休暇明けの1週間はなんかキツいね

休暇明けの1週間はなんかキツいね_c0060143_09362906.jpg

正月明けの会社勤めって、ペースが掴めずなかなか大変だよね。なんか、のんびりした空気が抜けなくて、同じ仕事をするのになんとも時間がかかる。「師走のしわ寄せ」的な仕事が舞い込んできたりしてね。なかなか、計画的に進まない、この時期の業務。

とまぁ、そんなこんなしている間に、今週末は三連休。今日を乗り切ったらまた一息つける。祝日はありがたい。

「日本人は有給を取らない(取れない)」っていう説があるけど、それはそれでホントらしい。フランス人など、ヨーロッパの国民は年間で30日間も休暇を過ごす人がいるよ、って聞くと、羨ましいなと思う。けど、日本は祝日が意外と多いんですよ。

といったあたりを以前調べてみたことがある。

年末にごっそりと休むイメージのアメリカ人ですが、祝日と有給を出した数で比べてみると、日本よりも休んでる日数は少ない。日本人の方が、アメリカ人よりも、平均的な休みの日数は多い、と。

それで言うと、気の毒なのはメキシコ。有給の取得率は高いけどそも取得できる有給の日数が少ないし、祝日も少ない。なので、年間に休める日数は、日本よりもグンと少ない。

そのかわり、メキシコには「シエスタ」っていう習慣があって、昼休みが長い。人によっては、昼寝をしたりも。



ちょっと前に調べて書いた記事だけど。

そういうことを知ると、なんかこう、世の中ってバランスが取れてるんだな、と思います。ものごとの一面だけを切り取って見てみるだけではわからなかったことが、もっと多面的に見ていくと違う結果が見えてきたり。数字って、面白いなと思います。報告書って、時々ウソをつくよね。ま、ウソとは言えないまでも、恣意的に切り取ることはできるし。

正月で、また有給が20日間増えた。合計40日間。昨年使いきれなかった分が消滅したので、今年はきちんと使いきれるように調整しよう。休暇をとって、旅をしようかね。

by t0maki | 2020-01-10 09:34 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。