ブログトップ | ログイン
『ジェシーを狙うのは誰だ』を観てきた金曜の夜
c0060143_00222954.jpg
いやー、なんとも不思議な映画だったなー。ジャンル的には、SFになるのかな。科学の力で、夢の世界が現実に飛び出てくる、みたいな。B級はB級だと思う。B級ならではのストーリーのハチャメチャさとか、特撮のチープさとか、美術の甘いとことかも含めて、これは面白い映画だった。もう、エンディングとか「えぇーーー、そうなっちゃうの?」みたいな唐突さで、そういえば、あのキャラどこいった?とか。
c0060143_00283277.jpg

チェコ大使館で、60年代のチェコ映画を見てきました。「チェコ・コミックの100年~歴史の中のコミック・コミックの中の歴史」展の企画として、『ジェシーを狙うのは誰だ』の上映会。作家のジャン・ガスパール・パーレニーチェク氏による作品の時代背景の解説も。 

c0060143_00293501.jpg

c0060143_00293630.jpg
コミックの世界が実写と混じり合った不思議な世界観。アメコミヒーロー風なのに、善悪が混沌としてるのも面白い。

この時代、共産圏だったチェコではアメリカ映画は見られなかったはずとのこと。けれど、アメコミの世界観を映画で再現していて、それはちょっとパロディっぽい描き方でもあるんだけど、政治や社会の体制を超えた文化の交差みたいな感じで、興味深い。

この女優さんのその後も面白そうなので、後で調べてみる。

映画の後、コミック展にも再訪。

c0060143_00563511.jpg

c0060143_00563754.jpg

c0060143_00563806.jpg

c0060143_00564096.jpg

そんな、金曜の夜。


by t0maki | 2018-02-17 00:21 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

<< 浜松フェアで、茶歌舞伎体験。家...     バレンタインデーが結婚記念日 >>
Back to Top