調身・調息・調心の手法で、歩きながらのマインドフルネスを実践@高応寺

c0060143_22455970.jpg
幼稚園がお寺だったので、本堂でのお泊り会とかあったりして、小さい頃はお寺が身近な存在だった。でもいつからか、だんだんお寺から離れていってしまい、観光などで外から眺めるだけになってしまってた。

お寺というと、お葬式とか、お墓のイメージ。つまり、「死」に近い場所だと思っていたけど、実はそれだけではなく、地域のコミュニティの中心にあるべきものなのだな、と。いろいろなことを学ぶための場所。

今回、TABICAの撮影で、エキストラのような形で高応寺を訪れて、ご住職の酒井菜法さんからいろいろお話を伺いました。マルシェやヨガなど、さまざまな活動をされていて、お寺のイメージが一気に吹き飛びました。外国人も学びに来るそうです。

ゆっくりと歩きながら、マインドフルネスの実践をしました。座禅の考え方でもある、調身・調息・調心の手法を取り入れつつ、ありのままの自分を見つめる時間。無駄なものをそぎ落としつつ、集中していく。

短い間でしたけど、とても豊かな時間を過ごすことができました。
またぜひ、お伺いしたいと思います。


by t0maki | 2018-02-13 23:22 | イベント・スポット | Comments(0)

書くこと、つくることが好き。旅をしながら写真を撮ったり、製品レビューをしたり、思いつきでいろんなところに飛び込んでみたりします。英語と走ることが得意。


by 前田とまき(TOMAKI)
カレンダー