毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10575603.jpg
毎年恒例となりつつある「お花見クルージング」へ。今回も、キャプテンからお声がけいただいて。
ヤマハSea-Syleの会員になると、全国100箇所以上のマリーナを利用してボートを借りることができる、と。今年も、毎回お世話になっている勝どきマリーナから出港。

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10575900.jpg
大潮の引き潮なので、出発時はかなり水位が低かった。Navi見たら、水路の中央を走ってるのに船底までの水位が4メートル切ってたり。おー。この後、潮が満ちてくるので、運河も流れが穏やかになり、天気も良くて最高のクルージング日和に。

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10580032.jpg
隅田川沿いを航行しながら、川沿いの桜を眺めます。

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10580133.jpg
漫画家の松本零士さんがデザインした、「ホタルナ」とすれ違いました。2012年に就航開始した旅客船。隅田川や東京港を航行しています。このあと、姉妹船の「ヒミコ」ともすれ違いました。そちらは、確か2006年頃につくられた船。どちらも、近未来的な、まるでマンガから出てきた宇宙船のような、かっこいいデザインの船です。

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10580233.jpg
いつもお世話になっているキャプテン。僕と同じくらいの頃に操船免許を取ったのに、どんどん乗って、どんどん操船が上手くなってる!僕も、もっと乗らないとな。今回も東京港と運河あたりを操船させてもらいました。

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10594446.jpg
お花見にぴったり!桜餅。浜離宮で桜を見ながら、のんびりお花見。

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10594568.jpg
ちょっと足を伸ばして、羽田空港まで。着陸の目印となる、誘導灯の橋。風向きによっては、ここをめざしてどんどん飛行機が着陸して、その迫力のある光景を間近で見上げることができます。今回は、離陸機を何機かみかけました。スターウォーズのラッピング機が離陸していって、ちょっと興奮。R2-D2のやつ。飛行機の機体のデザインが見えるくらいの距離で見学できるので、飛行機好きにはたまらないスポット。

達人は、無線を持ち込んで管制塔との通信を聞きながら見学するらしい。なんとなんと。

毎年恒例になりつつあるお花見クルージング #ヤマハマリン_c0060143_10594624.jpg
お台場のレインボーブリッジをくぐります。ボートの良いところは、航行可能なエリアであれば自由にいろんな場所へいけるところ。子供の頃、デパートの屋上遊園地などでゴーカートに乗って「わー、楽しい!」っていう気分を、大人になった今でも味わってます。

クルージングなんて、自分とは関係ない世界の遊びだと思ってましたけど、こうやってレンタルボートであれば比較的簡単に誰でも操船を楽しむことができるんですよね。
ホント、船舶免許は取ってよかったな、と思います。

きっかけは、ヤマハ発動機さんのイベントに参加したこと。そこで体験したマリンアクティビティがとても楽しかったので、そこで背中を押してもらった感じで、二級船舶操縦士の免許を取得しました。ボートをレンタルするためには、Sea-Styleという会員になる必要があります。

そこらへんのところは、次のブログで書きますかね。




by t0maki | 2018-03-31 12:47 | ライフスタイル>ボート | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。