『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18320109.jpg


3331 Arts Chiyodaで開催中の「シド・ミード展」を見てきました。


入場料が2,000円もするし、ゴールデンウィーク期間中ということもあって入場待ちの行列が1階から3階まで延々続いてるけど、その価値あるね!並んでも見る価値がありますよ。



なんかもう、絵がかっこよすぎて、鼻血でそう。こんな絵、描いてみたいよなー。


描画のうまさだけでなく、その背後にある機能性とかコンセプトとか、デザイン性とか、全部合わさってのこの作品。すげーね。



『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18320273.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18320345.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18320370.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18320407.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18324555.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18324678.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18324616.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18324711.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18324813.jpg

『シド・ミード展』の絵がかっこよすぎて鼻血出そう_c0060143_18334216.jpg

いろんな映画のコンセプト画や、カタログや作品集の表紙、日本企業のために描いた作品などがある中、やっぱり僕は映画『ブレードランナー』のコンセプト画は感動しました。この映画が好きすぎて、ロサンゼルスのロケ地になったアパートとか、見に行きましたからね、実際に。

車両だけを描くのではなく、背景も描くってすごいな。こういう場所にあるべき、車両のデザインであるということを伝えるために。

最初は、車両のデザインのためだけに呼ばわれたようですが、その表現力を認められてがっつりコンセプト画を描いて、他の作品にも参加したりして。

とにかく、見た目だけで無く、きちんと構造や機能性まで考えられた、素晴らしい作品の数々。

奇しくも、今年はブレードランナーの舞台設定でもある2019年。レトロフューチャリスティックなデザインは今でも新鮮だし、ようやく時代が追いついたみたいな感じはあるよね。

『シド・ミード展』は、神田末広町にある3331 Arts Chiyodaにて、5月19日(日)まで。

by t0maki | 2019-05-05 18:31 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31