ハンプティ・ダンプティを本気で翻訳してみた

ハンプティ・ダンプティを本気で翻訳してみた_c0060143_15090746.jpg
以前から、童話集「マザーグース」の作品を本気で翻訳したいなぁ、って思ってて。
単語の意味だけを和訳するんじゃなくて、詩の音とかリズムとか、雰囲気を含めて日本語化してみるという実験。
むしろ、単語の意味を崩してしまって、原文を日本語で再構築するような感じ。

今回、いくつかチャレンジしてみました。

まずはこちら。マザーグースに収録されている、『ハンプティ・ダンプティ』です。
英語の原文に続いて、僕が翻訳した日本語です。

* * * 

【原文】
Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king's horses and all the king's men
Couldn't put Humpty together again.

【和訳】
ハンプティ・ダンプティがよじ登る、
ハンプティ・ダンプティはすぐ落ちる。
集まった国中の人たち全員
ハンプティを元には戻せません。

* * *

こんな感じ。意味を正確には訳していません。あくまで、リズムと音を崩さないように日本語にしてみました。

各行の、最後の音を揃えています。
原文の最初の二行は「wall」、「fall」なので、日本語化したときも「る」で統一。
同様に、三行と四行目は、原文同様「ん」で揃えています。

声に出して読んでみると分かるかも。強弱をつけ、リズムをつけながら、音を楽しむように読んでみる。

そもそも日本語って、俳句や川柳、都々逸など、文字数のリズムが基本なんですよね。あ、い、う、え、お。文字ごとに区切られる。

英語の場合は、文字ではなく、音のリズムで詩をつくります。いろんな定型詩の形式があって、そこに当てはめていく感じです。これは、詩だけでなく、洋楽の作詞なども同じ。
歌詞を見てみると、きちんと韻を踏んでいるのが分かりますよね。歌詞を読むだけでも、そこにリズムがあるの、分かると思います。

ラップなども、まさに「音韻」の世界。そこに、心地よいリズムが生まれるわけです。

文字ではなくて、言葉を音とリズムで表現する。
難しいですけど、ハマるとすごく楽しいですよ。

次回は、マザーグースの中から、ぱ行をつかった早口言葉でもある『ピーター・パイパー』の翻訳にチャレンジしてみます。


ちなみに、この企画は僕のメールマガジン「マイクロ小説」との連動企画です。
よろしければ、そちらもご登録ください。


メールマガジン「マイクロ小説」



by t0maki | 2019-01-19 15:16 | アート>もの書き | Comments(0)