チェコ親善アンバサダーがおすすめする、プラハに行ったらコレ!


チェコが好きだ。

チェコが好きすぎて、日本にいる間も「チェコが好きだー!」って言い続けてたら、50人いるチェコ親善アンバサダーの1人に選んでいただいて、なおかつ先月開催されたチェコフェスティバルで登壇もさせていただき、ますますチェコ愛を深めているこの頃。

昨日も、チェコ大使館の映写室で開催されたチェコのSF短編集出版イベントに参加してきて、本をつくった方にサインをいただいてきましたよ。

知り合いから、「今度プラハに行くので、何かおすすめありますか?」って聞かれたので、「うーん、たくさんあるけど何が良いかなー」って、考えてみました。カレル橋やプラハ城はもちろん定番でおすすめだし、ミュシャ(ムハ)の作品をめぐっても良いし、映画『ミッション・インポッシブル』の撮影地をめぐるのも楽しいし、美しい街並みの中に歴史ある建物やモダンなレストランなどいろいろ見どころがたくさんたくさんある中で、2つほどおすすめしました。


■プラハで食べ歩きツアー「Taste of Prague」

プラハ在住の食好きの人たちが始めた、食べ歩きツアー。食べるだけでなく、その食べ物にまつわる文化や歴史、思い出などを語ってくれます。伝統的なチェコ料理から、モダンなガストロノミー料理まで。プラハに行くたびに、このフードツアーに参加しています。
街歩きをしながらプラハの雰囲気を堪能しつつ、舌と頭の両方で味わえるこのツアーはおすすめです。
※ツアーは英語です
c0060143_13273729.jpg
c0060143_13281109.jpg
c0060143_13282973.jpg


■運転手付きの車で自由に観光「Continental Travel」

見知らぬ国での移動は慣れないとなかなか大変。バスの乗り降りの仕方が分からなかったり、電車が時間通りに来るか不安だったり。だったら最初から運転手付きの車を借りちゃえ!ってことで、いわゆる貸し切りの「ハイヤー」ですね。
夜のプラハを移動する際に乗せていただいたのですが、これがめちゃめちゃ快適。その日開催されていた光をテーマにした『シグナルフェスティバル』の会場をめぐりつつ、「プラハ城近くから夜景を見に行こう!」っていうことでみんなでプラハの街を高台から眺めたり。その場ですぐに対応してくれるのが素晴らしい。この時は、プレスツアーのグループで参加したのですが、プライベートでもぜひ利用したいと思いました。
空港からの送迎とプラハ観光がセットになったプランや、プラハから出発して周辺の国まで行ってくれるコース、もちろんチェコの各都市をめぐるツアーなども可能です。

c0060143_12592351.jpg

c0060143_20210814.jpg
写真提供:Continental Travel

c0060143_20231901.jpg
写真提供:Continental Travel


■優秀なコーディネーターさんがいると安心
プラハを訪れる友人におすすめしたのは、上記の食べ歩きツアーと、運転手付き貸し切り自動車の二つです。どちらも、日本語には対応していないので、最低限の英語力は必要になってきます。そんな時に、日本語が喋れる優秀なコーディネーターさんがいるとすごく安心。
例えば、雑誌や本の取材であったり、映画やドラマのロケだったり、企業の現地視察であったりなど、現地のコーディネーターさんは欠かせないですよね。
プレスツアーでチェコを訪れた際、いろいろてきぱきと取り仕切ってくれたヴィートさんには本当にお世話になりました!日本語も上手です。頼りになる、優秀なコーディネーターさんのおかげで、安心して旅ができました。

c0060143_13300811.jpg
c0060143_13301443.jpg


というわけで、プラハを旅する際におすすめのフードツアーとハイヤーの紹介でした。
と、仕事や取材でプラハを訪れる際は、仕事のできるコーディネーターさんと一緒に行動すると、本当に心強いです。

このときは、チェコ政府観光局さんにご招待いただき、プレスツアーに参加してチェコを旅しました。あれからもう一年なんだなぁ、と。
記事を書いていたら、またそろそろチェコに行きたくなってきました。


by t0maki | 2018-10-18 13:31 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。


by 前田とまき(TOMAKI)
カレンダー