ブログトップ | ログイン
20年前に撮った写真を「節目写真館」でデジタル化
c0060143_00501826.jpg
アメリカの砂漠の真ん中にある大学で、僕がアートの勉強をしてた頃。

卒業間際に学内のギャラリースペースで個展をやった時、陶芸クラスの後輩が「この作品ちょうだいよ」って言うから「いいよー」って。「その代わり、写真のモデルやって」ってお願いしたら、交渉成立。その時に撮った写真。

c0060143_00501961.jpg

c0060143_00502038.jpg

c0060143_00502135.jpg

c0060143_00502129.jpg
当時、人を撮るのが好きだった。今でも好きだけど。やっぱりフイルムとデジタルとでは、気合の入り方が違う。

骨董品みたいなカメラをよく持ち歩いてた。オートフォーカスなんてもちろんないし、ズームすらもできないカメラ。光量計で明るさを測って、絞りとシャッタースピードを決めて、一枚一枚が真剣勝負だったよね。楽しかったなー。

そういえば、実家のどこかにあの頃使ってた現像機があるはず。まだ使えるかな?


by t0maki | 2018-05-17 01:17 | アート>写真 | Comments(0)

<< 秘密基地が秘密すぎてたどり着け...     サブスクリプション料金ってチリ... >>
Back to Top