最近観た映画三本

c0060143_09540307.jpg
最近観た映画の感想を一気に書いていきますよ、と。
1本目は、スティーブン・キング原作&脚本の『CELL』。この場合のセルは、セルラーフォン。つまり、携帯電話ってことですね。邦題をつけるなら『ケータイ』もしくは『スマホ』ですかね。

僕は割と好きな映画でしたけど、映画批評家の酷評っぷりがすごいね。
いやいやいや、スティーブン・キングですよ。だいたい、本で読んでみて面白い作品が、映像化したら世界観台無しってのはよくある話。『スタンドバイミー』とか『ショーシャンク』とか、すげー良い作品がいくつかあって、それ以外は全部駄作。っていう中で、この映画は十分健闘してると思うけどなぁ。

個人的には全然悪くない映画でしたよ。そりゃ、突っ込みどころはいろいろありますけど、ゾンビ映画にそんなの求めてないし。普通に楽しめる映画で、ある意味すごくスティーブン・キング映画って感じ。酷評されてる部分も含めて、ね。

c0060143_09540733.jpg
続いて、『The Guest』って映画。結構新しい映画なのかな。とにかくなんと言っても、この「B級」っぷりがすごい。途中まではなんだかんだですごく面白いなって観てたんですけど、終わりの方のグズグズっぷりが激しくて、それが真面目であればあるほど笑ってしまうっていう。もうちょっと工夫すると、すごく奥が深くてもっとすごい作品になりそうなのに。

終わりの方のシーンなんて、「なにこれ、文化祭かよ」っていうセットで、まぁ実際文化祭のセットなんだけど、そこで繰り広げられるドタバタアクション。「ひゃー、ひでーなー」とか思いながら、それを楽しみながら観るってのがB級映画のよいところですね。一番最後のシーンとか、思わず笑ってしまいましたよ、そこでも。

そういう映画が好きな人にお勧め。

c0060143_09541298.jpg
で、今見ているのがこの「Mr. Nobody」っていう映画。オンラインのストリーミングサービスで見つけるまで、この映画の存在を知らなかった。観てみたら、すげー面白いのな。僕は、こういう雰囲気の映画が大好きです。『ジョン・マルコビッチの穴』とか、『エターナル・サンシャイン』が好きな人にはお勧めの映画。

まだ最後までは観てないんですけどね。118歳の男が過去を振り返るパラレルワールド。

この主人公の俳優さん、「どこかで見たなー」と思ったら、『ファイトクラブ』でボコボコに殴られてた人ね。演じ分けがすごい上手。118歳の演技とか、あれもこの人だよね。すごいね。

最後まで観たら、あらためて感想を書こうかな。エンディングによっては良い映画にもなるし、台無しにもなるし。

というわけで、続きはまた後程。

by t0maki | 2018-07-14 10:16 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。


by 前田とまき(TOMAKI)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30