってみたらどうなるかとか、引き続き使いながらレビューはしていきたいと思います。


■データ通信のみの「LINEフリー」は、3つのラインナップ
データ通信のみで1GBは前項で書いた通り、1GBで月額500円(税別)。他にも、データ通信容量や付加サービス等で、下記のようなサービスラインナップになってます。

▼LINE フリー
LINE使い放題。1GBのデータ通信(翌月末まで繰り越し可)。
・データ通信のみ、1GB、月500円(税別)
・データ通信+SMS、1GB、月620円(税別)
・データ通信+音声通話、1GB、月1,200円(税別)

 ※音声通話は、30秒で20円

▼コミュニケーションフリー
LINEの他にも、TwitterとFacebookが使い放題。3~10GBのデータ通信(翌月末まで繰り越し可)。
・データ通信のみ、3GB、月1,100円(税別)
・データ通信のみ、5GB、月1,640円(税別)
・データ通信のみ、7GB、月2,300円(税別)
・データ通信のみ、10GB、月2,640円(税別)
・データ通信+音声通話、3GB、月1,690円(税別)
・データ通信+音声通話、5GB、月2,220円(税別)
・データ通信+音声通話、7GB、月2,880円(税別)
・データ通信+音声通話、10GB、月3,220円(税別)

 ※音声通話は、30秒で20円


■データ通信のみのプランでもLINEに登録できる
LINEユーザーなら、これは魅力に感じるかもですね。通常は、LINEに登録するときは電話番号に加えて、コードを受け取るためにSMS(ショート・メッセージ・サービス)も必要だった。なので、データ通信のみしかないSIMだと、LINEに登録できなかったんですね。でも、さすがLINEモバイル、データ通信のみのプランでもLINEに登録できるんです。LINEモバイルのマイページから認証コードをゲットできるので、それでLINEに登録可能。SMSは不要なのです。これって、なにげに便利ですよね。

▼おったで。 #lineモバイル
おったで。 #lineモバイル


▼とかね。 #lineモバイル
とかね。 #lineモバイル


500円でLINE使い放題とか、通信容量制限にひっかかっても一部のサービスを使えるのはすごく便利だと思いました。ちょうど僕は、メインで使ってるauのiPhoneが7.5GBの上限を超えてしまって、8月最後の5日間は本当に「なにこれ?なんの罰ゲーム?」ってくらいスマホが遅かったんです。Wi-Fiがあるところだったら問題ないのですが、キャリアのデータ通信領域に出ると、まるでスマホが呪いにかかったみたいに遅い。そういう時でも、制限に関係なく使えるサービスがあるのは素晴らしい。今後、対応するカウントフリーのサービスをもっと増やしてくれたら良いなー、と思います。特に外出先で頻繁に使うGPS地図系のサービスはぜひ加えて欲しい。あと、SNS系で言うとTwitterとFacebookだけでなく、Instagramもぜひ!さすがに、動画とかクラウドストレージ系までは使い放題にしなくても良いけど、Twitterあたりはそもそも速度制限がかかってもそれなりに閲覧できるサービスではあるので、外出先でエッセンシャルなGoogle系のサービスとか、ぜひ使い放題サービスに加えて欲しいなぁ、という個人的な希望。

実際の申し込みは、プレイベントの会場でその場でお借りしたスマホ端末を使って行いました。必要事項を記入して、スマホで免許証を撮影して、クレジットカード情報を登録して、登録完了まで15分もかからないくらい。カンタンです。で、その数日後には自宅にSIMが送られてきました。で、そのSIMをスマホに挿して、説明書どおりにAPNの設定して、今はもう普通に使えてます。

さて、せっかく回線に登録したので、この後しばらく使ってみて、感想はまた後程レビュー書きますね。
とりあえず、LINEモバイルが気になる方は、初回は2万人限定らしいので早めに申し込んでみてください。

▼お土産にいただいた!さっそくうちの娘が使ってます。 #lineモバイル
お土産にいただいた!さっそくうちの娘が使ってます。 #lineモバイル


▼関連リンク
LINEモバイル

by t0maki | 2016-09-05 14:00 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_22140286.jpg

ブログスカウトの掲載企画で、『「カインズ南砂町 SUNAMO 店」リニューアル記念 ワークショップイベント』に参加してきました。以前書いた2記事はこちら。

「CAINZ工房」でDIY工作ワークショップ体験 : 日曜アーティストの工房
「CAFE BRICCO(カフェブリッコ)」のコーヒーとマフィンが美味しくて安い : 日曜アーティストの工房

今回は、店内ツアーについて。カインズの広報担当のいがらしさんに店内をいろいろと案内していただきました。

▼外観はこんな感じ。
カインズ


▼店内、広い。
店内、広い。


▼ベストセラーの洗濯ハンガー
ベストセラーの洗濯ハンガー


▼店内ツアー中の様子です。
店内ツアー


▼この収納ケースも良いですね。
この収納ケースも良いですね。


▼自転車コーナー。いろいろ自転車について質問できます。
自転車コーナー。


▼こんなオリジナルブランドも。
いろんなオリジナルブランドがありますね。


▼雑貨コーナー。
こんな雑貨も


店内をいろいろまわりましたが、ずいぶんとオシャレな商品がありますね。自社ブランドもいろいろあるそうで。
僕が子供の頃、実家の近くの寄居にあるカインズホームはよく行ってましたが、その頃のイメージとだいぶ変わってますね。ユーザー視点で考えた、使い勝手が良さそうな商品がいろいろありました。

最後に、お土産をいただきましたよ、と。

▼製品紹介が完璧な、カインズの広報いがらしさん。
製品紹介が完璧な、カインズの広報いがらしさん。


▼笑顔が素敵ないがらしさん。このカップをお土産でいただきました。オールブランを入れて使ってみる。
笑顔が素敵ないがらしさん。このカップをお土産でいただきました。オールブランを入れて使ってみる。 #cafebricco #カインズ


一番のお土産は、いがらしさんの笑顔だったり。
ありがとうございました。


■関連リンク
カインズオンラインショップ
株式会社カインズ 企業サイト
株式会社 カインズ Facebook


by t0maki | 2016-08-18 22:04 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_1937680.jpg

「オールブラン アンバサダー 感想を投稿してオールブランを貰おうキャンペーン」に当選しまして、オールブランシリーズ計3商品(オリジナル、ブランフレークプレーン、フルーツミックス各1点ずつ)をいただきました。

自然由来の食物繊維がたくさん入った、ケロッグのオールブラン。「ブラン」っていうのは、小麦の外皮のことで、「小麦ふすま」とも呼ばれています。この部分には食物繊維がたくさん入っているので、おなかの調子を整えると言われています。

「オールブラン ブランフレーク・プレーン」と「オールブラン オリジナル」は、「おなかの調子を整える食品」として、トクホ(特定保健用食品)の許可を受けています。

ちなみに、お腹の調子を整える食物繊維の効果が「ブランフレーク」では60g、「オールブラン」では40gとなっているのは、それぞれに含まれる食物繊維の割合が違うから。「オールブラン」の方が、より食物繊維が豊富ということ。

そんなオールブランの「アンバサダー」として、限定イベントやモニターなどに参加できる「オールブランアンバサダー」のプログラムがあるので、興味がある方は下記リンクからぜひどうぞ。
http://www.allbran.jp/ambassador/

by t0maki | 2016-08-01 19:38 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_10175193.jpg

さて、掛川に向かってますが。東京駅に早めに着いて、駅弁買って新幹線に乗り込んだら、発車する前に完食してしまったくらいにはお腹空いてました。連日、早起き。
c0060143_10175179.jpg

c0060143_10175204.jpg

c0060143_10175238.jpg

今日もまた、ちょっと楽しみな初体験が待ってます。怪我しないように、気をつけながら、目一杯楽しんできます。


by t0maki | 2016-07-23 10:14 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_22280197.jpg

今まで、パソコンやモバイルのセキュリティに関するイベントはいくつか見てきたけど、目の前でハッキングのデモを見せられるのは一番きくね。

ノートンを販売するシマンテックさんにご招待いただき、『「フリーWiFiはどうして危険?」ノートン によるWiFiセキュリティセミナー』というイベントに参加してました。

古谷さんによる、フリーWiFiに関する調査結果レポートの後、ニックさんが実際にフリーWiFiを偽装したトラップを使ってスマホの通信情報をハッキングするというデモンストレーションを行いました。このデモがすごかった。ブラウザで見てるページとか、送信メール、ブラウザクッキーなんかが丸見え。検索エンジンにアクセスしようとしたらリダイレクトでダミーページへ飛ばされたりと、もうハッカーがやりたい放題。こういったハッキングツールは使い方も含めてネット上で比較的容易に入手できるらしく、トラップのフリーWiFi環境を偽装したら、極端な話誰でもハッカーになれる、と。

やばい、これは気をつけないと、と思いましたよ。とりあえず、知らないフリーWiFiに無闇とアクセスするのはやめた方が良いです。

▼ノートンのイベント
さてと、こちらのイベントも書かないと。


▼フリーWiFiの調査結果レポート、シマンテックの古谷さん
フリーWiFiの調査結果レポート、シマンテックの古谷さん #ノートン


▼こんなよくあるカフェでの光景。でも、気をつけないとスマホの通信情報が抜き取られてるかもしれない、と。
こんなよくあるカフェでの光景。でも、気をつけないとスマホの通信情報が抜き取られてるかもしれない、と。 #ノートン


▼今回は役者さんを使ってのデモンストレーションでしたが、以前やった時はホントに一般の人がトラップのWiFiにつないで、どんな風に見えるかもデモでやったらしいですよ。
今回は役者さんを使ってのデモンストレーションでしたが、以前やった時はホントに一般の人がトラップのWiFiにつないで、どんな風に見えるかもデモでやったらしいですよ。


▼ホントに見えちゃってるなー。キャッシュがなければ、もっと正確に見えちゃう。メールも、受信時は暗号化されてるけど、送る時は見えちゃったり。すげーな。
ホントに見えちゃってるなー。キャッシュがなければ、もっと正確に見えちゃう。メールも、受信時は暗号化されてるけど、送る時は見えちゃったり。すげーな。 #ノートン


▼モバイルのセキュリティについて説明する、ニックさん。
モバイルのセキュリティについて説明する、ニックさん。 #ノートン


で、このあとノートンのセキュリティ製品「ノートン WiFi プライバシー」(ノートン・ワイファイ・プライバシー)の説明が続くわけですが、製品自体は今後実際に使ってみてレビューを書きます。

ハッカー、怖いね。あれをやられたら、いくら気をつけてもダメかも、とか思いましたよ。意外と、ハッキング対策にキャッシュが有効らしいってのが面白かった。あと、受信メールは暗号化されてるからハッキングされづらいけど、送信メールはデモで丸見えだったりなど、そういった違いも仕組みを知って分かるっていう。

c0060143_22280173.jpg

軽食と、懇親会でビールをいただきました。いや、このあと仕事に戻ったですけどね。

製品も、届いたら使ってみます。

by t0maki | 2016-07-15 22:07 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_17415630.jpg

高低差30メートルって言ったら、ビルの10階くらいの高さですよね。そっからどっひゃーと直線距離約800メートルを最大時速300キロくらいで爆走し、下りきったところで直角90度のカーブ。「ツインリンクもてぎ」で初めてバイクのレースを間近で観戦したのですけど、その迫力に圧倒されっぱなし。

ヤマハ発動機さんにご招待いただき、「全日本ロードレース選手権観戦ツアー」に参加してきました。バイクレース観戦はまるっきり初めてだったのですが、事前に見どころやポイントなどを教えてもらったので、すごく楽しめました。実は、今回のレースに出場するヤマハの中須賀克行選手とはイベントでお見かけしたことがあって、東京モーターサイクルショーのトークイベントで話を聞いたことがありました。その中須賀選手が実際に走る姿を初めてみたんですが、もう強すぎて速すぎてすごいですね。予選一位で決勝に上がってきて、結局最初から最後までずっと一位。それもそのはず、現在JSB1000の四年連続年間チャンピオンですからね。もうすでに前人未到の領域にいるのに、さらに今年もぶっちぎり、と。いやはや。

▼カーブの時にバイクを傾ける角度がすごい
カーブの時、めちゃめちゃ身体を倒すよね。横にスリップしそうで、見てるだけでも怖い。接地面は、名刺サイズほどもないらしい。タイヤが高温になって柔らかくなることで、地面をうまくグリップするらしい。 正面から回って撮ってみたけど、コンデジだとここら辺が限界。こうなると、凶暴な望遠レンズが欲しくなる。


▼中須賀選手、ぶっちぎり
中須賀選手


▼ツインリンクもてぎ
最後の直線。


そんな迫力のレースのあと、ヤマハのピットを見学していたら、プレス取材を終えた一位の中須賀克行選手と、三位入賞した野左根航汰選手がやってきて、みんなで一緒に記念撮影、と。レース直後で疲れてるはずなのに、こんなファンサービスをしてくれるのって、さすがプロだなーと思いました。

▼集合写真を撮りました
c0060143_18210810.jpg


▼カメラに向かってポーズも
c0060143_18210857.jpg


レースもそうなんだけど、この場所とかレースイベント全体が、本当にファンを大事にしてくれているってのが伝わってきて、バイクレースって良いなぁ、と思いました。小さい頃にバイクレースを観戦して、大きくなってからヤマハに入社して、レースに関わる仕事に就く人もいるわけですしね。この「ツインリンクもてぎ」自体が、モーターレースを通じてクルマやオートバイを知ってもらおうっていうPRでもあるんですよね。なかなかすごいことですよね。

ファンサービスの一環でもある「ピットウォーク」が楽しかったです。みんなでピットのエリアを歩いたり、写真を撮ったり、サーキットコースを間近で見たり。子どもから大人まで楽しんでいました。僕も、なぜかお姉さんの写真を撮ってました。イベント系で綺麗なお姉さんを見かけるとつい撮影してしまうのは、もはや職業病かもしれない。

▼ピットウォーク。ファンを大切にしているのが伝わってくる。
ピットウォーク、楽しそう。ファンを大切にしているのが伝わってくる。


▼ハグッ!!
ハグッ!!


▼キレイな人。
キレイな人、おったで。


▼ヤマハのお姉さん。
もうひとり、ヤマハのお姉さん。


それにしても、やっぱりレースはすごい。極限までチューンナップされたマシンで、スピードの限界に挑戦するレーサーたち。ピットウォークの時間に、レースコースを少し歩いてみましたが、タイヤ痕がすごく生々しい。ここで実際に勝負が繰り広げられてるんだ、と。ピットを見学させていただいた際に、レースで使われるのと同じ型のバイクを見せてもらいましたが、洗練されたマシーンってなにか近寄りがたい静謐さみたいなものがありますよね。なにか不思議なオーラを放っている感じ。選ばれたメカニックエンジニアの人と、鍛えられたレーサーだけが触れることを許されてる、みたいな。

▼サーキットを歩いてみた。タイヤのスリップ痕がすごい。
サーキットを歩いてみた。タイヤのスリップ痕がすごい。


▼ピットで静かに待つ、予備のレース車両。
ピットで静かに待つ、予備のレース車両。


▼中須賀さんの席。
中須賀さんの席。


▼燃料など。
燃料など。


観戦中、目の前で転倒事故。レスキューの人たちが一気に現場に駆け寄る。幸い、ライダーは無事のようだ。キャタピラのついたピックアップトラックがバイクを撤去する。そこには、先ほどまでのマシーンの美しさはなく、なんとも禍々しい鉄の塊が横たわっている。その一瞬を隔てた対比がかなり衝撃的でした。

▼転倒!そして駆けつけるレスキューの人たち。
転倒!そして駆けつけるオフィシャルの人たち。


▼ライダーの方は無事でした。バイクは台車に載せて引っ張られて移動。
ライダーの方は無事でした。バイクは台車に乗せて引っ張られて移動。


▼バイクを引っ張ってきたのは、このゴツいキャタピラのついたピックアップトラック。
バイクを引っ張ってきたのは、このゴツいキャタピラのついたピックアップトラック。


レース仕様のバイクのタイヤは、溝が無くつるんとしてる。レースでタイヤの温度が上がってくると、タイヤのゴムがアスファルトの表面をうまくグリップする。その接地面のサイズは、名刺の大きさほど。うまくグリップできなかったら、--バイクを倒しすぎたり、スピードを減速しきれなければ-- 物理の法則に従ってバイクは横滑りに転倒する。転倒するかしないかは、ほんとうに微妙な操作の違いでしかない。うーん、なんかホント、すごい世界だよな。

バイクレースを間近で見て、すごい迫力で面白かったし、いろいろ勉強にもなりました。
とにかく、かっこいいですね。バイクに乗ってみたくなりました。

by t0maki | 2016-06-22 18:39 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_22150885.jpg

「東京ブロガーミートアップ」ってのがありましてですね、みんなでテーマに沿ったショートプレゼン(3分程度のライトニングトーク)を持ち寄って、互いに勉強しようっていう会。毎月開催してたのですが、今年に入ってすぅーっとフェイドアウトしてやらなくなってしまって寂しいな、と。

持ち寄りのプレゼンも楽しかったですが、勉強会後の懇親会や、食事しながらの回などもあって、そちらも勉強になりました。

数えてみたら僕、今までに17回東京ブロガーミートアップに参加してました。一回の勉強会で複数のブログを書くことがあるので、書いた記事の本数は合計28本。

というわけで、東京ブロガーミートアップにこれまで参加してきた際に書いたりブログ記事や、プレゼン資料をまとめてみました。17回参加して、記事28本、プレゼン資料14点。

第18回 旅行・行楽系レポートについて

http://tomaki.exblog.jp/21979747/


第19回 ブロガーならではの記事の書き方

http://tomaki.exblog.jp/22095639/


第20回 ブログのセルフブランディングについて

http://tomaki.exblog.jp/22227887/


第21回 あなたが次に新しくブログを作るとしたら、どんな内容のブログを作る?

http://tomaki.exblog.jp/22361494/


第22回 ブログのマネタイズのお悩みについて

http://tomaki.exblog.jp/22582427/
http://tomaki.exblog.jp/22617536/


第23回 動画について

http://tomaki.exblog.jp/22770484/


第24回 ブログのデザインについて

http://tomaki.exblog.jp/23059152/


第25回 パソコンを閉じてブログの話をしながら忘年会
http://tomaki.exblog.jp/23192751/


第27回 ブログがきっかけで得られたチャンス

http://tomaki.exblog.jp/23481572/
http://tomaki.exblog.jp/23674518/


第28回 ブログのトラブル・困ったを解決!

http://tomaki.exblog.jp/23717458/


第29回 ブログと他メディアとの連携

http://tomaki.exblog.jp/23828773/
http://tomaki.exblog.jp/23872023/


第30回 書こうと思って書かなかったネタについて

http://tomaki.exblog.jp/24063378/
http://tomaki.exblog.jp/24093411/


第31回 モバイルについて(端末・デザイン・広告など)
http://tomaki.exblog.jp/24178649/


第32回 写真と画像について

http://tomaki.exblog.jp/24372339/
http://tomaki.exblog.jp/24375122/
http://tomaki.exblog.jp/24399237/


第33回 ブログをやっててよかったこと

http://tomaki.exblog.jp/24666663/


第34回 好きなブログについて
→イベントには参加できませんでしたが、記事だけ書きました。
http://tomaki.exblog.jp/24887543/


第35回 ブログを通じて手に入れたブログ以外のお仕事

http://tomaki.exblog.jp/24905680/
http://tomaki.exblog.jp/24927139/
http://tomaki.exblog.jp/24944990/
http://tomaki.exblog.jp/24905615/


第37回 初心者も集まって一緒にブログを書こう
http://tomaki.exblog.jp/25179029/
http://tomaki.exblog.jp/25181003/

と、まぁこんな感じでございます。毎回、テーマに沿ったプレゼンを考えたり、資料をつくったりが楽しかった。もちろん、勉強会でいろんなことを学べたりもね。

もうやらないのかな?また機会があればぜひ。

by t0maki | 2016-06-17 02:18 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_17311858.jpg

写真を切って、貼って、折るだけで、飛び出す絵本の完成!
平面の写真が、ちょっとした工作で飛び出す立体的なしかけになるのって、面白いですね。何度もパタパタ開いたり閉じたりしたくなる。

というわけで、「育児とくらしの工作家」の吉田麻理子さんによる、『写真で作る飛び出す絵本ワークショップ』に参加してきました。最近「たのしいくらし研究家」に肩書きを変えたそうですが、なんとも楽しげな工作やワークショップなどをなさってる方です。

吉田さんのことを知ったきっかけは、ちょっと前にFacebookで友達申請をいただいて、投稿を覗いてみたら「なんとも面白そうな人だなぁ」と。子どもとの工作が楽しすぎる感じで。僕もキッズ向けのワークショップをたまにやったりもするので、いつかお目にかかれたら良いなー、とFBの友達になりました。で、今回ようやく実際にお目にかかることができた、と。念願かなった感じです。

ほんわかとしたワークショップに、おっさんひとりで参加してなんかすみません。一応、申し込むときに42歳のおじさん一名で参加ok?って聞きましたが、「良いですよー」って言っていただいたのでホイホイ参加した次第です。当日参加した時に伺ってみたら、やっぱりおっさん一人での参加はあまりないそうで、いやなんかホントすみません。

ワークショップは楽しかったー。僕はマイはさみとマイエグザクトナイフを持参して、本気の大人の工作を繰り出してきましたよ。

事前に写真のデータをお送りして、当日はA4サイズに印刷していただいたものを切って、貼って、折って、という感じです。この写真は、こないだ茅ヶ崎の写真スタジオ「75sea」のスタッフの方に撮ってもらったもの。
つくりながら、吉田さんがつくった作品も見せていただきましたが、いろんな細かいしかけもあって、楽しい作品に仕上がってました。上手だなー。


▼ワークショップ、参加しました。
こんな工作をちょっとね。ワークショップ、参加しました。


▼こんな感じで開くとー
こんな感じで開くとー


▼飛び出す絵本なのだ!
飛び出す絵本なのだ!


▼裏から見るとこう。
裏から見るとこう。


▼これ、神教科書!
これ、神教科書!


▼いろんな、ポップアップ絵本のテクニックが実例付きで載ってる、すごい。
いろんな、ポップアップ絵本のテクニックが実例付きで載ってる、すごい。


初めてお目にかかるのに、開始時間は間違えるわ、帰りがけに傘を忘れてくるわで大変失礼いたしました。面白そうなワークショップをいろいろ開催されているので、また参加します。


「たのしいくらし研究家」吉田麻理子さん
ポッチリ村

by t0maki | 2016-06-16 08:33 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top