夢の中で見た遊園地の廃虚 #1日1記事P

夢の中で見た遊園地の廃虚 #1日1記事P_c0060143_14415762.jpg
3時過ぎにベッドに入り、5時ころ妻の目覚ましアラームで一度目が覚めた。その後もう一度目を閉じ、しばらく浅い眠りの中で夢を見ていた。

私は海外にいて、自転車で観光地を巡っている。遊園地の廃墟らしい。もともとはカラフルな彩色だったのだろうが、全ての色が褪せて、くすんでいる。
U.S.S.R.という文字が掲げられている。ソ連だった頃の遊園地の跡か。今はもう、誰もいない。

そういえば、今私が乗っている自転車は、買ったものだったろうか?
買ったとしたら、どうやって日本に持って帰ろうか?
と考えたところで、「あ、夢か」と気づいた。

目が覚めてからもしばらくは、その遊園地の廃墟のことについて考えていた。

そういえば10年前に、チェルノブイリ原発事故の影響でゴーストタウンとなった「プリピャチ」という街をテーマにしたドキュメンタリー映画を観たことがある。たしかそこにも、遊園地があった。

改めて調べてみたら、プリピャチはロシア(旧ソ連)ではなく、ウクライナの街だった。でもさらに調べてみると、プリピャチの遊園地がつくられたのはチェルノブイリ原発事故の前だから、1986年以前ということになる。ウクライナが独立したのが1991年だから、夢の中にプリピャチの遊園地が出てきたとして、それがソ連(U.S.S.R.)時代のものであるというのは間違っていない。

夢の中で見た遊園地の廃虚がプリピャチであるかは分からないし、たぶんそれはどうでも良いことかもしれないが、なんとなく目が覚めた後もずっとひっかかっている。
どこか、廃墟を訪れてみたいという気分になったが、そういえば中銀カプセルタワービルの解体工事現場も見た目が廃虚に近い。そこらへんが夢につながったのかと思ったら、妙に納得した。

夢の中で見た遊園地の廃虚 #1日1記事P_c0060143_15092333.jpg

by t0maki | 2022-09-16 08:10 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31