本の要約が毎日届くアプリ

本の要約が毎日届くアプリ_c0060143_16301633.jpg
先日、モニター案件でInstagramへアプリのレビューを投稿しました。株式会社オープンプラットフォームさんの「SMITH」というアプリのPR投稿。

どんなアプリかというと、「1日1冊1分で読める本の要約アプリ」というもの。アプリを開くと、タイムラインの「読書ルーム」に、アプリの管理者さんが投稿した本のタイトルと著者、そして要点となるポイントが毎日ひとつずつ追加されていくので、それをスマホで読むことができます。その情報をブックマークに登録したり、自分だけのオリジナルメモを記入できます。また、「シェアルーム」では自分の読書メモを投稿して、シェアすることも可能です。

なかなか面白いアプリでしたよ。このアプリを運営する方がかなりの読書家の方なので、その人がキュレーションした本が要約付きで毎日届く、と。気に入った本があったら、図書館で借りたり、本屋などで購入する、と。特にECの機能はついてないので、あくまで本の情報のみ。それと、ユーザーが自分で読んだ本を投稿できる機能も。本をテーマにした、アプリ内のコミュニティという感じですね。

アプリ名の由来は、鍛冶職人を意味する「Black Smith」から。知識や知恵を鍛錬しようという意味ですね。実際に数日間使ってみましたが、管理人さんがキュレーションする名著とそのポイントが分かりやすく配信されるので、とても良いと思います。「もっと読みたい!」という本に出会ったら、本屋や図書館に行って実際に全文を読んでみるもの良いですね。

このレビュー記事をInstagramに投稿した4月16日に「SMITH」で紹介されていたのは、アメリカのマーケティング会社「トラウト&パートナーズ」で社長を務める、ジャック・トラウトさんが書いた『独自性の発見』という本。アプリでは、独自性を伝えるための方程式となるポイントがわかりやすく紹介されていま下書き。

初月無料。次月から月額1,000円がかかります。
面白いアプリですし、興味深い情報が毎日届くのはとても良いです。ただ、月額1,000円となると、なかなか継続して使うのはどうかなということで、いったん解約する予定です。

by t0maki | 2022-04-24 13:57 | ライフスタイル>文具・アプリ | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31