浅草富士登山と御朱印

浅草富士登山と御朱印_c0060143_11174163.jpg

1月1日の初もうでは、家族と一緒に近所の神社を参拝する。で、翌日の1月2日は浅草のこちらの浅間神社で、富士塚に登るのがここ何年かのルーティンになっている。ここには、たった10歩で登ることができる、高さ2メートルの小さな富士山があるのだ。

富士山を信仰する富士講は、江戸時代に隆盛を誇った。宗教的な側面もあるが、富士講に入ればお金を出し合って誰かが富士山へ物見遊山へ行ける。自由な旅行が禁止されていた江戸時代に、それはとても魅力的な活動だったに違いない。そして、各地域の富士講たちが、地元に富士山を模したミニチュア富士をつくった。それが、現在にも都内近郊に遺構を含めて200はあるとされる富士塚だ。

浅草富士登山と御朱印_c0060143_11174471.jpg

浅草富士登山と御朱印_c0060143_11174643.jpg

浅草富士登山と御朱印_c0060143_11174873.jpg

浅草富士登山と御朱印_c0060143_11175075.jpg

浅草富士登山と御朱印_c0060143_11180584.jpg

浅草富士登山と御朱印_c0060143_11180757.jpg
そして今年も、私は都内近郊の富士塚を巡り、登らない山登りを行う。

by t0maki | 2024-01-02 13:21 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)