オルタナティブな未来について考えるリサーチプロジェクトは、次のフェイズへ

c0060143_21034892.jpg
さて、今日は真面目なメディアリサーチの体験というか、分析のお手伝いというか、個人的には金曜の夜にぴったりなイベント。

いつも、このイベントについて説明するのは苦労するのだが、まず港区とオランダ大使館がコラボしたnl/minatoというプロジェクトがあって、その会場でもあるSHIBAURAHOUSEという母体に参画するミラツクという団体がいて、そこのリサーチ&メディアラボっていうグループが、ぼくらのいる場所。あってます?これで。

そこで、「オルタナティブな未来」をテーマに、いろんなキーマンにインタビュー取材をしてきて、それを文字起こしし終わって、でもってこれから分析のフェイズに入る、といったところ。

c0060143_21061587.jpg
この分析には、グラウンデッド・セオリー・アプローチ (Grounded Theory Approach)という手法を使います。略して、GTA。

c0060143_21040323.jpg
どんな手法かというと、インタビューした内容をテキスト化して、それを主要なコンポーネントに分解して、要約したあと、階層化してラベリングしていく感じ。で、今日はその下準備として、テキスト起こしをしたインタビュー全文から、大事なところを抜き出すエクササイズ。

この手法の面白いのは、分析者の主観によりがちな定性データを、ブレイクダウンしてたくさんのパーツに分けることで、ある程度分量のあるデータに分けていくということ。その上で、重複を省いたりしつつ、マッピングしていくらしい。

まだ、そこまでたどり着いてないけどね。

定量調査が、山を縦にぶった切ってその断面を見るというものだとしたら、この定性調査を使ったやり方は、その山を上から覗き込む感じ。これはこれで、とても面白い分析結果がでるそうだ。

で、次回がたぶん、そのGTAの実践。
一応、アウトライン的なところは理解したので、実際にそれをやる現場を見られるのは楽しみすぎる。チームでやるそうですよ。

普通にボランティアとして参加してますが、これはお金を払って学んでもよいレベルの内容。2月頃まで、nl/minatoの活動は続きます。

by t0maki | 2019-10-04 21:02 | イベント・スポット | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31