早すぎたセミ

早すぎたセミ_c0060143_11051376.jpg
マンションの前でセミがひっくり返ってた。

「ねぇ、キミ。そんなとこいると踏み潰されるよ」と僕がいうと、
「なんちゃーないね。好きにしてくれい」と、毒づくセミ。

そう言ってるわりには、僕が足を差し出すとセミは必死になって掴んできた。

歩道の脇にある、ゴミ集積場の小さな囲いにセミをおろした。

「ちょっと早いんじゃ……」と僕が言いかけると、
「分かってるって」とセミが答える。
「まだ夏ってほどでも……」
「だから、分かってるって」
「セミって普通さ……」
「他のセミがまだ出てきてないのは知ってるって。早すぎたんだって。まだセミの声なんて聞こえやしない!」

僕とセミは、そのまましばらく無言のまま、その場にいた。

「んで、どうすんの?これから」と僕が訊くと、
「まぁ、このまま時代が追いつくのを待つさ」と、セミは笑った。

最近の研究では、セミは意外と長生きするらしい。

「じゃ」と言って、僕はセミと別れた。

by t0maki | 2019-07-17 11:05 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31