『一菓』のハンコアートが一番難しかった

『一菓』のハンコアートが一番難しかった_c0060143_22150406.jpg
『東リ町アートフェス』のために、全部で11枚のハンコアートを描いて搬入したのですが、その中でも一番難しかったのがこの「一菓」の絵でした。
建物の外観の構図自体はシンプルで描きやすいのですが、なにせ、「一菓」というハンコ自体がね。二文字しかないうえに、一文字目が「一」なので、何度も何度も押しているのになかなか色が塗れずに。さすがにこのハンコだけで細かい部分を塗っていくのはムリだとあきらめて、「東リ町」の小さい方のハンコも多用しました。

『一菓』のハンコアートが一番難しかった_c0060143_22150550.jpg

冒頭の写真をもとに、ハンコで描いた絵がこちら。電柱の細かいところなどは「一菓」の一の部分を使って描きやすかったですけどね。

『一菓』のハンコアートが一番難しかった_c0060143_22150624.jpg

ディテールはこんな感じ。すべて、ハンコを使ってペタペタと描いています。

『一菓』のハンコアートが一番難しかった_c0060143_22150774.jpg
「東リ町」とうハンコも使っています。
『一菓』のハンコアートが一番難しかった_c0060143_22150870.jpg
今回、この絵を描くのに使用したハンコは、この3種類。
Adobe Illustratorでデザインをつくって、大阪のタイヨートマーさんにハンコをつくってもらっています。
今回、11(店名)+2(東リ町)の合計13個のハンコをつくっていただきました。




by t0maki | 2021-10-17 18:40 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。