『秘密』に関する3つの掌編小説

『秘密』に関する3つの掌編小説_c0060143_13030248.jpg

真っ暗な闇の中。その闇を光が照らした瞬間に、闇は闇ではなくなる。同じように、他人には知られてはいけない秘密が明らかになった瞬間に、その秘密は秘密ではなくなるのだ。

秘密、とは?

「二人だけのヒミツだからね」と、彼女は僕の耳元でささやいた。
すっかり氷の溶けたグレフルハイをストローでかき回しつつ、「なんだろね。こんなこと今まで誰にも話したことなかったのに」
そう言って彼女は少し恥ずかしそうに笑った。

秘密の共有。

「あと少し、あと少しだ」
銃弾は幸いなことに肩を掠めただけ。トレンチコートの袖が血で真っ赤に染まっているが、このまま進むしかない。人気のない裏通りをわざとジグザグに歩く。絶対に尾行を巻かなければならない。
この【マクガフィン】に収められた秘密を守り抜かなければ。なんとしても。

秘密を守る。

「ごめんねー、今月またお金が無くなっちゃってさー」
──どうせまたギャンブルだろ。
と、ワタシは思ったが、口には出さなかった。
「で、いくら欲しいの」
「10万。……いや、5万でいい」
こんな男と、なぜ3年も結婚生活を我慢できたのか不思議でならない。そして、元旦那となった今でもなぜこうして会っているのか。
「うちも苦しいの知ってるでしょ。2万なら渡せるけど」
「てめぇ、あの秘密をチラシにしてばら撒くぞ」
こいつが絶対にそんなことしないのは分かってる。金づるが無くなって困るのはこいつの方だから。
ワタシが黙って3万円を差し出すと、それをひったくるように受け取り、男は家を出て行った。

知られたくない秘密。

いろいろな秘密。

あなたの秘密は?


by t0maki | 2018-07-20 12:52 | アート>もの書き | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31