愛宕山の三角点と几号水準点

愛宕山の三角点と几号水準点_c0060143_22124291.jpg
以前、愛宕山の三角点を見に来たことがあったのですけど、なにやら几号(きごう)水準点っていうものもあったらしく。これは見逃していたので改めてまた来てみました。
三角点は、池のそばにあります。この鉄の蓋を取ると、中に三角点の標石があります。

で、几号水準点は、この三角点の道を挟んだ向かい側の、この石碑のところにあります。

愛宕山の三角点と几号水準点_c0060143_22124286.jpg

愛宕山の三角点と几号水準点_c0060143_22124234.jpg
この石碑の脇のところに、「T」って彫られてるでしょ?これは、明治初期に測量のために彫られたもの。この溝にそって「ベンチ(椅子)」のように台を置き、その上にものさしを載せて測量したとのこと。英語の「ベンチマーク」って、この測量の技法から来ているそうですよ。

高輪ゲートウェイの近くの石碑にもありましたね。史跡に彫っておけば、見失うこともなく、今後も残るだろうっていう意図で、あちこちの歴史的な石碑などに彫ったみたいですけど。でも結局、明治17年頃には測量方法が変わって、使われなくなってしまった、と。この几号水準点、都内のあちこちにまだ残ってるらしいので、これを探して散歩するのも良さそうです。

愛宕山の三角点と几号水準点_c0060143_22124309.jpg
あ、あと、噂によると、この池の中にも何やら水準点らしきものがあると聞いたのですが。あの、うっすら見えてる四角い石がそうですかね。


by t0maki | 2021-03-08 22:09 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31