「美術館と大学と市民がつくる ソーシャルデザインプロジェクト」出版記念イベントで前のめり。美術館の新しい形が見えてきた

c0060143_21522903.jpg

今日も前のめり最前列で。美術館の新しい形が見えてきて面白かった。美術館とお客さんをつなぐ、「アート・コミュニケーター」という役割。やっぱり、やってみたいなー。

今日は、『「美術館と大学と市民がつくる ソーシャルデザインプロジェクト」出版記念イベント 鼎談 日比野克彦・伊藤達矢・稲庭彩和子が語る新しいアートコミュニティの形』に参加してきました。代官山の蔦屋書店で。

c0060143_21523166.jpg

c0060143_21523363.jpg

c0060143_21523580.jpg

c0060143_21534566.jpg

美術館をプラットフォームにして、そこで人と人とが繋がっていく感じ。みんなで考え、アイデアを出し合い、それを実現していく。その過程がすごく魅力的。

前回の募集で直感的に「これは面白そうだ!」と思って『とびらプロジェクト』に応募したんですけど倍率6倍の壁に阻まれあえなく落選。でもやっぱり、またチャレンジしよう。

『あいうえの』の企画も面白そう。科学博物館が大好きすぎて年パス買ったからね。

僕が美術館や博物館が大好きで、大学で博物館学のクラスを取ったり、今でもいろんなミュージアムに訪れるのが好きなのは、小さい頃に友達と訪れて楽しかった記憶があるからだと思う。その体験を大人になって誰かと共有できるのは、楽しいだろうな、と。

素晴らしい取り組みなので、質疑応答の時間に「他の美術館とも繋がりが広がったりする予定は?」って質問したら、すでにもう動き出してるらしい。北海道、青森、東京、岐阜、と。こうしてどんどん活動が広がってくのは、ワクワクするね。

というわけで、まずはこの本をしっかり読もうと思います。


by t0maki | 2018-11-07 21:52 | アート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。


by 前田とまき(TOMAKI)
カレンダー