納涼船、シーズン初日に乗船

c0060143_11191302.jpg
納涼船。今年の航行初日に乗船。オープニング特別価格で1,000円でした。飲み放題、プラカップでひたすらビールを飲んでたら、いささか飲みすぎた。

c0060143_11191912.jpg
さるびあ丸。納涼船に乗るのは2回目。

c0060143_11192052.jpg
レインボーブリッジをくぐり、東京港クルーズ。
c0060143_11192143.jpg
出発前に、和太鼓の演奏がありました。桟橋の屋根に反響して、すごい迫力!

c0060143_11192390.jpg
「彩」というグループ。和太鼓、叩きたいな。

c0060143_11200096.jpg
橋の下を通過する瞬間、見上げて写真撮るよね。

c0060143_11200114.jpg
巨大なクレーンがある、積み降ろしのエリア。

c0060143_11200472.jpg
船内、結構混んでます。荷物は、ロッカーに預けた方が良かったかも。カバンを持ったままだと、船内動きづらい。

c0060143_11200529.jpg
デッキは、風が気持ち良いです。船内に入るともちろん屋根があるので、雨の日でも出航しています。

c0060143_11204012.jpg
ここのエリアは照明が青いので、撮る写真がアバターに。

おつまみは別料金。唐揚げ、焼きそば、たこ焼き、枝豆、くし焼肉、ポテトなどいろいろ。食べ物は持ち込みできないので、船内で買います。価格は、祭りの屋台と同じくらいか、二、三割高いかなっていう感じ。

ひたすら飲み放題のビールを飲んでましたが、有料のカクテルとかもありました。

この納涼船として使われているさるびあ丸自体は、大島への定期航路にも使われている旅客船。椅子の席や、横になれる空間もあったりして、そこで宴会をやっているのはなにやら不思議な光景。

そして、相変わらず若者たちが元気に出会いを求めて駆け引きしてるのは、なにやら微笑ましい。ナンパ船と呼ばれてたこともあるようですが、前回は「ナンパ禁止!」みたいな張り紙があったり。ま、そりゃそうだね。

二度目の納涼船体験、楽しかったですよ。結構あっという間。

通常料金は2,600円。浴衣で乗ると、1,000円引きになります(土・休日のぞく)。

今回、オンラインでチケットの予約をして、そのままLAWSONで支払いをして発券をしたので、当日はそのままチケットの引き換え無しで乗ることができました。カンタン。

夏の間、また乗っても良いかな。今度は、浴衣で。

by t0maki | 2019-06-29 11:18 | 地域情報 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31