『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10144977.jpg
六本木の森美術館で開催中の『塩田千春展:魂がふるえる』へ。

SNSなどでたまに見かけて、前から気になってたので、ようやく行けてよかった。

久しぶりに、年パス復活です。

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10145138.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10145235.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10145417.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10145643.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10132400.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10132694.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10132768.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10132826.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10133001.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10135681.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10135854.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10135941.jpg

『塩田千春展:魂がふるえる』を観に行って年パス復活_c0060143_10140291.jpg

赤や黒の色のコントラスト。空間に現れる造形。「舞台映えしそうだなー」と思ったら、しっかり舞台美術もやっていらっしゃるんですね。

空間にデッサンするみたいな作業、楽しそうだな。やってみたい。

潮田さんのサイトに、制作の基盤となるコンセプトが書いてありました。

生と死という人間の根源的な問題に向き合い、「生きることとは何か」、「存在とは何か」を探求しつつ、その場所やものに宿る記憶といった不在の中の存在感を糸で紡ぐ大規模なインスタレーションを中心に、立体、写真、映像など多様な手法を用いた作品を制作。

紡ぐ作品。あるいは作品を紡ぐ。もしくは、作品で紡ぐ、作品が紡ぐ、紡ぐ作品。

視覚的なインパクトもあるし、間近で見ると面白いし、そして、写真に撮っても迫力がある。

じっくり糸を辿りながら展示を見るのがおすすめ。

by t0maki | 2019-09-20 10:12 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30