立ち食いそばへの渇望

立ち食いそばへの渇望_c0060143_13125902.jpg

子供の頃に叶えられなかった欲望は、大人になってから歪んだ形で現れるかもしれないな、という話なんですけど。

例えば、子供の頃に貧しかった人は、大人になってから金に執着するとか。愛が足りなかった子供は、大人になってからひたすら愛情を求めるとか。足りなかった部分を補おうとするときに、大人になってからだと必要以上に求めるのかもな、とか。

子供っぽいグッズやフィギュアを集めたり。そんなに必要ないのに、ひたすらスニーカーやらカブトムシやらを買い集めてしまうというような。

僕が大人になってからひたすら毎年100本以上の映画を観るのも、子供の頃に観たくても観れなかったから。同じように、駄菓子のようなお菓子とか、ジュース飲料が好きなのも、子供の頃になかったから。

立ち食いそばも、そのひとつ。

電車で買い物に行くときに、いつも食べたいと思ってたのですが、食べたいものを食べたいとは言えなかった。

なので、立ち食いそばは、大人になってから自由に食べられるようになって、よく食べる。決して、それほど美味しいわけではない。くたっとした麺を温めて、上から出来合えの具を載せるだけ。でも、食べたくなるのですよ。

今日もね、郡山駅で、ちょうど立ち食いそば屋さんがあったので、これ幸いとばかりに食べました。

子供の頃に本物の英語に触れたことがなく、海外旅行にも行ったことがなかったので、高校卒業したらいきなり留学しちゃったり。

渇望すると、勝手に求めるようになる。子供に何かを教えたいなら、あえてその逆をするってのも、手かもしれないな、とか。わからんけど。

by t0maki | 2020-08-23 13:12 | Comments(0)