理路整然とした記事を書くために30文字程度のタイトルをここに記入する

理路整然とした記事を書くために30文字程度のタイトルをここに記入する_c0060143_13440698.jpg
理路整然とした記事を書こうと思う。理路整然とした記事を書くためには、まずはその導入部分となるイントロダクションの文章を書く必要がある。これがその文章である。文字分量としては、だいたい100文字程度が良い。


分かりやすくインパクトがあって的確に要点が伝わる見出しをここに掲載


見出しも30文字程度が適している。誰にも分かりやすい内容で、かつ注目を集めるようなワードを用い、さらに的確に言いたいことが伝わるものであることが望ましい。

そして、本文を記載する。理路整然としたすっきりとした文章を書くために、最初から文章のアウトラインはしっかりと決めておくことが重要である。

本文は長く書いても良いが、ネット上の文章は改行が多めで全体的に短くまとまっている方が読まれる傾向にある。PVを稼ぐために、文章の途中でページを分けるという手段が使われることがあるが、読みにくくなるのでおよしなさい。


さらに前章の内容を深掘りするような内容のことをここに書いていく


全体の構成を4章構成にするとして、2章目は1章目の内容を上手く深堀りするような内容が好ましい。

すなわち、理路整然とした文章を書くためにきちんと分かりやすいタイトルや見出しをつけ、ひと目でインパクトを与えるように表現する。

時には、炎上もいとわない。メラメラと燃え上がる炎を見に、人が集まってくるから。ネットの世界では、PVこそが正義なのである。と、わざと批判を受けそうなことを書くのがテクニックである。


前章を受けてそれに対するカウンター的な意見をここに書いても良い


理路整然な中にも途中でいささかカオスな反対意見を書いておくのも大事である。

理路整然?そんなもんいらねー。世の中ロックだぜ!いや、パンクだぜ!

外せない鍵は無いと知れ。穴の開かないタイヤは無いと知れ。

人類はこの偉大なる文章にみな一同にひれふすであろう。

がんばれたぶちくん。


そして最後の4章目では上記の内容を総括するようなまとめを書く


というわけで、理路整然とした美しい文章を書くためにどうしたら良いのか。まず、書くテーマを決め、アウトラインをしっかりつくる。タイトルと見出しは簡潔に分かりやすく、かつ人目をひくような工夫をすべきである。

そして、全体の構成としては、テーマの概略を説明した後に深堀りをして、さらに相反する意見も投下しつつ、最後にまとめを書く。

4章の後にまとめを書くという方法もあるけど、今回はここで締める。あなたも、このように文章を書いてみてはいかがでしょうか?という陳腐な終わりで。


by t0maki | 2018-12-14 13:30 | アート>もの書き | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31