これまでの20年とこれからの20年、その先の20年

c0060143_21480987.jpg
オフィスの時計がぐるりと一回りする頃「さて、そろそろ帰るかな」と。

もうとっくに脳みそは干からびたドライフルーツ状態で、絞ったって一滴の汁も出やしない。

帰りの電車の中で、スマホアプリを立ち上げて、ブログを書き始める。

特に着地点も決めず、とりあえず言葉の海にダイブするような。フリーライティング。

20年だよ。
社会人になってからの年数。

最初は、ロサンゼルスでホームレスになりかけながら、ようやく手にした写真の仕事。宝石デザイン会社のオンライン広告部門で、ひたすらアクセサリーの写真を一日中撮影して、パソコンで編集してた。そっから、帰国してからはインターネットサービスプロバイダーとパソコンスクールの講師を兼任して、ウェブサイトなんかをつくってたら、ウェブ制作が本業に。恵比須に何年か勤めた後、神田でモバイルコンテンツや通信キャリア系とかヘルスケアと医療系とかいろいろなオンラインコンテンツやサイトやアプリをつくりつつ、今は外資系のデジタルマーケティングの代理店の制作の部署のプロジェクトマネージャーというお仕事。の、何でも屋。また、今月から出向。受け入れ先がきちんと受け入れてくれるのか多少の心配はありつつ。引き継ぎも中途半端のまま、まずは走り出してみる、と。いつもの感じ。ゴールは、走ってると見えてくる。遠回り寄り道回り道上等です。とにかく、走り続けること。

20年ですよ。

デジタルとインターネットと広告とかデザインとか。英語を忘れないようにたまに使いつつ。アートに触れるのは週末のプライベートの時間。待ち受けつくったり、サイトを量産したり、ブログを書いたり。

ずっと何かをつくっていたいと思う。身の回りのいろんなものを吸収して、それを作品として吐き出す。たまたま今は、ブログが一番しっくりくる。でも、それに限定はしてなくて、インスタに2万枚の写真をアップしてみたり、超短編小説を書いてみたり、思いつきで電子書籍を販売してみたり、ひたすらいろんなカメラやケータイで写真を撮ってみたり。

やりたいことをやりたいようにやってるだけだから、特にこれを仕事にしようとも考えず、好きだからという理由だけで好きなようにやってる、と。

それがきっかけで、いろんな人と出会って、つながって、きっかけが生まれて。なかなか楽しい。

これまでの20年と同じように、これからの20年も、その先の20年も、ずっとこうして今という時間の連続を精一杯生きられたら幸せだろうね。まだまだ、チャレンジしてみたいことはたくさんある。チャンスを逃さないように、いつでもどこにでも飛び込めるようにしておきたい。

そろそろ、乗り換え駅。

by t0maki | 2018-07-17 21:47 | 乱文・雑文 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー