【PR】アクロージョイ T660WB プロジェクター が有線でも無線でも接続できて便利

【PR】アクロージョイ T660WB プロジェクター が有線でも無線でも接続できて便利_c0060143_01181044.jpg

プロジェクターも、近頃ではだいぶ小型になって、価格もお手頃なものが出てきて。なによりも嬉しいのは電球がLEDになったことで、長時間使えるようになりました。以前は、電球が切れたら交換しなければならなくて、それが結構手間だったり、お金がかかったりもしましたが。プロジェクターが一般の家庭でも手軽に導入できる、便利な時代になりましたね。

ということで、今回はプロジェクターの製品レビュー。製品をご提供いただきました。「アクロージョイ T660WB プロジェクター」という製品です。

あまり聞きなれないブランド名ですが、公式サイトがありました。

Acrojoy - TO SEEK, TO FIND.

【PR】アクロージョイ T660WB プロジェクター が有線でも無線でも接続できて便利_c0060143_01181117.jpg

【PR】アクロージョイ T660WB プロジェクター が有線でも無線でも接続できて便利_c0060143_01181281.jpg

【PR】アクロージョイ T660WB プロジェクター が有線でも無線でも接続できて便利_c0060143_01181235.jpg

小さめで、持ち運びしやすいサイズですね。本体サイズは、21.5 x 17.5 x 8.5 cm とうことで、接地面積はA4サイズよりも一回り小さいです。

小型ながらも、しっかりとしたレンズを備えていて、10000ルーメンの明るさがあります。商品説明によると、「LEDランプは約60000時間の投影が可能です」ということで、かなり長持ちしますね。1日10時間使い続けたら、16年間もつ計算です。「一年品質保証」もついています。

さっそく、付属のHDMIケーブルを使って、パソコンにつなげて使ってみました。寝室の壁にどわっと映して、「おー、映った」と、当たり前ですがちょっと感動。フォーカスは、背面のダイヤルを回して調整する方式。台形補正の調整も背面にあるつまみでできますので、直感的で良いと思います。解像度は、フルHD 1920×1080Pです。

スマホを使って無線で投影することもできるそうなので、手元のAndroid端末を使って試してみました。最初、スマホの方でプロジェクターを認識せず、「なんでかな?」と思ったら、スマホの「ワイヤレスディスプレイの有効化」の設定をしたら、問題なく使えるようになりました。スマホ画面が、「どーーん」と大きく映し出されるの、面白いですね。スライドを使ったプレゼンテーションなども、これを使えばスマホでできそうです。スマホと、プロジェクターが同じWi-Fiに繋がっていれば、こうやって無線での接続も可能です。

こうなってくると、プロジェクターを固定するアームのようなものが欲しくなってきますね。ちょっとした映画館の気分で、ホームシアターをつくってみるのも良いかも。夢が膨らみます。


【PR】アクロージョイ T660WB プロジェクター が有線でも無線でも接続できて便利_c0060143_01181385.jpg

【PR】アクロージョイ T660WB プロジェクター が有線でも無線でも接続できて便利_c0060143_01182364.jpg
そうそう、この製品には、100インチのスクリーンが付属しています。白い布と、それを固定するための両面テープ付きのプラスチック製のフック。素敵なおまけです。

とりあえず、使い始めてみたレビューとしてはこんなところですかね。手ごろな価格で手に入る、良い製品だと思います。

最初、レンズカバーを外そうとしたときに、「これって、回すの?ひっぱるの?」と一瞬悩みましたが、正解は「ぎゅっとひっぱる」でした。レンズカバーの真ん中にあるシリコンっぽいタブをしっかり持って、ギュッと引っ張ったら「カポッ」と取れました。あとは、特に迷うこともなく、スムーズに使えましたよ。



by t0maki | 2022-03-23 08:17 | モニターレビュー | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31