noteの「ストーリーの学校」

noteの「ストーリーの学校」_c0060143_22554021.jpg

noteを運営するピースオブケイク社でのイベントだったので、noteの方に先に書いたよ。イベント中にアップしておいた。


そして、帰りの電車でこのブログ記事を書く、と。

「ストーリーの学校 vol.1」という勉強会。前回の「シナリオ講座」に続いて、たちばなやすひとさんがメイン講師。で、今回はゲストに編集者の柿内芳文さんをお招きし、「共感・没入・感情移入の正体」について語る、と。

しょっぱなのたちばなさんによる30分のプレゼンがめちゃめちゃ中身が濃くて面白かった。興奮と感動とか、意識と感情とか、かなり良い感じに自分の中で整理することができたと思う。

型を学びつつ、実際にストーリーを作るときはその型をあえて壊したりすることも大事。

AIがつくるストーリーについては、また今後も調べたり考えたりしていこう。

そういえば、Storyって歌を歌ってたの、AIさんだっけ?

ま、いいけど。

by t0maki | 2020-02-06 22:55 | アート>もの書き | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。