チェコの写真を使ってカードゲームをつくっています #チェコ親善アンバサダー

チェコの写真を使ってカードゲームをつくっています #チェコ親善アンバサダー _c0060143_21493024.jpg
カードゲームのデザインをつくりました。
32枚+ジョーカー+予備2枚。

ヨーロッパ発祥の、トランプのババ抜きみたいなカードゲーム。
チェコだと、Černý Petrと呼ばれているようですね。
他にも、ドイツだとSchwarzer Peter。スウェーデンはSvarte Petter、ノルウェイはSvarteper、デンマークは Sorteper、クロアチアはCrni Petar、スロベニアはČrni Peter、ハンガリーはFekete Péter、スロバキアはČierny Peter、ブルガリアはЧерен Петър、ポーランドはPiotruś、フィンランドではMusta Pekkaっていう名前で呼ばれているとのこと。これ全部、ブラック・ピーターっていう意味。

今回のデザインに使った写真は、僕が2016年と2017年にチェコ政府観光局さんの企画でチェコを旅した時に、撮影したもの。
16対のペアになってて、ババ抜きのルールで遊びます。今回、僕が考えたデザインのテーマは、16対の写真がそれぞれ同じ場所で撮影した「ハレ」と「ケ」という組み合わせになっていて、「映え」と「日常」を表現しているっていう感じにしてみました。

ハレ(映え)は、観光ガイドに載ってたりポストカードになりそうな写真。ケ(日常)は、その裏側にある、日常の身近な、でもちょっと感動するような光景を。一般受けするものと、個人的に思い入れのあるものっていう感じ。表と裏、陰と陽、光と影、まぁ、そんな感じです。なんとなくですけどね。

33枚、多いかと思いましたけど、写真を見返しながらつくってたら、結構あっという間にできあがりました。なんなら、もう1,2セットくらいは余裕でつくれそう。

さて、ここからは、印刷用のデータをつくって、自宅のプリンターで印刷して、ひたすらカットしていく地道な作業。こういう地味なアナログ作業も、実は好きですけどね。

一応、コンテスト企画があるようなので、そこに出す予定。
これ、Twitterでの応募らしいけど、どうやってアップしたら良いんだろう?デジタルで良いのかな?
まぁ、せっかくならこれを使って遊びたいので、どちらにしても印刷してカードに仕上げますけど。

完成まで、まだもう少し時間がかかりそう。楽しい。



by t0maki | 2020-04-23 22:02 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。