埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12162604.jpg

ひとつのビルがきっかけでいろんな人と出会い、それがきっかけでいろんなつながりが生まれ、面白い体験や出来事に結びついていくの。面白いなぁ、と。
2019年10月から11月にかけて、中銀カプセルタワービルに滞在して、みんなで遊びながらいろんなプロジェクトや企画をやりました。宇宙食を食べてドローンを飛ばしたり、昆虫食と日本酒のマリアージュを堪能したり、アイヌの楽器を演奏し、コマ撮り動画を撮影し、御朱印帳をつくったり。チェコ愛を語る企画や、noteの勉強会。たくさん写真を撮って記録に残し、その滞在記をレポートにまとめ、報告会と街歩きなども実施しました。

2022年4月12日に解体工事がスタートし、この場所からは姿を消しつつあるこのビルですが、まだまだここに滞在していた頃の記憶はずっと残るし、ここで出会った人とのご縁もずっと続いていくと思います。

というワケで今回は、埼玉県立近代美術館友の会のイベントとして、「中銀カプセルタワービルを知る!」というトークイベントに、少しだけ登壇してきました。
中銀カプセルタワービル再生・保存プロジェクトの前田達之さんがこのユニークな建物の歴史や特徴、現在の状況などを詳しくプレゼン。そして私は、その講演会の一部の時間をいただいて、実際に一ヶ月間滞在した時の体験談をお話させていただきました。

持ち時間が20分しかないのに、うっかりプレゼン資料を64ページ分もつくってしまい、全部は語りきれないので会場に写真を持っていって皆さんにお見せしました。
滞在中にInstagramに投稿していた大量の写真を5×5センチにプリント。その写真を入れる、カプセル型の専用の箱もつくりました。私が実際に住んでいた頃に、付箋で窓をデコレーションした時の写真も使っています。

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12162766.jpg
埼玉県立近代美術館 友の会(ファムス)主催の講演会イベント。リアルな場でこうしたイベントを開催するのは、久しぶりだそうです。人数を絞って、定員20名(実際の参加者は21名)での開催。ソーシャルディスタンスを保ちつつ。トークも、マスクをしながら。

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12162816.jpg

今回私が持参した、カプセルをデザインした箱と、滞在中に撮影した写真など。この、カプセルの箱は、皆さんもつくれるようにテンプレートを自分のサイトにアップして、URLとQRコードをご案内しました。作りたい方が、誰でもつくれるように。本物の中銀カプセルタワービル同様、新陳代謝するメタボリズムのコンセプトで。
つくってみたい方は、こちらからどうぞ。

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12162962.jpg
講堂でのトークの後みんなで外に出て、展示してあるカプセルを見学。そうです。埼玉県立近代美術館に隣接している北浦和公園には、中銀カプセルタワービルのモデルルームとしてつくられたプロトタイプのカプセルが展示されているのです。もともとは、中銀カプセルタワービルの敷地内に置かれていたものですが、2011年に六本木の森美術館で『メタボリズムの未来都市』展が開催された際に、六本木ヒルズに移設されて展示。その後、埼玉県立近代美術館に寄贈され、この公園に展示されることになりました。中銀カプセルタワービルも、埼玉県立近代美術館も、どちらも黒川紀章さんが設計を手掛けているので、そんなご縁がきっかけで。このカプセル、中に入ることはできませんが、窓から中を覗くことができますよ。

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12165092.jpg

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12165114.jpg

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12165277.jpg

埼玉県立近代美術館友の会のトークイベントで中銀カプセルの魅力を語ってきました_c0060143_12165359.jpg
私が中銀カプセルタワービルに滞在できると決まった時、事前の下見も兼ねてこちらの北浦和公園のカプセルも見に来ました。70年代初頭につくられた、近未来的なデザイン。50年経った今でも、ワクワクします。

残念ながら、新陳代謝するカプセルというコンセプトは実現しませんでしたが、今回の解体をきっかけにまた、それぞれのカプセルが建築の歴史的資料として美術館や博物館に残るのであればそれはとても面白いですし、あるいはまた泊まれるカプセルとして新しく生まれ変わるのであればそれも良いなと思います。

銀座八丁目の中銀カプセルタワービルは間もなく姿を消しますが、この黒川さんが思い描いたカプセルの夢は、まだまだ続きそうです。






by t0maki | 2022-05-08 23:13 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31