【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18193067.jpg

ViewSonic社製の4K UHD 短焦点スマートLEDプロジェクター「X10-4K」をお借りしています。今回は、そのモニターレビュー記事です。

というわけでさっそく。
 
■ViewSonic社って?
【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18195524.jpg

ViewSonicは、アメリカのディスプレイメーカーです。1987年にカリフォルニアで設立され、今年で33年目となる、いわば老舗のメーカー。高品質のディスプレイやプロジェクタを開発しており、米国では認知度も高い、と。
 
日本市場からは一時撤退していましたが、2018年から再参入。販売だけでなく、サポートにも力を入れているそうですよ。
 
そんな流れの中で、今回この製品をお借りして、記事を書かせていただいているというわけ。
 

■「X10-4K」について
というわけで、今回はプロジェクター製品のレビューです。

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18204293.jpg

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18204354.jpg

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18204968.jpg

まず、「4K UHD 短焦点スマートLEDプロジェクター」ということで、順を追って説明していきます。
 
・4K UHD
これは、解像度ですね。「フルHD」というサイズが、1,920×1,080ピクセルのこと。ピクセルは、ひとつひとつが光の点。なので、この縦と横のピクセル数を掛け合わせると、2,073,600となるので、約207万画素、というわけ。
 
この「フルHD」を縦に2倍、横に2倍して、4倍のサイズになったものが、3,840×2,160ピクセルの「4K」というサイズなわけです。ちなみにこれも掛け算をすると、8,294,400ピクセルとなりますから、約829万画素です。
 
UHDは、Ultra-High Definitionの略。フルHDを超える、ウルトラHDってことですね。
 
・短焦点
短焦点とは、その名の通り焦点が短いこと。スクリーンから離れなくても、大きな画面を投影できるのが特長。「X10-4K」の場合は、約1.77mの距離から100インチの画面に当写が可能。
 
50インチの大きさに映す場合は、88㎝の距離から。
150インチの場合は、266cm。
200インチは354cmだそうです。
 
限られたスペースで大きな画面を投影できるのは、単焦点プロジェクターの良い点です。

・LED
光源にはLEDを使用しているので、くっきりはっきり明るく投写が可能。2,400LEDルーメンを実現。さらに、ライトの寿命は最大30,000時間です。
 

■実際に使ってみた
ベッドルームに持ち込んで、HDMLケーブルでパソコンとつないで壁に映してみました。
短焦点なので、壁から近くても大きく映ります。映画を再生してみましたが、画面が大きいので迫力があるのと、音も良いですね。Harman Kardon(ハーマン・カードン)のデュアルスピーカーを搭載しているとのことで、かなり本格的な音が楽しめます。
 
音にもしっかりこだわってるなぁ、と。

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18213000.jpg

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18213163.jpg

今更ですけど、自動フォーカスが便利だなー、と。スイッチを入れて当写すると、プロジェクターの方で勝手にフォーカスや台形補正を良い感じに設定してくれるの、本当に便利。プロジェクターを動かしても、その都度最適な補正をしてくれます。
 

■ベランダ映画祭
たまに、うちのベランダバルコニーで映画を投影して鑑賞することがあるんですけどね。せっかくなので今回もやってみました。わざわざこのために、アウトドアで使える組み立て式のスクリーンも購入して。
 
延長コードで電源を伸ばして、Surface Book 2とケーブルでつなぎます。夜の遅い時間だったので、音声はヘッドセットで。80インチのスクリーンに向けて当写し、映画を堪能しました。電源が確保できれば、キャンプ場などでも投影できそうです。

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18222663.jpg

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18222824.jpg

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18222996.jpg


■全体としての感想
プロジェクターはいろんなメーカーさんがつくってますし、山ほどいろんな機種があります。ビジネスで、「ただ映れば良い」というのであれば、もっと安価なものもあります。ただ、本当に画質や音質にこだわって、デザイン的にも機能的にもきちんと良いものを選ぶのであれば、このプロジェクターはおすすめです。

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18231582.jpg

【PR】ViewSonic社製プロジェクター「X10-4K」にはこだわりがつまってる! 製品レビュー_c0060143_18231754.jpg

どこかの会社に行って、会議室にさりげなくこのプロジェクターが置いてあったとしたら「おー、この会社はきちんと設備にもこだわってるんだなぁ」と思いますね。
 
もちろん、自宅で使うのにも適しています。しっかりこだわりの4K画質と、さらにまたこだわりのHarman Kardonのスピーカー。スペースのいらない単焦点であることも良いですよね。
 

X10-4K 4K UHD 短焦点スマートLEDプロジェクター
https://www.viewsonic.com/jp/products/projectors/X10-4K.php




by t0maki | 2020-02-11 22:12 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。