『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09373262.jpg

大学の後輩にモデルになってもらって、白黒のフイルムで写真を撮りました。大学卒業直後だから、1998年。今から24年前のこと。

で、その写真をAIの技術でリタッチと着色をしたのがこれ。普通に画像編集をしたら何時間もかかりそうな作業が、あっという間。テクノロジーの進歩はすごいね。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09373556.jpg

で、この写真をもとに、版画作品を制作。インクを溶かして、プレス機を使って和紙に転写するという手法です。在学中、よくこのやり方で作品を作ってました。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09261573.jpg

名刺サイズの小さな作品。これを100円ショップで購入した額に入れます。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09242500.jpg

北千住にあるBUoY caféというアートギャラリーが併設されたカフェで、滞在制作をしながら展示を行ってます。下の写真の手前にあるのが、実際に使っている小さな卓上プレス機。ドイツのクリエイターさんたちが開発したもので、クラウドファンディングでゲットしました。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09321192.jpg

というわけで、この2週間で作品を90個ほどつくりました。だいたいほぼ一点もの。白黒写真をAIで加工したもののほか、中銀カプセルタワービルの写真や、チェコで撮影した写真なども版画にして、作品にしています。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09321470.jpg

で、これをひとつ500円で売ります。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09322085.jpg

この日は、友人のアーヤさんが遊びに来てくれました。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09322594.jpg

で、この500円が、次の人のコーヒー代になるという企画。『恩送りアートカフェ』という、アートプロジェクトをやってます。

このカフェで滞在制作をさせてもらえるということで、私が考えた企画です。

「恩送りカフェ」というのは、わりと知られている手法で、海外などでも事例があります。無印良品さんが銀座でやってたりもしてたので、ご存知の方もいると思います。

アイデア自体は新しくはないですが、そこにアートを絡めてみたという形。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09323097.jpg

恩送りのプロジェクトですので、コーヒーを奢られた人は、また次の人へ恩を送ってください。そうして、池に石が投げ込まれた時の波紋のように、みんなの善意が広がっていけば良いな、という。そんなプロジェクトです。

いくら作品をつくって売っても、私自身にはお金が入ってきません。むしろ、売れば売るほど赤字なのですが。今回、私が受けている一番の恩は、この場所で作品展示をさせてもらえること。なので、そのご恩をカフェに還元しているというわけ。これもまた、恩送り。

『恩送りアートカフェ』の仕組みと作品のメイキング_c0060143_09325692.jpg

6月25日まで、基本的に私が在廊中の週末に作品を販売しています。次回の開催予定は、6月18日(土)です。



by t0maki | 2022-06-09 09:35 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30