塗り重ねられた人魚の表情に憂いが

塗り重ねられた人魚の表情に憂いが_c0060143_23224156.jpg
この飛鳥山の人魚、たまに化粧が変わるんですよね。
ペンキを塗った上に、さらにペンキが塗り重ねられる。
それによって、新たなカラーリングとテクスチャーが生まれる。

塗り重ねられた人魚の表情に憂いが_c0060143_23224381.jpg

もともとこの人魚がどんな表情をしていたのかはわからないけど、定期的にどんどん塗り重ねられたペンキの厚みとひび割れと、さらにこの日は降り頻る雨粒のせいで、なにやらより一層シュールな彫像になっていましたよ。このひび割れがパキーンと割れて、中から本物の人魚が出てきそうな。

塗り重ねられた人魚の表情に憂いが_c0060143_23224463.jpg

誰か、メイクアップアーティストの方、あるいは似顔絵描きの方とか、フィギュアなどの彫塑がうまいかた、この人魚をきれいに美しく修復してはくれないでしょうか?マネキンのメーカーとか、なんならラブドールの制作会社さんなど。

他にもいろんな動物がいて、つぶらな瞳が愛らしいです。

塗り重ねられた人魚の表情に憂いが_c0060143_23224510.jpg

塗り重ねられた人魚の表情に憂いが_c0060143_23224728.jpg

塗り重ねられた人魚の表情に憂いが_c0060143_23231213.jpg
顔の塗り方ひとつで、公園の遊具ってだいぶ印象が変わりますね。
デザイナーやクリエーター、アーティストの方が本気で遊具を塗ったら、面白い作品ができそうだな。



by t0maki | 2020-10-18 16:07 | ライフスタイル>旅・散歩 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31