日曜日のヘアカット

日曜日のヘアカット_c0060143_12165300.jpg

何の予定もない日曜日。早めに起きて、シャワーを浴びて。朝食食べながら録画しておいたクレイジージャーニーを見て。

おもむろに、理髪店へ。近所の元1000カット(今は1,300円)に来てみたら、みたことがないほどの順番待ち。こんなに人がいるのは、初めて見た。というわけで、入り口のリストに名前を書いて、待合の席に着く。

隙間時間は、ブログ時間。こういう待ち時間は大好き。30分くらいしただろうか。自分の順番に。

千円カットは、予約がいらない。洗髪もない。10分くらいでカットが完了する。気詰まりな会話もなく、さくっと入って、さくっと出られる。まぁ、今日みたく、混んでる時もあるけど。そして、カットの腕も決して悪くない。というか、そこいらの理髪店よりも腕が良い人もいて。担当してくれる理髪師さんによってスキルの差が激しいのが、この料金設定なのかもな。安いから腕が悪いということは決してない。

ただ、ハズレの人にあたると、家に帰ってから泣きながら洗面台に向かって自分で手直しするハメに。まぁ、それも千円だから。

今日担当してくれた人は、以前もカットしてくれた人だけど、めちゃめちゃ腕が良かったです。上手い人って、カットのリズムでわかるんですよね。無駄がない。テンポがよい。カットされてて、心地が良い。

カットが終わって、掃除機みたいなバキュームでヴォーーっと髪を吸ってもらい。料金を払って帰宅。家で軽くシャワーを浴びて、切った髪を洗い流しました。

そして、昼頃に外出。日比谷の図書館へ。

by t0maki | 2024-06-02 12:01 | Comments(0)