エキストラの非日常感

エキストラの非日常感_c0060143_11244821.jpg

エキストラをしてると、突然とんでもなくシュールな体験ができる。これが楽しい。

ビルに囲まれた撮影セットで紙吹雪を浴びたり、時代劇のセットで斬られたり、深夜過ぎの空港や、テレビ局の屋上や、飛行機のセットなどなど。通行人や浪人、農民、飛行機の乗客、観客、刑事や検事、事務員、刑務官、と思えば、黒服サングラスで宇宙人(役の可愛らしい女の子)を追いかけたり。

役をもらって、撮影現場に参加する。映画、CM、ミュージックビデオ、テレビ番組、あるいは静止画の撮影も。

いつも画面の向こう側で見かける人たちが、目の前にいたりして。いつのまにか、自分も画面の向こう側に入り込んでる。

こんな、非日常的な体験が楽しくて、趣味のエキストラ活動を続けています。

by t0maki | 2024-06-23 11:24 | Comments(0)