お山開きの日に東京で富士登山

c0060143_10204532.jpg

飲み会でビジネスリュックが当たったり、ブロフェスのプレゼント大会でサーバー1年分が当たったり、サンディエゴのイベント取材に行ったと思ったらセミナーでセキュリティカメラが当たったり。他にも、レビュー用にいろんな製品をいただいたり。ワークショップに協賛いただいたりなど、嬉しいことがたくさん舞い降りてくる。
 
よくわからんが、なぜか最近そういったラッキーなことが立て続けに起こっていて。「なんでかなー」、と思ったら思い当たることがひとつ。
 
江戸七富士だ!(そうなのか?)」
 
ま、この真偽のほどはともかく。ラッキーなのは間違いないわけで。
 
昨年、東京近郊にある有名な「富士塚」を7つ全部登頂したのですね。これらの富士塚は、江戸時代から明治頃にかけて本家の富士山を模してつくったミニチュア富士で、これに登ると富士山に登ったのと同じご利益がある、と。
 
この富士塚、大きくても十数メートルくらいのサイズで、都内近郊に遺跡も含めると50カ所くらいあると言われています。ほとんどが2分もあれば登れるくらいの小さな人口の塚。富士講っていう、富士山を進行する宗教があって、その人たちが富士山から火山岩を運んできたりなどしつつ、みんなでお金を出し合ってつくったものなのです。
 
実はこの江戸七富士を全部登るのは意外と難しくて、というのも場所によっては年に1,2回しか一般開放してないものもあるため。もしかしたら、富士山に登るよりも難易度高いかも!?
 
というわけで、7月1日の山開きの日に、江戸七富士の中でも特に登頂の難易度が高い、3つの山にアタックします。
 
■下谷坂本富士(台東区下谷・小野照崎神社)
→6月30日と7月1日の「お山開き」の期間だけ登頂可能。
 午前10時より開山式、祭礼の後、午後8時まで。
 東京都台東区下谷2丁目13-14
 昨年の様子: https://tomaki.exblog.jp/29632027/
 
■江古田富士(練馬区小竹町・茅原浅間神社)
→登れるチャンスは年3回。
 1月1~3日、7月1日、9月第二土曜・日曜日(午前9時~午後3時)
 東京都練馬区小竹町1丁目59-2
 昨年の様子: https://tomaki.exblog.jp/29632134/
 
■十条富士(北区十条・冨士神社)
→いつでも登れるが、7月1日はお祭りをやってるので見に行きます
 東京都北区中十条2丁目14-18
 昨年の様子: https://tomaki.exblog.jp/29633800/
 
都内で富士登山、ご興味ある方はご一緒しませんか?

都会の街で登らない山登りにチャレンジする、私「アーバンアルピニスト」のTOMAKIが都会の山岳ガイドとしてご案内します。

by t0maki | 2019-06-28 14:41 | ライフスタイル>アーバンアルピニスト | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31