SPBSの取材に同行して、本屋の魅力を堪能する

SPBSの取材に同行して、本屋の魅力を堪能する_c0060143_02235702.jpg
もともと本を読むのが好きなので、本屋とか大好きなのですよ。この、インクと紙の匂いね。
学生の頃、製本会社で働いたことがあって、文字通り本を作る現場を体験して。より一層「本の価値」を身に染みて理解したり。

本屋さんの取材に参加して、いろいろお話を伺いました。
といっても僕はライターではなく、エキストラみたいな参加の仕方なんですけどね。これはこれで、とても楽しい。
「建築とかデザインのテーマで自由に話してください」って言われたので、本屋のスタッフの方と棚を巡りながら、思いつくまま気軽におしゃべり。

SPBSの取材に同行して、本屋の魅力を堪能する_c0060143_02235907.jpg
とても素敵な本屋さんなのですよ。ゆっくりと、本のタイトルを眺めているだけでも楽しくなる。棚全体が大きなグラデーションにように、いろんなテーマの本がグループになって置いてあって、気になる本の前後にまたもっと気になる本があったりね。本のセレクトショップみたいな。ここで選べば、間違いない感じ。

SPBSの取材に同行して、本屋の魅力を堪能する_c0060143_02240127.jpg
事前に「何かお勧めの本はありますか?」って訊かれたので、「ヨシダナギさんの新しい写真集!」って答えたら、当日実際にその本を店頭に置いといてくれました。
これまで、アフリカや南米の少数民族を被写体にしていたヨシダさんが、今回選んだのがドラァグクイーン。派手な衣装に奇抜なメイクで、その存在は都会の少数民族とでもいうような。ヨシダさんのこれまでの写真の被写体とある意味真逆なんだけど、実はすごく共通点があって、素敵な写真集なのですよ。渋谷の展覧会を観に行って、やっぱりヨシダさんの写真はいいなぁ、って思いましたよ。

その写真集を眺めながら、おしゃべりしつつ。楽しかったです。

その記事は、こちらに。





by t0maki | 2020-11-16 23:02 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31