今年も書きたいものを思い切り書きたい

今年も書きたいものを思い切り書きたい_c0060143_22404092.jpg

毎日習慣化して何かを続けてる人って、すごいなと尊敬する。
ソーシャルプラットフォームのnoteに、連続投稿の日数が表示されるってのがあるんですよ。あれ、僕はムリだなぁと思って。そもそも、note以外のところにいろいろ書きまくってるってのがあるんですけども。noteの連続投稿とか、はなから諦めてる。

書きたいときに書きたいだけ書きたいのですよ。裏返すと、書きたくない時は書かない。だって、趣味だから。書くのは。だから、書きたいときに思いっきり書けるだけ書いて、書かない時は全く書かない。

要は、書きたいときにどれだけ書けるかだと思うのです。「1記事書いたから今日はいいや」とか、もったいない。書く時間があるなら、書く気力があるなら、書きたいことがあるなら、とことん書いてしまいたい。

2019年、このブログに書いた記事数が1,000件を超えました。もちろん、数が全てではない。僕の記事は、だいたい中身がスカスカですから、誰でも書ける。ただし、1日1件にこだわってたら、1年で書ける記事の総数は365本を越えないから、それはもったいないと思うんです。

このブログの他に、アメブロの方にも中銀カプセルタワー関連の記事を書いていて、そちらも250本くらいになりました。あと、noteにももちろん書いてます。そっちは、数えてないけど、たぶん数十本くらいかな。あと、ちょうど11月で終わってしまったけど、毎月5本くらいずつ寄稿記事を書いてた。機械翻訳とか、一行童話とか、ちょっと裏技的なことを駆使しつつ、電子書籍も何冊か出した。

一日一本にこだわらないから、書きたいときに書きたいだけ書いて、そうじゃないときはお休みする。書くこと以外にも、やりたいことはいろいろあるから、ムリはしない。別に、このやり方をお勧めするわけではないけど、一番楽しいやり方ですよ。僕は、書くのが嫌になったことは一度もない。いつも、書きたいことばかり書きたいだけ書いてるから。

というわけで、正月も結構書きました。ようやく、中銀カプセルタワー滞在記を書き上げたので、次は何を書こうかな、と。今年も、いろいろ書きまくろうと思います。ブログに限定せず、「作品」になるようなものを残したいなというのがあって。

気負わず気取らず、2020年も真摯に書いていきますよ。

by t0maki | 2020-01-01 22:54 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー