「つくる」をテーマにしたワークショップの展示

「つくる」をテーマにしたワークショップの展示_c0060143_10332435.jpg
東京大学五月祭を見に行って、ワークショップメンバーの子供達を引率した後、すぐに帰るつもりがいろいろ面白そうなイベントや展示があったので、ついつい長居してしまった。キャンパス広くて、とてもじゃないけど全部は見きれない。たまたま通りがかって興味が湧いたものを見ていった感じ。

で、これも入り口のポスターを見て「あ、面白そう」と思って入りました。

「つくる」ってことをテーマにした参加型のワークショップ展示。

「つくる」をテーマにしたワークショップの展示_c0060143_10332734.jpg
まずは、このマインドマップ的な、バブルを繋げてく感じのプログラムを使って、枝分かれしていく物語をつくるというもの。「むかしむかしあるところに」から始まって、いろいろストーリーが分岐していくの。昔、こんな形式のRPG的な本があったよね。選択肢を選んでいって、自分なりのストーリーを完成させるの。そのシナリオをつくれる、と。

ゲームのシノプシスづくりとかにも良いんじゃないだろうか。物語の分岐がが視覚的に一覧できるのも面白いし。いいですね。

「つくる」をテーマにしたワークショップの展示_c0060143_10333126.jpg
あと、これも僕の好物。「色」について。そこにある色に、名前をつける、と。僕の答えは、一番上のやつ。

「つくる」をテーマにしたワークショップの展示_c0060143_10333439.jpg
こっちは逆に、色名からそれにふさわしい色を100色の折り紙の中から選ぶというもの。

明日はブランクなカンバスだから、「白!」と言おうとしたら、すでに同じ内容の人が何人かいたので、ちょっと変更して、淡いグレーに。

「未知の明日は、霞がかかってる」みたいなイメージで。

今考えたら、「薔薇色の明日!」みたいなのでもよかったかな。ま、とりあえず。

「つくる」をテーマにしたワークショップは、僕も似たような勉強家を毎月開催してるので、とても参考になりました。

こういうのをきっかけに、何かいっしょにできたら良いな、とか思いつつ。

良い展示でしたよ。手作り感のある内装も含めて。きちんと考えてあるな、と。


by t0maki | 2019-05-22 11:55 | Comments(0)