メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23543858.jpg

僕の本業は、いわゆる「デジマーケ」と呼ばれるデジタルマーケティングです。
って言うと、「え?仕事してたんですか!」って驚かれることがあったり。はい、会社員でございます。「日曜アーティスト」ってのは、日曜にやってるアーティスト活動なので、完全に趣味なのですよ。ブログ書いたり、写真を撮ったり、イベントに参加したり、作品展を開いたりなど、全部趣味でございます。

その、趣味のひとつが、毎月開催しているこの勉強会。「テクノロジー」と「クリエイティビティ」をテーマに、みんなでいろいろ知識やスキルを持ち寄って、なにか一緒に面白いことをしよう!っていう集まりです。真面目な勉強会やワークショップの他、都電を貸切にして写真展を開催したり、お金の要らないフリマ(フリーフリーマーケット)ってのをやってみたり、あるいは都内で登らない富士登山なんかをやったりもしています。知り合いか、あるいは知り合いの知り合いくらいの限定されたメンバーで、毎回違う人が集まりつつ、常連さんもいつつ。ポイントは、僕が何かを教えるというよりは、みんなでアイデアや体験を持ち寄って、それをシェアする感じ。楽しいですよ。

で、今回は「劇場」と「マーケティング」を組み合わせた、勉強会のようなワークショップのような、アイデアソン付きのイベント。
会場は、神楽坂にある劇場、「メルシアーク神楽坂」です。

この劇場、実はたまたまオープニング公演に知り合いが参加していて、そのつながりで約1年ちょっと前の立ち上げの瞬間に立ち会うことができたんですね。
もともとはライブハウスだったこの場所。それをほぼDIYで手づくりで劇場に作り替えたという。かなりしっかりした照明設備があったり、なによりも駅からめちゃ近くて、とても素敵な場所なので。そして、そこに関わっている人たちもとっても素敵でね。すっかりこの場所が好きになったので、「じゃぁ、何か一緒にやりませんか?」と。
勉強会のアイデアをお伝えして、「やりましょう!」ということで、今回の企画が実現しました。

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23543917.jpg
というわけで、今回僕は珍しく、「マーケティング」っていう、本業に近いテーマで、わりと真面目に勉強会用の資料を作成しました。
ちょうどこのイベントの準備中に、オランダで大きなイベントなどを手掛けるマルセル・カンプマンさんにお目にかかる機会があって、「イベント開催で工夫していることは?」って質問をしたら、「チラシなどのビジュアルは1つだけでなく、複数パターンつくるようにしてるよ」って教えてくれたので、僕もマネして6パターンつくってみました。

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23544043.jpg

当日は、メルシアーク神楽坂の代表(社長)の関口さんに、この劇場ができたきっかけについて説明してしていただきつつ、施設内の見学も。

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23544139.jpg

このステージ、実はライブハウスの頃にかなり有名なアーティストさんたちが演奏していたらしいです。同じ場所に立つことができて、なんか良い気分。

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23544230.jpg

こだわりは、この照明設備。操作パネルを使ってLEDで色は変えられるし、発熱も少ないし、いろんな設定をプログラミングできるそうです。

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23550477.jpg

楽屋もチラ見!

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23550582.jpg

バックヤードには、照明や音響やらの設備が!やばい、かっこいい。

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23550681.jpg

というわけで、劇場をしっかり見学した後は、座学に戻ります。マーケティングとは?みたいなことについて。
商品やサービスを購入してもらうところがゴールなのではなく、その後使い続けてリピーターになってもらい、最終的には「ファン」になってもらうのがゴールなのですよ、とお伝えしました。そのうえで、お客さんを知るということ。よく言う、ペルソナってやつ。と、それをふまえてコミュニケーションを構築していく。オンラインとオフラインのタッチポイントを把握して、何を伝えるかを設計していく。「カスタマージャーニー」とか「顧客体験」とか、あるいは「UI・UX」にも関わる部分ですね。これは、一度つくれば終わりではなく、常にいろいろな仮説をたてて実行・検証していって、たえずブラッシュアップしてよりよくするために試行錯誤を続けるもの。時代に合わせて、コミュニケーションの質や形も変わっていきますから。

で、そういったコミュニケーションに大事なのが、「ストーリー」。自社や製品、サービスのストーリーを伝える。そして、お客さんのストーリーを理解するということ。
さらにもう一つ、「デザイン」の力ってとても重要。イラストや見栄えという部分だけでなく、情報をあるべき姿に整理するということ。整える、というのがデザインの本質ですからね。

メルシアーク神楽坂で「人が集まる劇場づくり」勉強会&アイデアソン_c0060143_23550761.jpg

という話などをしつつ。最後は皆さんでアイデアソン。ペルソナとコミュニケーション手段を選び、劇場と「なにか」を組み合わせることで、面白いプロモーション的なアイデアを出してみよう、というもの。
これがね、めちゃめちゃ面白かった。短時間にも関わらず、素敵なアイデアが集まりましたよ。
次のステップとしては、集まったアイデアを形にできたら面白いだろうなー、と。やりますかね!?

という、90分のイベントでした。13日の金曜日に、しかも世の中ざわついているこの時期に、集まっていただいた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございましたー。またやりましょう。


今回の勉強会のスライド資料、こちらです。

noteにも記事を書きました。併せてどうぞ。




by t0maki | 2020-03-18 23:41 | イベント・スポット | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30