ブログトップ | ログイン
【PR】看護師向けメディア「ナースときどき女子」に記事を紹介してもらったので、こちらもブログでご紹介


「ナースときどき女子」というWebメディアのご担当者さんから、Twitter経由で「貴サイトの記事を紹介させていただけないでしょうか?」っていう問い合わせが来たので、「どうぞー」って返事したんですね。

で、その記事が先日公開された、と。

いつもと違う自分に変身☆看護師さんの変身願望を叶えられる記事特集!

日光江戸村で、「新撰組」と「武家娘」に変身した時の記事を紹介してもらいました。

掲載許可の連絡をしてくれるなんていまどき珍しい、ていねいな対応で好感が持てるサイトだなぁと思いました。
というわけで、こちらもお礼として、「ナースときどき女子」がどんなサイトなのかをうちのブログでご紹介。
運営を行っているレバレジーズ社のご担当者さんにTwitterで質問しつつ。

c0060143_15085123.jpg

もともと、この「ナースときどき女子」を運営しているレバレジーズ社は、看護師さんに特化した転職サービスを展開していたとのこと。その事業を運営していく中で、看護師さん特有の悩みやニーズに応えていくために、さまざまな記事を発信するWebメディアを立ち上げたそうです。看護師に特化しているメディアでありながら、記事自体は転職斡旋に限定せずに、広く看護師さんが興味を持ちそうな内容の記事を積極的に発信しています。看護師さんのニーズに応えられるメディアを作ることで、結果として自社サービスの認知が広まれば、という考え方だそうですよ。なるほど。

現在、月間約40-50万PVくらいのアクセス数があり、多いときは100万PV近くまでいったことも。この数字はすごいなぁ、と思いました。「看護師」に特化しつつも、一般の人も楽しめるような記事になってます。

サイトを見てくれている読者さんからも、「いつも見ています!」「あのインタビュー連載が面白かったです!」という言葉をもらうこともあるそうですよ。

看護師さんって、人の命や生活を預かる大切な仕事ですからね。勤務時間が不規則だったり、仕事もキツイし、理不尽な患者さんにあたっちゃったりしたらものすごいストレスですもんね。こういうWebメディアの存在は、役に立つんじゃないでしょうか、と。

僕も、子どもの頃に肺に穴が開いた際に入院したり、大人になってから靭帯の手術をしたりしたときなど、とてもお世話になってますよ。入院して気分が滅入ってるときに、看護師さんの笑顔を見るとずいぶん助けられますよね。15年くらい前に、度重なるスポーツの怪我で靭帯を修復する手術をすることになりました。ちょうどその頃、日韓合同でワールドカップサッカーの試合をやってて、僕はベッド脇に設置されたテレビでその試合を見てました。「この先、またスポーツができるようになるのかなぁ」などと不安な気持ちもありつつ。

そしたら看護師さんが「どう?日本勝ってる?」って元気よく笑顔で声をかけてくれて、なんかとても気持ちが明るくなったっていう思い出。まぁ単に、その看護師さんが日本戦の試合が気になってただけかもしれませんけど。

「ナースときどき女子」は、看護師さん向けのサイトですが、普通に一般の人が読んでも面白い記事がたくさんあります。こういう形でコンテンツマーケティングを行っている会社さんはたくさんあると思いますが、記事を掲載するにあたってしっかりとコミュニケーションを大切にして、ていねいに記事をつくるってのは良いな、と。

そんなわけで、うちのブログからも記事掲載のお礼として、サイトを紹介させていただきます。ありがとうございました。


ナースときどき女子



by t0maki | 2018-04-12 20:59 | Comments(0)

<< 泣く演技、転ぶ演技。演技の作用...     中井精也さんの写真ギャラリーが... >>
Back to Top