なぜ秩父の札所は33ヶ所ではなく34あるのか

c0060143_01060965.jpg
うち、地元が秩父の方なのですよ。正確には、長瀞なんですどね。秩父市ではなく、秩父郡。

で、品川のブックカフェに立ち寄ったときに秩父の札所巡りについて書いてある本があったので、パラパラと読んでみました。

c0060143_01084598.jpg
落ち着ける、良い雰囲気のブックカフェ。品川神社の富士塚に登ったあとに訪れてみました。

以前、この近くで子供達と町歩きのワークショップをやって、そのお手伝いをしたときに、このカフェを知って、いつか来たいなと思ってたので。

で、札所の話。

僕はずっと秩父で育ったので、秩父に札所が三十四あることについてなんの違和感も無かったのですが、他の札所は三十三ヶ所らしいですね。坂東と西国だったかな?そっちが33なのに、なぜ秩父だけが34なのか、ということ。

まぁ、結論から言うと、その昔は秩父も33の札所があった。観音様のお寺ね。でも、いつからか34になったのは、西国と坂東と合わせて合計100ヶ所にしたらキリが良いから。全国100ヶ所の札所巡り、と。

まぁ、そういう、ある意味結構プラクティカルで現実的な理由だったんだな、と。

19歳の時に、34ヶ所中ちょうど半分の17ヶ所に1日でハシゴしたことがあります。普通に自転車で。御朱印をいただかずに、訪れるごとにお寺をササッとハガキサイズの紙にスケッチして。で、そのハガキを自分の家宛に郵送しつつ。そんな、札所巡りハーフの企画。

当時はGPSなんてないから、地図を見ながら頑張ってたどり着きましたよ。なかなか楽しかったけど、さすがに一気に17ヶ所はひたすら疲れた。もう、25年も昔か。

最近は、札所ではないけど都内の富士塚に登ったり。25年経っても、やってることはあんまり変わらんな、と。

ま、それはそれで。

by t0maki | 2018-07-28 05:42 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。


by 前田とまき(TOMAKI)