気分はアーティストインレジデンス。『さつまや』のハンコ絵

気分はアーティストインレジデンス。『さつまや』のハンコ絵_c0060143_21382352.jpg

「東リ町アートフェス」の企画・運営をする人がたまたま知り合いだったため、作品をつくって提供することに。
そのアートフェスの会場である11か所の店舗すべてのハンコをつくって、それを使って絵を描くというチャレンジです。

東リ町とは、藤沢の片瀬三丁目あたり。江ノ島の、海じゃない方にあります。
昔、この町が東海道の東側にあったからとか、そんな由来だったはず。飲み会の席で聞いたけど、あまり覚えてない……。
あまりゆかりの無い土地で、片道2時間近くかけて訪れたこの町。ちょっとした小旅行。

初めて来た町ですけど、とりあえず街をぐるって巡って、フェスの会場になっている店舗を全部巡って写真を撮りました。
そして、「五町会館」という寄り合い所にお邪魔して、ここでハンコアートを描くという。
ハンコはあらかじめ、イラレでデザインしたものを業者さんに送って、つくってもらいました。

気分はアーティストインレジデンス。『さつまや』のハンコ絵_c0060143_21382470.jpg
やたらと広い部屋。このデスクは部屋の隅に置いてありましたが、壁に向かって絵を描くのも興がないので、部屋の真ん中に引っ張り出してきました。
プチアーティストインレジデンスな感じで、気分がのってきました。

気分はアーティストインレジデンス。『さつまや』のハンコ絵_c0060143_21382698.jpg

描いたのは、「さつまや」ハンコで描く、「さつまや」さんのお店。

気分はアーティストインレジデンス。『さつまや』のハンコ絵_c0060143_21382939.jpg

ひたすら無心で、ハンコをペタペタと押していきます。ひとつの絵を完成させるのに、だいたい1万回はハンコを押します。

気分はアーティストインレジデンス。『さつまや』のハンコ絵_c0060143_21383155.jpg
「東リ町」の大きなハンコを使って、ベースとなる部分をぺたぺたと。そして、「さつまや」ハンコで仕上げていきます。
だいたい、1時間くらいで完成。
本当は、もっと早く描けると思ってたのですが、やっぱりそれなりに時間がかかります。
この時点で、現地で11枚を全て描くのはあきらめて、自宅に持ち帰って宿題とするのが確定。

この日は、2枚だけ書き上げて、それぞれのお店に展示してもらうために、運営の西永さんに手渡しました。


by t0maki | 2021-10-17 17:56 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31