ハガタカシ写真展『Layer』でコスプレイヤーさんってすごいなと改めて思う

ハガタカシ写真展『Layer』でコスプレイヤーさんってすごいなと改めて思う_c0060143_20101607.jpg
六本木にある富士フイルムの写真ギャラリー「フジフイルム スクエア(FUJIFILM SQUARE)」で、ハガタカシさんの写真展『Layer』を観てきました。アニメや映画のキャラクターになりきる、コスプレイヤーさんの写真を、普段の姿との対比という形で写真に収めた作品展。

コスプレイヤーさん、通称レイヤーさんと呼ばれるひとたち。日本のオタクカルチャーの象徴のようなとらえかたをされることが多いけど、実は現代ならではのクリエイティビティあふれる人たちで、その情熱とか、スキルとか、すげーなーって尊敬しています。ホントの意味でのクリエイターだと思うんですよ。金や名声を求めてビジネスでつくっているのではなく、心の中から湧き上がる感情や情熱を、そのまま形にする、と。コスプレの衣装のクオリティ、それをつくる創意工夫とか、ナレッジの共有とか、どれをとってもすげーな、と思うのです。写真のクオリティも、妥協の無い撮影の工夫とか、機材を使いこなす技術とかも含めて、半端じゃない。

僕も、それほどレイヤーさんに詳しいわけではなく、そういう文化があるんだなぁ、って遠巻きに見てる感じですが、先日レイヤーさんを囲んだ撮影会に混じってぼくも写真を撮らせてもらったりして、やっぱすごいなーと思うわけです。

写真展の会場にいたハガさんとお話させていただく機会があったので、そこらへんのことをいろいろお話しました。
日本古来から伝わる神事とか、能とか、そういった「扮装」とコスプレが通じるものがあるっていうのは、「あ、そういえば」って感じで目からうろこでした。普段は、千葉を中心に撮影しているとのこと。人を撮るのが上手だなぁ、と。素顔を上手に切り取る。良い写真でした。

僕が撮ったレイヤーさんの写真は、こちらの記事に。

コスプレイヤーさんを撮らせてもらったのが楽しかったので

やっぱり、どうやって衣装をつくってるのかとか、素顔の部分とか、つくる情熱とか、いろいろ知りたい、聞きたい、興味あることがいろいろあります。僕がコスプレを始めてみれば良いのかもしれないけどね。つくってみるか??



ハガタカシ写真展「Layer」
開催期間: 2018年3月16日(金)~2018年3月22日(木)
開館時間: 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
場所: 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1
入場料: 無料






by t0maki | 2018-03-31 14:11 | アート>写真 | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31