剥がれた爪と、生と死

剥がれた爪と、生と死_c0060143_02300139.jpg

100kmウォークからちょうど1ヶ月。風呂に浸かりながら「そろそろかなー」と思って、右足人差し指の死んだ爪をペリッと剥がした。さっきまで自分の体の一部だったものが、コロンとそこに転がってるのがなんとも不思議。

剥がれた爪と、生と死_c0060143_02292522.jpg

それはまさに、自分の「死」そのもののような気もして。そして、取れた爪の下にあった柔らかい無防備な皮膚は、まさに「生」そのもので。こうやって人間の体は再生を繰り返しながら、やがてそれが止まった時に終わりを迎える。当たり前のことだけど。 

メメントモリ。

by t0maki | 2019-07-03 02:29 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31